当クリニックの診療日誌(番号2401〜2500)

これは、開業医としての当「Webおもちゃクリニック」の診療日誌です



おもちゃ

出身地
入院日
退院日
おもちゃの
名前
写真
 ル テ の 抜 粋
治  療  の  結 果
保 護 者 の 声
2500 兵庫

入院:
10.01.31
退院:
10.01.31
ぽぽちゃん

症状:左目を固定している突起物が破損してしまい、目が落ちくぼんで目・まぶたが正常に動かない。
治療:
 
目玉を顔の表から絞り出して、目玉ユニットを分解して、折れたプラスチックの回転軸を、直径1.5mmの針金に交換しました。
 再度、ケースに収容して完成しました。
 こんばんは
 遅い時間にすいません。
 本日、人形が無事帰宅を致しました。
 娘も非常に喜んで終日ご機嫌だったそうです。
 今は娘と一緒に寝ております。

 本当に有り難うございました。
 今後とも何卒宜しくお願いを申し上げます。
2499 群馬

入院:
10.01.30
退院:
10.01.31
リカちゃん人形

症状:首がもげ、無理矢理引っ張ってねじ切ってしまったように見え、頭の中に残存物が見えます。
治療:
 
頭の中の残存物を取り出しました。
 直径10mmのストッパーが折れていました。
 ⇒6mmビスの頭をストッパーに変えて瞬間接着で取付ました。
 固定されたストッパーに、頭を圧入しました。
 リカちゃん人形を治していただき、本当に、本当にありがとうございました!
 昨日届き、開封した時の娘の笑顔、親の方が嬉しくなるようでした。
 このとき、新しく買い与えることなく、先生に治していただいて本当によかったと思いました。
 昨日からの雪で、東京もいろいろ大変でしょうか?
 どうぞお体をご自愛下さい。
 本当に、ありがとうございました。
2498 滋賀

入院:
10.01.30
退院:
10.01.31
人形

症状:身体中シミだらけ・足の部分がちぎれてしまう・首と胴体のつなぎめのぐらつきがある。顔と両手の汚れ。
治療:
 胴体の生地を交換しました。
1.中綿を抜いて洗濯
 頭と両手を外して、洗濯しました。
 髪にはブラシを入れました。
2.胴体を解いて、アイロン
 肩の内側の縫い目から、和紙のタグが出てきました。「氏名:小島」と読めます。縫製された職人の品質保証のあかしでしょうか??
3.新しい生地に裁断
4.ミシンで縫製
5.中綿
 新しい手芸綿に交換しました。(約130g)
6.結束バンド
 首の固定は、針金から、結束バンドに交換しました。
 こんばんは!!
 お人形(私はみっきちゃんと呼んでいます)帰宅しました(*^^*)
 とても綺麗な身体になり、本当に嬉しいです。
 分かりやすく記録されたカルテも大切に保管します!
 きれいになった、みっきちゃんの姿に一番驚いたのは、足をちぎってしまったうちの娘でした。(゜o゜)こんな顔して見つめていました。
 お兄ちゃんも家族皆も喜んでいます♪
 私も、傷ついたみっきちゃんを見てるのが辛かったので、今回 長先生に治療してもらえて本当に感謝感激です!
 ありがとうございましたm(__)m

 滋賀の方は、本日雪が降っています。
 寒さもこれから厳しくなりますが、健康に気をつけて、これからも治療をお願いしますm(__)m!
 追伸…みっきちゃんのおしりの形がとても気に入ってます(*^^*)
2497 千葉

入院:
10.01.30
退院:
10.01.30
リカちゃん人形

症状:右腕がとれました。腕はあります。腕から出ていた肌色の針金は紛失してしまいました。一度、瞬間接着剤で留めましたが、案の定外れてしまい ました。
治療:
 
体内に入って、ストッパーの役目をするフランジが無くなっています。
 ⇒腕の先端にホットボンドを盛り上げて、体内に圧入しました。
 回転は出来ますが、ゆっくり、やさしく扱ってください。
(同 下)
2496 千葉

入院:
10.01.30
退院:
10.01.30
バービー人形

症状:頭が外れて、頭の中に部品が入ったままです。首の口部分に欠けがあります。
治療:
 
頭と胴体を繋ぐ金具が取れていました。
 金具を胴体上部に固定していたプラスチックの棒が折れて無くなっていました。
 ⇒無くなった棒の跡に、直径2mmの穴を開けて、直径2mmの針金を通し、直径4mmのパイプを被せて代用としました。
 イカリ状の金具に頭を圧入しました。
 プラスチックには「ひび」がはいっていますので、やさしく扱ってください。
 先程、バービーとリカちゃんが揃って元気に帰宅しました。
 元気。。。といっても、大手術の後の病み上がりなので、今は布団に寝かされています(笑)
 かなり前に壊れた為、部品も紛失し、正直治るとは思ってもみませんでした。
 「捨てられない」という気持ちだけで保管していましたが、本当に処分しなくて良かったです。
 治療前、治療中の写真も添付して頂き、先生のアイディアと技術に「なるほど。。。」と感心したり驚いたりしました。
 特にバービーの治療中の写真には感激致しました。
 寒い日が続いていますが、どうぞご自愛下さい。
 本当にありがとうございました。
2495 福岡

入院:
10.01.27
退院:
10.01.29
うさぎ

症状:何度も直して、生地が弱くなって10ヵ所ぐらい中身が見えてしまって痛々しいく、なんとか直してあげたいです。昔中身を出して洗った時にスポンジ?を上手く入れられなくて腕が細くなってしまい程よく太くしてあげたいです。
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
2.生地の「裂け」の補修
 今までの補修跡を解いて、新たに裂け口を縫い縮めて、ガーゼ地を補修クロスで接着しました。(約20個所)
3.縫い目の「解れ(ほつれ)」
 縫い目の上から、少し内側をミシンで再度縫いました。
4.腕の「付け方」変更
 元々は腕に綿を入れて、ミシンで縫いつけてありましたが、付け根が細くなるので、洋服の袖付けの要領で、胴体と腕が貫通するようにしました。
5.中綿
 元々は、茶色に変色したウレタンフォームでしたが、劣化が激しいので、新品の手芸綿に変更しました。(約100g)
 
2494 東京

入院:
10.01.27
退院:
10.01.28


症状:電池を交換しても「ジー」と何かが引っかかっているような音がし、鳴かなくなってしまいました。
治療:
1.歯車
 モーター軸のピニオンギヤー(歯数=8、フランジ付き)が割れて、空回りしていました。
 ⇒手持ちの歯車と交換しました。
2.お尻のカバーの割れ
 左後のプラスチックのカバーが割れていました。
 ⇒針金で縫いました。
 先ほど届きましたが、こんなに早く退院できるとは思っていませんでした!
 お尻も割れていたんですね。それは気付きませんでした…。
 「ワンワン!」と元気に鳴いて、息子が喜んで遊んでおります。

 お忙しい中、治療有り難うございました。
2493 千葉

入院:
10.01.27
退院:
10.01.29
アラーム時計

症状:アラーム時計は、輸入品をいただいたのですが、バッテリーの配線が切れているのか、電源が入りません。また、コンセントにつなぐと、電源は入るのですが時間がどんどんずれてしまいます。
治療:
1.バッテリーの役目
 時計はコンセントからのACアダプターで動きますが、短い停電の場合に時刻を再設定しないでいいように入っています。(動作確認済み)
2.時計
 最近の時計は、水晶発振回路で時刻を計算していますが、この時計は、AC100Vの電源周波数をカウントして時刻を決めています。
 時計のラベルに「AC120V 60Hz 5WATTS」と書いてあります。
 60Hz地区ならOKなのですが、関東は50Hz地区なので、6時間で1時間遅れます。(確認済み)
 中部以西で使用されれば、OKなのですが、残念ながら、千葉県では使用できません。
 今回の発見は、関東圏から出たことのない私にとってオドロキ!!のHzの話でした。
 関東と関西で使えない電化製品があるんですね!今まで家電の裏表記など見たこともなかったので、びっくりです。せめて共用なら良かったのですが〜。
 時計が壊れていた訳ではなかったのですね。勉強になりました。
2492 千葉

入院:
10.01.27
退院:
10.01.29
オルゴール

症状:ねじが巻けません(巻いたまま戻らない感じ)引き出しを開けると音が 鳴るしくみです。引き出しの取っ手も取れてしまいました。音が鳴ると付属のバレリーナ が回ります。
治療:
1.バレリーナを動かすマグネット
 マグネットの位置が狂っていたので、修正しました。
2.注油
3.引き出しのハンドル
 瞬間接着で固定しました。
4.バレリーナの足
 骨折していたので、直径1mmの穴を貫通させて、針金を芯にして接着しました。
 そして40年物のおもちゃたち、2点ともあちこち綺麗になっていて、
とても感動しました。
 どちらも、私が子供の頃両親にもらった大切なプレゼントなので
また末永く可愛がることができます。
2491 千葉

入院:
10.01.27
退院:
10.01.29
コアラ

症状:オルゴールが内蔵されていますが、首がちぎれてしまいました。
治療:
 
