「Web おもちゃ クリニック」
・「電子メール」と「宅配便」を利用した「おもちゃの病院」です

・輸送期間をふくめて、1週間以内に、退院できます

・ボランティアで、治療は無料です

 院長の名前=長(チョウ) 凡(ヒロシ)         Eメール= choobonn@poplar.ocn.ne.jp

・開院のあいさつ

・わたしのプロフィル

・おもちゃ修理の仕組み

1. 「電池で動くおもちゃ」の場合は、新しい電池と交換してみてください、それでOKになる場合が 結構多いです。
2. まず、こわれたおもちゃの「種類」と「症状」などを、くわしく、Eメールでお知らせ下さい。
3. つぎに、発送先をEメールでお知らせしますので、おもちゃを宅配便で送ってください。
(「電池で動くおもちゃ」の場合は、 使用中の電池も一緒に送ってください。「テレビゲーム」の場合は、ソフトも付けて。)
4. 修理が完了したら、修理結果のカルテを添えて、料金受取人払宅配便で、お返しします。
5. 修理代は、無料ですが、部品代が必要な時は、 実費を請求します。(大抵は、部品代はかかりません)
6. 部品の入手困難などで、修理が出来ない場合があることを、ご承知おきください。 (そのおもちゃ専用の集積回路など)
7. おもちゃでないもの(家庭電化用品など)や、おもちゃでも危険なもの(銃 やピストルなど)は、おことわりします。

・当クリニックの診療日誌

・おもちゃの出張診療風景

来院数= 人(2000年6月3日開院)