NO.855のコアラと同じ材料(カンガルーの毛皮?)で、パリパリで硬く、脆く、苦労しました。
 割れ目から遠いところを、釣り糸(直径0.37mm、5号)で荒く縫いました。
 今後も取扱注意です。
 今はおもちゃも安くてかわいい物がたくさん売っているので、ついつい沢山買ってしまいそうになりますが、30年40年と大切にしてもらうためには、子供にあまり物を与えてはだめですね。
 親も反省しつつ、愛着のわく良い物を選んでいこうと思います。
2490 大阪

入院:
10.01.27
退院:
10.01.29
ビスクドール

症状:約100年以上も前のお人形で所謂アンティークドールです。我が家にお迎えした時から、汚れや傷みが激しく、ジャンク品として売られていた子でした。ボディの劣化、損傷が激しく、皮の中におがくずをつめたキッドボディなのですが、おがくずがポロポロとこぼれてきてしまっています。
治療:
 
今まで、見たこともないアンティーク物で、ボディが革で、どうにも私の腕を大幅に超えていたので、治療をあきらめました。
 今日無事に人形を受け取りました。
 どうもありがとうございます。

 アンティークのほうは残念でしたが、長先生でも直せないものがあるのだなぁと驚きましたし勉強にもなりました。
 この子はたぶんもうこれが限界なんだと思います。(大昔の人形ですしね)
 とりあえず再び、戸棚の中にそっとしまっておくことにしました。
2489 大阪

入院:
10.01.27
退院:
10.01.29
ビスクドール

症状:かなり内部のゴムがかなりのびて、ボディがへにょへにょになってしまった。
治療:
 
直径5mmの丸ゴムを使用しました。
 両手間=ゴムを輪にして、首の下で結びました。
 各足と首間=それぞれ、ゴムを輪にして結びました。
 下着のゴムを交換しました。
 二体目のほうは、とてもきれいにして下さって、本当に感激です。きちんとおすわりしてくれるので助かります。
 下着のゴムまでかえて下さって、本当にありがとうございました^^

 またお願いすることがあるかもしれませんが、その時もどうぞよろしくお願いいたします。
2488 愛知

入院:
10.01.27
退院:
10.01.29
ぽぽちゃん

症状:
・お座りが出来ません。触った感じでは、骨折していると思います。多分、腕も骨折している様な感じです。
・背中の縫い目がほつれています。

治療:
1.骨折
 両手、両足の4個所が骨折していました。
 ⇒デザインカラーワイヤー「自遊自在(直径6mm)」と交換しました。
2.背中の縫い目
 中綿を抜いて作業しましたので、必然的に、やり直しました。
 先日、娘のぽぽちゃんを治していただきました。
 ぽぽちゃんが無事に帰ってきて、とても喜んでいました。
 「今度から、そーっとやるね」と娘がぽぽちゃんに言っているのを聞いて、親として嬉しかったです。
 本当にありがとうございました。
2487 栃木

入院:
10.01.27
退院:
10.01.28
ベビープー

症状:肩から出ている棒と手のパーツの接続部分(リング状の形のようです)がすぐ外れてしまう。固定させることはできないでしょうか?
治療:
1.ケーブルの断線
 ランプ用のケーブルがお腹の中で断線していました。
 ⇒新しいケーブルと交換しました。
2.腕の固定
 針金の先端がソケットから抜けていましたので、タッピンを立てて固定しました。
 おもちゃの修理の件で大変お世話になりました。
 今日の午後に長旅の疲れも見せず自宅に帰って来ました。

 ベビープーは中綿のバランスが?となっており、また裏地の一部が頭部パーツに引っ張られ、幾分頭が上方に引っ張られる形になっていたので、それらの調整をしたところ、懐かしい元気な頃のベビープーに戻りました。
2486 栃木

入院:
10.01.27
退院:
10.01.28
ぽぽちゃん

症状:
1.ぽぽちゃんの右目がほとんど動かない。
2.手足が曲がったままにならない?座れない。

治療:
1.中綿を抜いて洗濯
 髪はブラシを入れました。
2.脇の下の裂傷
 透明なナイロン糸で補修しました。
3.右目
 目玉ユニットを分解して、折れたプラスチックの回転軸を、直径1.5mmの針金に交換しました。
4.骨折
 両手、両足が骨折していました。
 ⇒デザインカラーワイヤー「自遊自在(直径6mm)」と交換しました。

 ぽぽちゃんは中綿がふっくらしたのと骨格がしっかりしたために、ずいぶんとしっかりした体つきになりびっくりしました。
 幼稚園から帰ってくるなり、すぐにぽぽちゃんを座らせて「ぽぽちゃん座れるようになったね〜」とニコニコ顔でした。
 取り扱いについて十分説明したので、これからは今まで以上に大事にとりあつかってくれるかと思います。

 本当にお世話になりました。
 まだまだ寒い日が続きますので、ご自愛くださいますようお願い申し上げます。
2485 千葉

入院:
10.01.26
退院:
10.01.27
プリモプエル

症状:
・しばらく使っていませんでしたので 電池ボックスを開けようと思いましたら、ネジが削れて(ネジアナが丸く) はずれなくなってしまいました。
・体内の電気コードが何本か切れています。(オレンジ色 黄色)

治療:
1.電池ボックスのネジ
 ドリルでネジの頭を削って外し、手持ちの2.6mmネジを補充しました。
2.電池の液漏れ
 端子がサビていました。
 ⇒研磨しまた。
3.電源のON/OFFスイッチ
 電池の液漏れがスイッチに伝わって接点がサビて接触不良でした。
 ⇒分解して研磨し、ケーブルも交換しました。
4.尻尾と左手のケーブル
 それぞれ、途中で断線していました。
 ⇒新しいケーブルと交換して接続しました。
 たった今 プリモプエルが届きました。
 早速 スイッチを入れてみましたら、とても感度が良く 反応も早くて感激です!!
 ちょうど 娘の誕生日なのでセットしてみたら、ハッピーバースディの歌を元気に歌ってくれました♪
 とっても喜ぶと思います。
 素敵な誕生日のプレゼントになりました。
 どうもありがとうございました。
2484 東京

入院:
10.01.24
退院:
10.01.25
花咲けミー!

症状:顔の部分の布が薄くなってしまいました。かなり生地自体が伸びてしまい顔全体がたるんでしまうようになっております。
治療:
1.マイクロビーズを抜く
2.裏返して洗濯
3.顔の部分のミシンを解く
4.生地を購入する
 新宿のオカダヤで、比較的似た生地を購入しました。
5.裁断
 元々の顔の生地を、紙の上に展伸して、目と口の位置を決めて、型紙を起こしました。
6.目と口を描く
 水性ペイントの原液で、細い筆を使って描きました。
7.縫製
 伸縮性の強い生地なので、しつけ糸で下縫いをして、補強テープを添わせてミシンで縫いました。
8.マイクロビーズを戻す
 圧入されていたビーズは手では元に戻せず、大分余りました。(余りは、同梱します)
(退院予告メールに対して)
 ご丁寧な御連絡ありがとうございます。
 こんなにすぐに退院できると思っていなかったので本当にうれしいです。
 家族ともども、退院祝いの準備をして待っていようと思います。
 本当にありがとうございます。 
2483 東京

入院:
10.01.22
退院:
10.01.22
ぽぽちゃん

症状:左足が足の付け根から曲がらなくなって、座らせることができなくなってしまいました。また、右頬の紅がとれ、全体的に汚れた感じですが・・・
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
 頭と胴体は、固形石鹸で洗いました。頭はブラシを入れました。
2.骨折
 左足は大腿部で骨折していました。
 ⇒手持ちのデザインカラーワイヤー「自遊自在(直径6mm)」と交換しました。
3.頬の紅
 確かに右頬の紅は落ちていますが、「色移り」しやすい素材ですから、化粧品などで、補彩するのは注意と慎重さが必要です。
4.右目の傾き
 修正しました。
 
2482 東京

入院:
10.01.21
退院:
10.01.22

 

 

再入院:
10.01.26
再退院:
10.01.26

あいうえお教室

症状:シートを入れ替えた時に認識させるボタンが調子が悪いようで、本体に張り付いている部分のあいうえおの基本シートの認識ができないのです。
治療:
1.タチパネルシート
 横22本、縦14本のタッチパネルとプリント基板の圧接部分で接触不良でした。
 ⇒接触部分をピコの接点磨きで清掃して、加圧部のゴムに人工ゴムの板(厚さ0.3mm)を1枚追加しました。
2.額縁枠のストッパー
 全面2個所のストッパーの内、1個は折れて無くなり、残りの1個も折れてストッパーの役目を失っていました。
 ⇒リン青銅(厚さ0.3mm)を帯状にして、裏から当てがって、タッピンで固定しました。
3.リセトボタンの活用
 何度か試験している間に、結構フリーズ現象が多く、リセットボタンを多用しました。


 フレームを閉じたまま固定するストッパーが2個所とも折れている状況で、「2.額縁枠のストッパー」の項で一部は直したつもりでしたが、不完全でした。
 フレームの開閉情報を出している、フレーム下中央のスライドスイッチの摩耗を補うため、スイッチの位置を変えて、余裕を持たせましたが、プラスチックの老朽劣化もありますので、額縁(フレーム)の下の中央部に軽く手を乗せる気遣いをお願い出来ないでしょうか??

 こんにちは! 早速対応してくださりありがとうございました。
 先ほど無事に届きました。
 ところが、開けて電源を入れると「フレームを閉めてね」と言ったきり先に進めないのです。
 フレームを閉めて四隅をしっかり手で押さえるなどしても、認識してくれないようです。
 フレームを閉めている状態にするにはどうしたらよいでしょうか。
 何度も申し訳ありません。

 

 この度は何度もお手数をおかけしました。
 おかげさまで無事に使用できるようになりました。
 子供たちは大変喜んでまた楽しく遊んでおります。
 フレームは浮いてきてしまうので、布団用の洗濯バサミで押さえて使用するといい具合のようです。
 上の娘は1年生なのでもう使っていなかったのですが、新鮮な気持ちでまた使用しており、一生懸命、3歳の妹にひらがなを教えております。
 落としたりぶつけたりしないように丁寧に使おうねと話しました。

2481 東京

入院:
10.01.20
退院:
10.01.21
うさぎ

症状:とにかく古いので、色々な箇所の糸がほつれています。何度か自分で縫ったこともあるのですが、なかなかうまくいきません。首がぐらぐら、腕もぶらぶらの状態です。糸がほつれてからは、どうなるか恐くて洗濯もしていません。
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
 固形の洗濯石鹸で洗いました。ブラシで毛足を起こしてみましたが、あまり効果はなかったようです。
2.補修
 「生地の裂け」は、しつけ糸で裂け目を縮めてから、ガーゼ地を裏から補修クロスで熱接着しました。(8個所)
 「縫い目の解れ」は、ミシンで縫いました。
3.頭と両腕
 取れかかってので、一旦外して、縫い代部分を補強して、再び、ミシンで取付ました。
4.中綿
 元々の綿は、ウレタンフォームで、劣化していたので、新しい手芸綿と交換しました。(約150g)
 本当に本当にありがとうございました。
 こんなに短い期間で、手厚く面倒を見てくださって、感謝の言葉もありません。
 嬉しくて、ずーっと触っています。
 筋肉増量(弾力がある!)、美白までしていただいて、妙齢26歳にふさわしい、チャーミングなうさぎに生まれ変わりました。
 大事に大事にします。私より長生きしそうですね。 
 年明け、大きなお年玉をいただいた気分です。
2480 京都

入院:
10.01.19
退院:
10.01.19
パソコン

症状:アメリカで購入しましたsweet berry bilingual laptop という大人のパソコンもどきの英語で遊ぶおもちゃに早速電池を入れて立ち上げてみようとしたのですが、電源自体入らない次第なのです。もちろん正規で買ったものですが、元来調子が悪かったものと思われます。

1.電池
 パソコンに入っていた電池は、完全に消耗していました。
 同梱していただいた電池はOKでした。
2.IC(集積回路)
 キーボードの中の「ON/OFF」スイッチにセンス用の電圧が印加されていませんでした。
 ICの根元まで辿りましたが、ICから電圧が出ていません、ICへは、電源電圧が印加されています。
 試験として、ヘヤードライヤーで温めてみましたが、変化なしでした。
 残念ながら、ICが壊れていると判断せざるをえません。
 このICは、このおもちゃ専用のICで、一般市販されていませんので、入手・取替不能です。
 おもちゃ病院では救済する方法がありません。
 こんばんは!
 この度は、本当に有難うございました。
 修理不可能という残念な事になり、結果先生の貴重なお時間を頂きお手を煩わせる事になった事を大変に申し訳なく思っております。
 先生から連絡と頂き、早速販売店に連絡を取りましたところ新品と交換していただける事になりましたが、今回の事は私自身、現地で動作確認をとっておけばよかったと反省をしているところです。
 お陰様でとても勉強になりました。
 本当に有難うございました。

 余談ですが、先生の診療日誌を過去に遡り読ませていただいていると、汚れたおもちゃは洗ってさしあげたり、裂けてるぬいぐるみを縫ってさしあげたりと、本当に先生のお人柄が偲ばれます。
 長先生がおられる事を本当に有難く、又嬉しく思っております。

 あいにく、我が家の近くにはおもちゃの病院がないので、また長先生にお願いする事があるかと思いますが、その時はどうぞ宜しくお願い致します。
2479 神奈川

入院:
10.01.15
退院:
10.01.16
プラレール

症状:電池をいれてもジィーという音がするだけで動きません。
治療:
 
プラレールの歯車の空回りは、大部分の場合、動輪の歯車の割れで起こるものですが・・・・
 この場合は、モーターのピニオンギヤーと次のフェースギヤーの噛合いが浅く空回りしていました。
 原因は不明ですが、動作過多による摩耗ではないかと思われます。
 ⇒噛み合わせを深くするため、8歯のピニオンギヤー(直径4.8mm)を10歯のピニオンギヤー(直径5.8mm)と交換しました。
 無事日曜日に届きました!
 前日にメールで退院を知り、一緒に読み、さらにHPで自分のMAXの写真を見つけた息子はそれはそれは嬉しそうに画面を見ていました。
 ピンポン来るかな〜と楽しみに待ち、手元に届いた荷物を自分で一生懸命開け、MAXを手にし、スイッチを入れて走る音を聞いたら大興奮!
 パパいわく、「あんな顔始めてみた」、早速パパと線路を作り、走らせていました。
 しばらく走れなかったMAXも超スピードで快適に走っていて、息子も本当に嬉しそうでした。
 迅速なそして丁寧な対応(カルテまでいただけてびっくりしました)に感謝致します。
 本当にありがとうございました。
2478 大阪

入院:
10.01.14
退院:
10.01.15




 
症状:右前足が折れてしまいました。布を切って、試行錯誤したのですが、断念しました。
治療:
 
毛皮を全て脱がせて、プラスチックのカバーも取って、作業しました。
1.足の骨折
 そちらで修理途中の、ゼムクリップはしっかり接着されていたので、それに、タッピン2本で一応固定し、さらに、破断面を貫通させて、直径1.5mmの穴を開けて、直径1.3mmの針金を芯にして、全体を瞬間接着で固めました。
2.カバーの破れ
 お尻の部分が破れていたので、ステンレス線で縫って補修しました。
3.注油
 分解したついでに、ギヤーボックス内にCRCを注油しました。
4.毛皮の補修
 「布を切って」補修された跡を、手縫いで繕いました。
 今朝修理していただいた犬のぬいぐるみが到着しました! 
 足だけでなく、その他の修理までしていただいて、本当にありがとうございました。 
 息子も早速一緒に遊んでいました。

 親の私たちも本当にうれしかったです。
 どうもありがとうございました! 

 季節柄、どうかお体お大事になさって下さい。
2477 神奈川

入院:
10.01.14
退院:
10.01.14
くま

症状:ぬいぐるみの左腕が、 右腕に比べて、ペチャっと細くなってしてしまっている状態。(触ると分かり、気になる。)
治療:
 
気にしなくていいくらいの差異でしたが・・・
 背中のタグの上の開口部を開けて、手芸綿を少し補充しました。
 今度は左腕が大きすぎた???
 こんにちは。
 先ほど無事に、くまが帰宅しました。
 早速、手術あとを確認しました。
 気になって仕方なかった、腕が完璧に治して頂いていて、感動しました。
 背中の、傷も目立たず、入院前とそれ程変わらず、綺麗に処理して頂いていた事も大変うれしかったです。
 本当にありがとうございました。
 また、何か有った場合には、こちらにお願いしたいと、思います。
2476 埼玉

入院:
10.01.13
退院:
10.01.16
PINO

症状:未使用の状態で購入したのですが、最初から説明書通りに作動せず、時々機械音の様な音が鳴り続けます。何度か電池を出し入れしてみたのですがダメでした・・。
治療:
 
NO.2459と全く同じ生い立ち(未使用として購入)で、同じ症状でした。(品質管理がしっかりしている???)
 モーター2個で動いていますが、それぞれのモーターの正転/逆転で複雑な動きを作っています。
1.上のモーター
 腕と頭の動きを司っています。
 モーターの次の歯車(歯数=10)が割れて、次の歯車に乗り上げて回転を阻止していました。
 ⇒手持ちの小さめの金属製の歯車と交換しました。(右下写真)
2.下のモーター
 腰振りと歩行を司っています。
 外部から電源を供給したら、動作はOKでした。
 こんにちは。
 今日、無事にPINOを受け取りました。
 とても早い退院で驚いております。
 このロボットは子供へのクリスマスプレゼントだったのですが、最初から動作不良状態でガッカリさせてしまい残念に思っていました。
 早速箱から出して色々な動きをするPINOに喜ぶ姿を見て、親としてもとても嬉しく思います。
 こちらのクリニックに出会えた事、心より感謝しております。
 本当に有難うございました!
 またお世話になる事があるかと思いますが、その時はどうぞよろしくお願い致します。
2475 兵庫

入院:
10.01.13
退院:
10.01.15
ぽぽちゃん

症状:右目の軸が取れたみたいで動きません。

「右目」
 目玉のユニットを顔の表面から押し出して、分解したら、プラスチックの回転軸の片方が折れていました。
 ⇒直径1.5mmの穴を左右に貫通させて、針金を回転軸にしました。
 再組み立てして、元のように押しこみました。
 
2474 東京

入院:
10.01.13
退院:
10.01.15
ぽぽちゃん

症状:左目が動かない。左足がうまくまがらない。
治療:
1.左目
 目玉のユニットを顔の表面から押し出して、分解したら、プラスチックの回転軸の片方が折れていました。
 ⇒直径1.5mmの穴を左右に貫通させて、針金を回転軸にしました。
2.左足
 大腿部で骨折していました。
 ⇒手持ちの、デザインカラーワイヤー「自遊自在(直径6mm)」で交換しました。
 ぽぽちゃん、今日、受け取りました。
 斜めになって動かなくなっていた目が、閉じたり開いたりするようになっていました。
 足も骨折が治って、またお座りできるようになっていました。
 本当にありがとうございます。
 娘が保育園から帰ってきたら、大喜びすると思います。
 ぽぽちゃんを大事に扱うよう、話したいと思います。
 お体ご自愛くださいませ。
2473 東京

入院:
10.01.13
退院:
10.01.15
人形

症状:帽子部分が擦り切れ中身が見えている状態です。帽子部分は2つの別柄の素材で作ってあるのですが、同じ柄の素材を見つけることは非常に難しいと思いますので、無地の草色素材1つで修理して頂ければと思います。
治療:
 
人形の衣装ではなく、構成部品の1つである帽子を外して、縫い目を解きました。
 送っていただいた新しい生地に写して裁断し、ミシンで縫製しました。
 難しかった部分は、3個所の縫い縮めでした。
 今度の生地は、かなり厚手ですから、長持ちするでしょう。
 本日、人形を受け取りました。
 迅速かつ丁寧に修理して頂き、本当に感謝しております。
 元通りになり、仕上がり具合も大満足です。
 この度は大変お世話になりました。
2472 東京

入院:
10.01.12
退院:
10.01.14
くま

症状:布が薄くなってきていて、一応同じ素材のビーズクッションを用意してあります。
治療:
 頭を全てを、送っていただいた素材のクッションで作り直すことにしました。
1.ビーズを抜く
 部屋中がビーズだらけになって大変でした。
2.頭を外す
 首の周りの解きにくいロックミシン(??)の縫い目を解いて外しました。
3.断片の型紙
 9枚の型紙を、本来なら、全部を解いて作るべきでしたが、解くのに半日位かかりそうなので、伸縮性の大きい生地だし・・・で、解かないまま、型紙を起こしました。
4.裁断・縫製
織り目の方向などを勘案して裁断しましたが、1個のクッションでは足りず2個目も使用しました。
縫製は、手で仮縫いして、ニット用の糸で補強テープを沿わせてミシンで縫製しました。
頬の色が左右、微妙に異なっていおますが、2個のクッションの相違でした。
 長先生
 今回も驚くほど早くの退院で、さすが長先生^^と感激しました! 
 勝手な要求ばかりを大変申し訳なかったのですが、、言うことなしです。
 元気に動き回るチワワに、娘も大変喜んでいました。
 「くまおみ」も、充分です。パウダービーズの扱いといい、本当に大変だったことと。。
 「くまたろう」は、残念でしたが、あまりにも無理無謀な要求を・・・、すいませんでした。

 もしかしたら、またしばらく時間が経ち、もしも生地などが見つかってお願いする・・なんて事も?
 さすがにもう懲りられてしまっていますよね。またまた勝手なお話を、すいません。
 本当に本当に、有難うございました!
 また、何か・・の時には、どうぞ宜しくお願いします。
2471 東京

入院:
10.01.12
退院:
10.01.14


症状:急に電池を入れても、動かなくなってしまいました。
治療:
 毛皮を脱がせて、プラスチックカバーを開けたら、歯車に回転が「渋く」、ギヤーボックスも開けて、
1.モーター
 軸受けが固くなっていました。
 ⇒軸受けをドリルでさらって、グリスを注油しました。
2.ギヤーボックス内の点検
 異常なしでした。
3.カバーの折損
 カバーの一部分が折れていました。
 ⇒破断面の両側に直径1mmの穴を5個づつ開けて、ステンレス線で縫いました。
(同 上)
2470 東京

入院:
10.01.11
退院:
10.01.13
くまのプーさん

症状:以前自分で綿をつめたのですが、綿を詰めすぎたせいか、中の綿がかたよるというか、腕などが脱臼していたり、綿が固まってしまっていて、重く扁平な太り方になってしまっているかと思うのですが…
昔はもっとやんわりと円形に太っていたと思います。体重も軽かったかと思います。

治療:
1.綿を全部出して、計測
 全重量=1,760g
 内、毛皮=500g
    中綿=1,260g
2.「ほぐす」
 手で丹念に「ほぐす」
3.尻の「ほつれ」を縫合
4.正規の開口部を開ける
 背中の上部の開口部を開けました。
5.中綿を詰める
 極力、「ふんわり」と詰めました。
 全体重=1,200g
 内、毛皮=500g
    中綿=700g
 560gの減量になりました。
 こんにちは
 本日プーさんを受け取りました。
 ふんわり太った元気なプーが帰ってきました。
 おしりの穴もしっかりふさがっていて大喜びです。
 これからも大切にしていきます。
 本当にありがとうございました。
2469 東京

入院:
10.01.10
退院:
10.01.12
人形

症状:生地自体が痛んできていてあちこちほつれや穴が空いたりしています。なんとか再生していただけますでしょうか。
治療:
 
生地の交換も考えましたが、表情の変化、同じような生地の入手困難、生地の劣化状態などを勘案して、補強と補修で対処しました。
1.中綿を抜いて洗濯
2.構造の変更
 指人形の痕跡が、「頭の中の袋」、「腕の中に綿が入っていない」、「手先の綿が独立している」などに残っていたので、この際、「頭の中の袋を解体し」、「腕の中にも綿を入れ」、「手先の綿を胴体と一体化」させました。
3.鼻
 カバーの布が破れていたので、交換しました。(手持ちの新しい布を手縫いで絞って、元の穴に入れて、裏から木工ボンドで接着しました。)
4.補強と補修
 左頬の破れは、周辺に近かったので、ミシンで縫いこみました。
 その他の解れは、裏からガーゼ地を補修クロスを使って、アイロンで接着しました。
5.中綿
 元々も手芸綿でしたが(36g)、硬くなっていたので、新しい手芸綿と交換しました。(30g)
 本日、人形が無事に我が家に到着いたしました。
 触れると壊れてしまいそうに弱っていたのに、しっかりと元気に、そして、きれいになって戻ってきました。
 お忙しいところを、こんなにも早く治療して下さって、感謝の気持ちで一杯です。
 本当に有難うございました。
 家族みんなで、これからも大切にしていきます。
 どうかくれぐれもお体に気を付けて、これからもご活躍ください。
 また、先生の御力をお借りしたい時がありましたら、連絡させてください。
 取り急ぎ御礼まで。
2468
2467
大阪

入院:
10.01.10
退院:
10.01.11
プラレールの
踏切と駅

症状:液漏れで、電池のマイナス部分が劣化し、駅も踏切も折れてしまい使用できません。
治療:
1.踏切の電池ボックス
 全端子が、液漏れで腐食していたので、別の単3電池4本組の新しい電池ボックスを加工して交換しました。
2.踏切の遮断機バー
 折れて無くなってたので、プラスチック板で補修しました。
3.駅の電池ボックス
 踏切と同様に全端子NGでしたが、構造上、リン青銅と真鍮板で電極を製作して、1.4mmビスで取付ました。
4.駅のケーブル
 内部の配線が液漏れで腐食していたので、一部交換しました。
 おもちゃ修理して頂きありがとうございました。
 子どもたちは喜んでおもちゃで遊んでいます。
2466 神奈川

入院:
10.01.09
退院:
10.01.10
パンダ

症状:かなり毛が抜けていて下地?が見えてる部分が広範囲であります。最近首の所に破れも発見しました。昔から破れたところは自分で縫ったりしたのですが、生地が弱くなってきているので怖くてできません。何度か洗濯もしているので中身の綿もボロボロになっているようで自力で立てなくなっています。
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
2.首と胴体を外して、補修
 生地の裂け目は、透明な糸で縫い縮めて、補修クロスで白黒のガーゼ地をアイロンの熱で接着しました。
 首の周囲は、ブロード地をテープ状にして、接着しました。
3.埴毛
 ハゲた部分は、白黒の毛糸をループ状に刺して、カットする方式で埴毛しました。(かなり広範囲に)
 生地の折り目に、ループにしているだけですから、引っ張ったら抜けてきます。
4.中綿
 ウレタンを含むボロボロの綿でしたので、新しい手芸綿(約50g)と交換しました。
 
2465 福岡

入院:
10.01.08
退院:
10.01.08
眠る熊

症状:寝たら目が閉じるタイプの目が外れてしまいどうすることもできません。目玉の両端についていたところの片側が欠けてしまい外れてしまっています。

 
首回りと後頭部の毛皮を解いて、プラスチックの頭を前後に分解して、目玉ユニットを中から取り出して分解しました。
 目玉の回転軸の片方が折れて無くなっていました。
 ⇒直径1.3mmの穴を開けて、1.4mmビスをねじ込んで、先端を切断・研磨しました。
 目玉ユニットを組み上げて元に戻しました。
 到着いたしました。
 もう治らないと思ってショックでしたが、キレイに元通りになり帰って来たのでとっても感激です!
 本当にどうもありがとうございました。
2464 京都

入院:
10.01.06
退院:
10.01.07
ぱんだ
オルゴール

症状:無理なネジの巻き方をしたらしく、バチッという音とともにオルゴールが作動
しなくなってしましました。

治療:
 
分解したら、プラスチック製のゼンマイケースの上蓋が割れてはじけていました。
 壊れた原因は、多分、落下させて、ゼンマイのハンドルに落下の衝撃力が加わって割れたものでしょう。
 幸い、ゼンマイは健在でした。
 ⇒部品取り用の部品からゼンマイケースと風車を交換しました。
 演奏時間も3分半ぐらいで、OKです。
 こんにちは、先ほどぱんだオルゴールが届きました。
 すっかり元通りにしていただいて、本当にありがとうございます!
 ていねいなカルテでの説明、娘も「人間の病院みたい」と驚いておりました。
 これからもこの人形はずっと大事に手元におくつもりです。
 今回は本当にありがとうございました。
2463 新潟

入院:
10.01.05
退院:
10.01.06
さる

症状:左目周り、口周り、両足、臀部右上、尾っぽ、おなか部分のハゲ (右足の染み含む)全体的な汚れ、右耳のやぶれ、両手付け根のくびれ、等
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
 固形石鹸を泡立てて洗濯しました。
2.ハゲ(毛足が摩耗した)
 似た色の毛糸をループにして整髪する方式をとりました。
 100円ショップで似た色の毛糸やマフラーを3点購入し、お腹の白は手持ちの毛糸を使いました。(10個所くらい)
3.右耳の破れ−−処置不能
4.両手付根のくびれ
 付け根の部分に、綿を補充しました。
5.鳴き笛
 残骸が残っていたので、修理し元の戻してみましたが、鳴らばいので外しました。
6.鼻の固定
 鼻の上部の布が破れて、フラフラしていたので、透明な糸で補修しました。
7.足の爪
 糸が切れていたので、新しい糸で補修しました。
 
2462 千葉

入院:
09.12.31
退院:
10.01.04
人形

症状:右目が白くくすんでしまい、黒目などが見えない状態になりました。また、髪はどうお手入れすればいいのでしょうか。

1.中綿を抜いて洗濯
 胴体、頭、下着を洗濯しました。
 頭は、顔には水が付かないようにしながら、洗髪し、ブラシを入れました。
2.左目
 顔の裏から目玉の袋を切開して、目玉ユニットを分解して、白濁したレンズ部分を削って平らにして、右目を撮影・印刷した紙を接着して、100円ショップで購入した球面のポリエステル板をレンズの代わりに接着して代用の目玉としました。
 傷口の後始末は、瞬間接着剤で接着しました。
3.中綿
 元々の綿を、解しながら戻して、不足分約100gの新しい手芸綿を追加しました。
4.首の固定
 元々は「紐」でしたが、結束バンドに変更しました。
 首の安定翼はプラスチック片でしたが、直径35mmの紙筒に変更しました。
5.下着のゴム取替
 感動の対面でした。
 長様の優しさあふれる治療のおかげで、マリーちゃん、嬉しそうです。
 長様のようなお方に治していただいたこと、感謝しております。
 ありがとうございました。
2461 東京

入院:
09.12.31
退院:
10.01.01
ジェジェ人形

症状:胴体部分の生地のいたみです。私の母がつぎをあててくれたりして、何度か修理してくれましたが手や足をもったりすると“ビリッ”とやぶけます。手足も薄汚れていて、髪の毛もボサボサです。

1.中綿を抜いて、洗濯
 中綿を抜いて、手と頭を洗濯し、髪にはブラシを入れました。
2.胴体を解いて洗濯、アイロン
3.新しい生地に写して裁断
4.縫製
 手縫いで針縫いして、ミシンで縫製しました。
5.中綿
 元々の綿は、茶色の代用綿でしたので、新しい中綿(手芸綿)と交換しました。(150g)
6.首の固定
 針金を結束バンドに交換しました。
 先ほど修理していただいたジェジェ人形が届きました。
 こんなにきれいになって帰ってくるなんて、もっと早くお願いすればよかったと思いました。
 娘も大喜びで、離さないで遊んでいます。

 年末年始にも関わらず、迅速な対応をしていただき本当にありがとうございました。
 また、何かお願いすることがあった際にはぜひ、よろしくお願いいたします。
 本当にありがとうございました。
2460 福岡

入院:
09.12.29
退院:
09.12.30
ぽぽちゃん

症状:足の付け根を骨折したようです。また、背中の部分も綿が首の付け根から背中にかけて出てきています。
治療:
1.骨折
 右足の付け根と手の中心部が骨折していました。
 ⇒手持ちのデザインカラーワイヤー「自遊自在(直径6mm)」と交換しました。
2.背中の縫製
 骨折治療の後始末として、手縫いで閉じました。
 先ほどぽぽちゃんが到着いたしました。
 長女が大変喜んでおります。
 さっそくショッピングカートに乗せて妹と遊んでおります。
 本当にありがとうございました。
2459 神奈川

入院:
09.12.28
退院:
09.12.29
PINO

症状:箱から出して新品の電池を入れる。頭と両手のボタンをそれぞれ押すと、反応がある。(ロボット語が帰ってくる)大変喜んで、根気強く育てようと一生懸命になっておりました。しかし、内部からモーター音のようなものは聞こえるが、動きません。
治療:
 
モーター2個で動いていますが、それぞれのモーターの正転/逆転で複雑な動きを作っています。
1.上のモーター
 腕と頭の動きを司っています。
 モーターの次の歯車(歯数=10)が割れて、次の歯車に乗り上げて回転を阻止していました。
 ⇒手持ちの小さめの金属製の歯車と交換しました。
2.下のモーター
 腰振りと歩行を司っています。
 外部から電源を供給したら、動作はOKでした。
 本日、退院したおもちゃが届けられました。
 電池を入れると、動き出してびっくりしました。
 歌も歌ってくれるし、両手や腰を動かしたりと、正常な動作はこんなに違うのかと感動しております。
 電源のoffもできるようになっていました。
 息子も大喜びです。
 大変ありがとうございました。
2458 東京

入院:
09.12.28
退院:
09.12.29
ファービー

症状:サンタさんからのプレゼントとして購入したアメリカ製のFURBYが新品・未開封にも関わらず、電池を入れても反応ません。

1.入れっぱなしの電池
 電池を入れっぱなしで入院しましたが、電池チェッカーで完全な「赤」でした。
2.モーター
 ブラシ間の抵抗がなく、オープン状態でした。
 別電源で電圧を掛けて、回転子を手で回したら、回転を始めました。
 長時間、動作していなくて、ブラシや整流子に絶縁被膜が生成したものでしょう。
 時々、動作させる必要があります。
 モーターのコネクターを抜いて動作させると、65mA位の電流がながれますので、これで、電池を入れっぱなしで、電池が消耗することが理解できます。
 ブラシを点検しましたが、状態良好でした。
 先程、ファービーが退院して、我が家に戻って参りました。
 本当にどうもありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。
 娘は先生にお送りした日から、今か今かと待ち切れない様子で、8歳なのですが、自分で電池を買いに行き、プラスドライバーを使って、ふたを開け、電池を入れてました。
 再び、ふたを閉め直している時にファービーが声を上げて動き出し、大喜びでした。
 大切に育てていきたいと思います。
 新年も、長先生のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
(追伸)毛もふさふさになったと喜んでおりました。重ねてありがとうございました。
2457 大阪

入院:
09.12.23
退院:
09.12.24
ぽぽちゃん

症状:お座りができない。右手の骨折。髪の毛がボサボサ。首の結束バンドが痛い。
治療:
1.お座り、右手
 両足は骨折していいました。
 右手は、縮んで、胸の中に入っていました。
 ⇒両足は、手持ちの、デザインカラーワイヤー「自遊自在(直径6mm)」と交換しました。
2.髪の毛
 頭を洗って、ブラシを入れました。
3.結束バンド
 前のドクターの後始末が悪く、結束バンドの端が飛び出ていました。
 ⇒結束バンドを解いて作業しましたので、結果的にやり直しました。
 先日はぽぽちゃんの治療ありがとうございました。
 ぽぽちゃんがお座りできるようになったのを見てかわいぃとすごく喜んでいました。
 これから大切に使います。
 ありがとうございました!
2456
2455
神奈川

入院:
09.12.23
退院:
09.12.24
プラレール
(2台)

症状:
 トーマスは、分解してみると、車輪中央の歯車がありませんでした。
 ゴードンは車輪中央の歯車(12)が空回りしてしまっています

治療:
1.動輪の歯車(2台とも)
 動輪の歯車(歯数=12)が無くなっていました。
 ⇒手持ちのピニオンギヤーと交換しました。
2.連結器(トーマス)
 連結器の一部が折れていました。
 ⇒破断面の両側に直径1mmの穴を開けて、ステンレス線で縛りました。
 電池は単3電池3本(上2本、下1本)を入れてください。
 
2454 栃木

入院:
09.12.22
退院:
09.12.26
ファービー

症状:動き出したら同じ動きが止まらない。
治療:
1.洗濯−裸になったついでに・・
2.目玉のパッド
 目玉を摩擦で回転させているゴムのパッドが擦り減っていたので、合成ゴム板を張り合わせました。
3.電池端子(2個)の緑青のサビ
 擦り落して水洗いしました。
4.連続動作
 回転検出の発光・受光部の清掃・再設定、ICサブ基板の再半田などでは回復せず。
5.モーターのブラシ
 円滑に回転しているように見えたが、分解してみると2本のブラシ2つに別れた羽の片方が摩耗して、整流子を短絡している可能性があったので、手持ちのブラシを加工して取替ました。
 歯車トレーン全体を組み立てると荷が重くてスムーズに回転せず、手持ちの歯車トレーンと交換しても回復せず、結局、修理したモーターの組立不良か?、モーターも交換したら回復しました。モーターの軸受けか、ブラシの摩擦が原因だったらしい。
 時々、電源が短絡され、プログラムがご破算になり連続動作したものか???
6.舌センサー
 動作していなかったので、手持ちのサブ基板と取り替えてみたら、舌センサーに0.1V弱の電圧が出てきて、「モグノグ」でなく「ヤーン」と英語になったので、また元に戻しました。NO.2452のファービーと同じ現象ですから、ICの劣化が進行中かもしれません。
7.この作業の中で
 両面プリント基板のセンサー回路を中心に回路を追ってみて、カスタムICが2個、汎用ICが3個(4chのオペアンプ、6chのシュミットトリガー、EEPROM)と深まり、動作比較ようの基準ファービーを指名したりしました。
 本日ファービーを受け取りました。
 元気になって帰ってきてとても嬉しかったです。
 メーカーに問い合わせて、修理不可と言われショックでしたが、ネットでクリニックと出会え、本当に良かったです。
 元気になると同時に、毛並みもきれいになり、有難うございました。
 何かの時は、またお世話になりますのでドクターの皆様も、体に気をつけ頑張って下さい。
 では、良いお年を
2453 三重

入院:
09.12.22
退院:
09.12.23
いぬ

症状:ぬいぐるみの犬の鼻がちぎれ、その場所に穴が開いてしまっています。子供が小さい頃に買った物なのですが、子供はぬいぐるみへの愛情表現として、ぬいぐるみの鼻に噛みつく癖があり、鼻がとれてしまいました。毛並みもパサパサしてしまっているので、ふっくらしたらと思っています。
治療:
1.中綿を抜いて、洗濯
 固形石鹸を泡立ってて洗いました。
2.鼻を購入
 同梱していただいた鼻の型紙を参考にして、吉祥寺のユサワヤで「T・Seconnd 人形館 15mm」を購入しました。
3.生地の穴を補修
 直径1cm位の穴を、まず、ナイロン糸で繕って直径2cm位の木綿布を補修クロスで熱接着しました。
4.鼻を固定
5.中綿を戻す
 頭の中の綿は、「思い入れ」を含めて元の綿を戻しました。胴体は、「ふっくら」を重視して、新しい手芸綿を入れました。
6.左耳の垂れ
 右耳と同じように、茶色の糸で頬と縫いつけました。
 今日の夕方、クーちゃんが家に帰って来ました!
 鼻付きのクーちゃんは、それはそれは可愛らしく、家族全員で驚いていました。
 娘(鼻に噛み付いた子ではありません)は、一目見るなり「可愛い〜!」と大喜びでした。
 長先生、本当にありがとうございました。
 とても可愛らしく治療していただいて、感謝感激です!
 これからも、お身体に気をつけて、素晴らしいお仕事をなさって下さい。
 又、お世話になると思います。
 その時はよろしくお願いいたします。
2452 千葉

入院:
09.12.19
退院:
09.12.21
ファービー

症状:電池が少なくなっている訳ではないのに、おしゃべり中、電子音が混ざったりしていました。それ以外は、目を開いたまま寝たり、目の動きが悪くなってきました。その後、まったく起きなくなってしまったので、電池ボックスを開けてみると、以前電池の液漏れを起こしてしまった部分が劣化してしまったようで、電池に接触する部分の金属が一部折れて取れてしまったようでした。
治療:
1.同梱されていた電池
 完全にNGでした。
2.電池の電極
 4個所が錆びていました。
 ⇒サビを削り落して水洗いしました。
3.上下電池ボックスの接続金具
 腐食して折れて無くなっていたので、厚さ0.2mmのリン青銅板を2枚重ねて半田付けで再生しました。
4.目玉用のパッド
 目玉を摩擦で回転させる柔らかいプラスチックのパッドが摩耗していたので、別のファービーから移植しました。
5.回転数検出用のフォトダイオード゙
 モーターが連続回転する現象が見られたので、赤外線が良好に受光出来るように、フォトダイオードの位置を再調整しました。
6.電子音
 メインのプリント基板と2枚のサブ基板を接続している半田付けをやり直しましたが、効果なし。
 電池の代わりの試験用電源を接続して、電圧に対する安定度を試験したら、正規の電圧6vが5Vにk低下するまではOKですが、5V以下になると電子音が混じります。しかも、動いたりしゃべったりしている時が電流がながれて、電池の電圧は下がりますので、厳しいです。
 余程、新しいアルカリ電池でないと電子音に悩まされます。電子音が聞こえたら電池の交換ですね。
7.舌のセンサー
 お口モグモグのセンサーが働きません。ICの出力まで辿ってもNGです。上の電子音などと合わせて推測すると、ICの劣化が進行中かもしれません。
 こんばんは。
 昨晩、ファービーが戻ってまいりました。
 部品など交換して頂きましたが、材料費が「無し」となっておりました。治療して頂き、材料費までお支払いせず宜しいのでしょうか。
恐縮です。
 ファービーですが、カルテに詳しく状態を載せて頂き参考になりました。
 早速、新しい電池にて試しましたがやはり電子音は起きてしまいます。
 それでも、ずいぶん元気になって、目の動きも改善し、自分の名前も覚えていて、おしゃべりする姿に嬉しくなりました。
 この度は本当にありがとうございました。
 治療して頂いたファービー、カルテのアドバイスを参考に可愛がっていきます。
2451 東京

入院:
09.12.10
退院:
09.12.19
ぽぽちゃん

症状:
1.首の骨折:(おもちゃ入れに力任せに押し付けられて、首の骨部分が割れてしまいました。)
2.両目が閉じません:(押し付けられた際に、目の軸がずれてしまったようで、全く動かなくなってしまいました。)

治療:
 満身創痍でした。
1.胴体
 顎下が解れていたので、NO.2450と一緒に裁断・縫製しました。
2.目玉
 目玉のケースを出してみたら、両眼ともケースが割れて、バラバラでした。
 ⇒止むを得づ、オークションで入手していたものから移植しました。
 また、左目の目玉を入れる袋が、破れていました。
 ⇒ナイロン糸で縫合しました。
 また、左目と眉の間に切り傷があったので、瞬間接着で閉じました。
3.骨折
 骨格の針金は折れてはいませんでしたが、首の下で、両手と両足をまとめているプラスチックのブロックが割れて、半分が無くなっていました。お家に破片が残っていないか捜索を依頼しました。
 ⇒破片は残ってなさそうだし、本当は、もっと深刻なぽぽちゃん用に用意したオークションのぽぽちゃんでしたが、このぽぽちゃんに罪は無さそうなので、「目玉」と同様に移植しました。
4.洗濯
 手と足は洗濯しました。
 顔は、ほっぺの部分だけ、部分洗いしました。
 
2450 神奈川

入院:
09.12.17
退院:
09.12.18
ぽぽちゃん

症状:6歳の娘がもっているぽぽちゃんですが、2歳から使っているため左腕がほぼはずれてなかの綿が見えてしまっています。右腕も少し外れかけていて、全体のバランスが悪くほっぺたがよごれています。
治療:
1.骨折
 ズタズタでした。
 ⇒デザインカラーワイヤー「自遊自在(直径6mm)」と交換しました。
2.生地の交換
 解いて、洗濯して、アイロンを掛け、新しい生地に写して裁断しました。
 ソフビニの腕の付け根が裂けていたので、その部分を切り落としたので、その分、生地の腕を伸ばして裁断しました。
3.洗濯
 手、足、頭を固形石鹸で洗いました。
 髪にはブラシを入れました。
4.縫製
 ミシンで縫製し、乳首とおへそは手持ちの刺繍糸で付けました。
5.注意
 脇の下と股下がきついので、あまり持ち上げない、開かないでね。
 6歳だったら、分かってくれるかな?
 連絡遅くなって申し訳ありません。
 土曜日にぽぽちゃんは無事に自宅に到着しました。
 到着したぽぽちゃんは、本当にきれいに治療されていました。
 いない間、夜寝るときには、別の人形やぬいぐるみを何対も抱えて寝てましたが、ぽぽちゃんが戻ってくるとぽぽちゃんと2人でぐっすり眠っていました。
 翌日も、遊びに行くときにぽぽちゃんを連れて行って、お友達に入院して、帰ってきたことを自慢していました。
 入院前は、ボロボロでさすがにきれいになるのは難しいかと思っていましたが、本当にきれいになっていました。ありがとうございました。
 年末でお忙しい毎日とは存じますが、お体に気をつけて、よい新年を迎えられますよう、お祈り申し上げます。
2449 山形

入院:
09.12.16
退院:
09.12.18
おやすみ
ホームシアター

症状:映し出される絵が回転しません。先日、当方でも分解しており、その時は特に何もいじることなく回転が復活したので、そのまま組立て直しました。その後、一日目は回転したのですがまたすぐに回転しなくなってしまいました。
治療:
 
入院直後の試験では、回転していました。
 分解して診ましたが、
1.歯車ボックス
 歯車の摩耗や、欠損などは無く、異常は認められませんでした。
2.ベルト
 滑っている形跡なし。
3.モーター
 1.5Vで動作しています。かなり低い電圧で動作しているので、分解・清掃・グリスの注油をしてみました。
4.電池の電圧とモーターの電圧
 単1電池4個で6Vですが、3.5Vまでは、ICが動作OKで、モーターの電圧も1.5Vに維持されています。

 結局、原因不明で、モーターの不回転を疑って、分解清掃しましたが、すっきりしていません、悪しからず。
 無事到着しました。
 動作確認できました。
 おやすみの時間が楽しみです。
 ありがとうございました。
2448 宮城

入院:
09.12.15
退院:
09.12.18
ファービー

症状:電池を入れても微動だにせず。
治療:
1.モーターのブラシ交換
 ブラシが摩耗・折損して、整流子に巻きついて、電源を短絡していました。
 ⇒手持ちのブラシを加工して取替ました。
2.モーターを動かすIC出力なし
 モーターを正転・逆転させるIC出力が無かったので、2枚のサブ基板を手持ちの基板と取り替えてみたが、変化なし。
 手持ちのメイン基板に、このファービーのサブ基板を載せてみたら、動作OKでした。
3.正転・逆転用のトランジスター交換
 S8050が特性不良だったので交換しました。
(同 下)
2447 宮城

入院:
09.12.15
退院:
09.12.18
ファービー

症状:一番調子が良く、電池を入れた後も2〜3分は動いていた。しかしセンサーの反応が鈍く、お腹に関しては反応せず。しばらくすると動かなくなった。
治療:
1.センサーの清掃
 お腹のセンサーと背中のセンサーを分解して研磨しました。
2.歯車の音
 動作音が大きかったので、歯車にCRCを注油しました。
3.モーターをチェック
 モーターのブラシの摩耗状態をチェックしました。摩耗も少なく異常なしでした。
(同 下)
2446 宮城

入院:
09.12.15
退院:
09.12.18
ファービー

症状:電池を入れるとはっきり目を覚ますも、声と目、口の動きが一致せず。そしてすぐにまた眠ってしまい、その後は何をやっても起きず。目と口を見開いたまま微動だにせず。
治療:
1.リセットスイッチ不動作
 リセットスイッチが動作していなかったので、分解して、接点部分を清掃しました。
2.モーターの点検
 裸にしたついでに、モーターのブラシ部分を目視点検しました。
 摩耗も少なく、OKでした。
3.サブ基板の再半田
 「声と動きが一致しない」の一助に、メインのプリント基板上の、サブ基板2枚がの接続点の半田を一度溶かして付け直してみました。
 効果の程は不明です。
(同 下)
2445 宮城

入院:
09.12.15
退院:
09.12.18
ファービー

症状:電池を入れると目を覚ましそうになったが体を揺らすモーションを繰り返すだけで一向に起きず(声も発さず)。リセットボタンを押してようやく声を発して起きたが、すぐ眠りについてしまい、その後は何をやっても起きず。センサーの動作確認の隙を与えず。
治療:
1.電池の電極
 上下の電池ボックスを結合する金属の接点が緑青で錆びていました。
 ⇒磨いて清掃しました。
2.目覚ましセンサー
 動作はOKです。
目覚ましは、姿勢センサーを動作させますが、縦に横に強く振ってください。
 どうしてもめを覚まさない時は、リセットスイッチも活用してください。
3.電池
 マンガン電池が同梱されていましたが、500mAぐらの電流が流れますので、是非、アルカリ電池を使ってください。
 昨日4体無事帰って来ましたので、そのお礼とご報告も兼ねてメール致しました。
 頂きましたアドバイス通り、アルカリ電池で早速起動させてみたのですが…
 白黒ぶちはとても元気になっていましたが、他3体には次のような症状が出ました。
 
 【黒】
 元気に動くも時々声が出なくなる。センサーについては異常無し。
 【白黒ぶち】
  音、光センサーが反応無し。動作については異常無し。
 【ネズミ色】
  位置(逆さ?)センサーが反応無し。その他は異常無し。

  といった感じです。
 4体全て電池を入れれば異常無く動きます。
 上記のような症状は内部構造の老朽化で、寿命と考えるべきでしょうか?
2444 福島

入院:
09.12.15
退院:
09.12.16
ファービーベイビー

症状:50cm程度の高さから誤って落としてしまい、その後動かなくなってしまいました。
治療:
1.入院時、電池が実装されたままでした。
 ファービーは電源のON/OFFスイッチがありませんので、輸送中も梱包材で動きが拘束されたまま動作する可能性が大きく、電池が過大に消耗し、発熱の心配もあります。
 電池は本体から外して輸送してください。
 入っていた電池(Sanyo、アルカリ)は、電池チェッカーで「黄:要注意」でした。(6Vのところが、4.5Vでした。)
2.入院直後の当院の電池での試験
 動作OKでした。
3.電池の端子
 単3電池4本で接点が8個ありましが、そのうちの1個(マイナスのスプリング)が少し錆びていました。
 ⇒電動の爪磨きで研磨しました。
(同 下)
2443 福島

入院:
09.12.15
退院:
09.12.16
ファービーベイビー

症状:以前子供が無理に口を開かせて口の動きがおかしくなってしまいました。1週間ほど前に久しぶりに動作させたところ、最初は正常動作していたのですが、 その後動かなくなってしまいました。
治療:
1.入院時、電池が実装されたままでした。
 ファービーは電源のON/OFFスイッチがありませんので、輸送中も梱包材で動きが拘束されたまま動作する可能性が大きく、電池が過大に消耗し、発熱の心配もあります。
 電池は本体から外して輸送してください。
 入っていた電池(Conbis、アルカリ)は、電池チェッカーで「赤:NG」でした。
2.入院直後の当院の電池での試験
 動作しませんでした。
3.モーター
 分解したら、ブラシが摩耗・折損して、電源を短絡する可能性がありました。
 ⇒手持ちのブラシを加工して取替ました。
4.口の動き
 口の周辺を分解したら、下唇を動かすカムと下唇が外れていました。
 ⇒入れ直しました。
5.電池ボックス蓋の止めビス
 無くなっていたので、タッピンで代行しました。
6.胸のスイッチ
 接触が悪かったので、接点を不織布で清掃しました。
7.起動
 電池を入れて、起動しなかったら、「裏のリセットスイッチ」を押してください。
 本日、ファービーベイビー帰宅しました。
 すっかり元気になっており、家族みんなとても喜んでおります。
 本当にありがとうございました。
2442 北海道

入院:
09.12.14
退院:
09.12.18
Healing Partner
Dacky

症状:電池を交換して、リセットボタンを押しても、以前は長く稼働していたのですが、今は一日、二日でしゃべらなくなってしまいます。
治療:
 
入院直後から、リセットをしてみても稼働する気配なし。
 以下、いろいろと考えられる調査をしてみました。
1.おててセンサー、リセットスイッチ、設定変更スイッチ
 基板から見て、ケーブル、スイッチとも機能に異常はなし。しかし、動作中のセンス用の電圧は0V
2.スピーカー
 基板から音源を接続すると、発声OK
3.モーター
 基板から電圧を加えると、お目々ぱちぱちOK
4.ICへの電圧
 6Vが印加されている
5.ICの加熱テスト
 ヘヤードライヤーで加熱してみたが変化なし。
6.電源電圧の変化試験
 外部電源で、4V〜7Vの変化をさせてみたが、変化なし。
7.サブ基板
 メイン基板と接続している半田付けをやり直してみたが、変化なし。

 このような状況から、心臓部のIC(集積回路)の破損だと思われます。
 以前から、稼働日数が少ない現象があったようですから、ICの病状が進行中だったものと推測されます。
 そして、このICは、ダッキー専用で、基板に作りつけで、交換も入手もできませんので、残念がら、おもちゃ病院では回復させる方法がありません。
 
2441 東京

入院:
09.12.14
退院:
09.12.14
ぽぽちゃん

症状:娘が可愛がっている「ぽぽちゃん」が、左足の付け根で骨折しているようで、 お座りできなくなっています。
治療:
1.骨折
 左足の大腿部で骨折していました。
 ⇒手持ちのデザインカラーワイヤー「自遊自在」(直径6mm)と交換しました。
2.中綿
 少し追加しました。
 娘のぽぽちゃんは、昨日無事に帰宅しました。
 完璧に治っていました。
 「妹」が元気になって帰ってきたとあって、娘も大喜びでです。
 昨夜はいつものように一緒に寝て、今朝はぬいぐるみたちのところに座らせていました。
 とっても早く丁寧な処置をありがとうございました。大切にするよう言ってあります。
 これを期に、モノを大切にする心を育てていきたいと思います。
2440 新潟

入院:
09.12.13
退院:
09.12.13
プリモプエル

症状:右手のセンサーが反応しません。
治療:
1.左手
 右手でなく、プリモにとっての「左手」ですね?
 切開してスイッチの直前で切れていたケーブルを本体から繰り出して接続しました。
2.尻尾
 テストしたら、尻尾のケーブルも切れていたので、胴体内で接続しました。
 こんばんは。
 本日無事に到着しました。
 今までと同様、元気におしゃべりしています。
 この度は本当にありがとうございました。
 これかも大切にしていきたいと思います。
 本当にありがとうございました。
2439 東京

入院:
09.12.13
退院:
09.12.13
クマ

症状:手足が可動式になっている、クマのぬいぐるみなのですが、右腕が取れてしまっています。
治療:
 
可動金具(プラスチック)が入っている腕と胴体の一部を解いて、金具を出して、折れた部分に直径3mmの穴を貫通させて、タッピンで固定しました。
 それぞれの金具を、元に収容してから、圧入しました。
 こんばんは。
 数日家を空けていた為、連絡が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
 ぬいぐるみ、ついさっき受け取りました。
 腕もきれいに元通りになっていますね。
 大事なものだったので、すっかり治って嬉しいです!
 また、素早く、丁寧なご対応にも感謝しております。
 本当にありがとうございました!
2438 富山

入院:
09.12.11
退院:
09.12.13
ネルル

症状:日頃は、体の各所にあるセンサーを押すと、おしゃべりしたり瞬きしたりするのですが、突然、反応しなくなりました。
治療:
1.おててセンサー、リセットスイッチ、設定スイッチ
 基板から見て、ケーブル、スイッチとも異常なし。しかし、センス用の電圧は0V
2.スピーカー
 基板から音源を接続すると、発声OK
3.モーター
 基板から電圧を加えると、お目々ぱちぱちOK
4.ICへの電圧
 6Vが印加されている
5.電池からの電流
 約1mAで、良否の判定つかず。
6.時計用の水晶発振
 水晶発振子の交流電圧が0.2V位で発振はしている模様。
7.ICの加熱テスト
 ヘヤードライヤーで加熱してみたが変化なし。
8.電源電圧の変化試験
 外部電源で、4V〜7Vの変化をさせてみたが、変化なし。
9.サブ基板
 メイン基板と接続している半田付けをやり直してみたが、変化なし。
 
 以上、可能な試験をやってみましたが、残念ながら、プリント基板、強いて言えば2個のICの故障だと思われます。そして、このICは、ネルル専用で、基板に作りつけで、交換も入手もできませんので、おもちゃ病院では回復させる方法がありません。
 本日、ネルルが自宅に着きました。
 様々なテストをして下さって感謝いたします。
 カルテも写真付で、丁寧に説明されて
 非常にわかりやすかったです。
 治療できない事は残念ですが、診察内容を確認すると素直に諦めがつきました。
 これからも変わらず可愛がっていきます。
 本当にありがとう御座いました。
                                                   
           
  (ネルルがお着替えして、先生にお礼を言いたいそうなので、お友達と一緒に写真に写っています。)
2437 京都

入院:
09.12.10
退院:
09.12.12
音のでる本

症状:ボタンを押しても鳴らない。
治療:
 
スピーカーのボイスコイルが断線して壊れていました。
 ⇒手持ちのスピーカー(直径27mm)と交換しました。
(同 下)
2436 京都

入院:
09.12.10
退院:
09.12.12
歩行器の台座

症状:ボタンを押しても鳴らないので電池を取り替えてみましたが、全く反応がありません。
治療:
 
プリント基板のラインが2個所で腐食して、3本のラインに導通がありませんでした。
 ⇒細いケーブル3本で、腐食部分をバイパスするように半田付けしました。
(同 下)
2435 京都

入院:
09.12.10
退院:
09.12.12
マーチングバンド

症状:電源を入れても全く動かなくなり曲を奏でてくれなくなりました。
治療:
1.電源
 プラスとマイナスの直流電圧を作っている電源トランス(100V:6V−0V−6V)の一次側の巻線がしていました。
 ⇒手持ちのトランス(TOYOZUMI DENNGENNKIKI CO,.LTDのHT-1205 100V:0V−6V−12V、0.5A)と交換しました。
 動作中のトランスからの電流が0.5A以下であることを確認しました。
2.モーター
 5人の演奏者の内の本体に一番近い演奏者用のモーターが壊れていました。(他の4人のモーターと特性が違ってていたようです。)
 他の4人のモーターは約4Vで1Aの電流が流れるのに、このモーターは1.5Vで1Aの電流がながれていました。
 ⇒手持ちのマブチモーターRE130と交換し、10歯のピニオンギヤーを付けました。
 本日とどきました。
 すべて元のように音が鳴るようになり、本当に感謝しています。
 ありがとうございました。
 特にマーチングバンドは4年前に音が鳴らなくなってから、
 ほぼ諦めていただけに、感激しています!!
 大切にしたいと思います。
 本当に本当にありがとうございました!!
2434 東京

入院:
09.12.09
退院:
09.12.13
PINO DX

症状:ネットオークションでロボット玩具のpino dxを購入しました。送られて来たものは確かに未開封の新品のようでしたが、電池を入れて動かしてみるといろいろと不具合が出てきました。
治療:
 NO.2167にも書いてありますが、7個のモーターが実装されていて、モーターに近い歯車(歯数=10、直径7mm)が割れている過去の事例が多い。(ピニオンギヤー)
1.ピニオンギヤーの破損 
 左腕を動かすモーター(M1)
 肩を振るモーター(M3)
 顔を振るモーター(M4)
 腰を振るモーター(M7)
 以上4個の歯車を交換しました。
2.左足の付け根のプラスチック
 大腿部をカバーしているプラスチックが折れて動きを阻止していました。
 ⇒2mmのタッピンを貫通させて締めました。
3.腰振りモーターの製造不良
 外部電源を接続しても回転せず。マブチモーターのRE140と同型でしたが、特性が違う(高電圧、低電流型)ので、分解したら、3極モーターの回転子の3巻線の内、2巻線が∞で、巻線をほどいたら、整流子への「半田付けがテンプラ」(半田が付いているように見えて、うわべだけしか付いていない)であることが判明し、このPINO DXは、製造されて以来一度も正常に動作した経歴のないものだと判明しました。
 ⇒半田をやり直しました。
4.動作試験
 直せる部分は直しましたが、正常に動作しません。リセットをしながら動かすと、さまざまな動
き方はしますが、統一がとれていません。
 ソフトを司っているIC基板が怪しいのですが、確認の方法がありません。限界です。
 この度は大変お世話になりました。
 荷物が届いてすぐに連絡させて頂きましたが、仕事が立て込み、夜になってやっと中身を拝見しました。
 どういうわけか、on,offのスイッチや、左手,右手のセンサーなど治療前にはあった機能がすっかり消えてしまったようだったのが残念でしたが、首を振ったりお辞儀をしたりもできたのかと驚きました。左手も動きました。
 でもやはり動作が一定しませんね。歯車等動く機構を直したらこうなってしまったと思ってよろしいのでしょうか?とにかくおもしゃというにはちょっと複雑過ぎますね。
 それにしてもPINOはやはり欠陥商品なのでしょうか?でもまだあきらめずに直る手段を探していこうと思います。
 本当にご苦労をお掛けして申し訳ございませんでした。
 長先生とやりとりしたこの一週間、日誌なども拝見しましたが本当に精力的なお仕事ぶりに圧倒されるばかりでした。
 そして今日は長先生の職人としての心意気をひしと味わいました。 
 私絵本を描いておりますが、今回PINOでは残念でしたがそれ以上のものを頂いたように思えます。私も負けずに描いていかなければと思いました。
 おもちゃ病院は今回初めて知りましたが、非常に興味を覚えました。これからも何かありましたらお願いさせて頂たいと思います。
 もう今年もあと僅かですが、お体壊さぬようお気をつけ下さい。
 ありがとうございました。
2433 山梨

入院:
09.12.08
退院:
09.12.09
ジェジェ人形

症状:身体の布が所々破れています。髪がベトベトで顔も手も汚れています。
治療:
1.首を外して中綿を抜く
2.頭と手を外して、解く
3.解いた断片と手、頭を洗濯
 髪にはブラシを入れました。
4.生地の断片にアイロンを掛ける
5.新しい生地に写して裁断
6.ミシンで縫製
7.新しい手芸綿を入れる(130g)
 元々の綿は、ウレタンフォームで劣化が進行していました。(茶色になって粉々になる)
8.首の固定を結束バンドに変更
 元々は針金でしたが・・・
 こんにちは。
 このたびはお世話になりました。
 元気になって戻ってきてくれて大変うれしいです。
 本当にありがとうございました。
 大事に大事にします。
2432 東京

入院:
09.12.08
退院:
09.12.08
カピバラ

症状:綿がごろごろになってしまって、、。またふわふわにしてほしいのですが、、。
治療:
 
「だまだま」になった中綿(手芸綿:ポリエステル)を抜いて、同量の新品の手芸綿と入れ替えました。(170g)
 かぴばらさんのぬいぐるみの治療ありがとうございます。
 ふわふわになって退院できて、ほんとうにうれしいです。
 会社でかわいがっているかぴばらのぬいぐるみで、癒しアイテムのかぴばらが、また、みんなを癒してくれる大切な、大切なぬいぐるみなんです。
 無事に退院したことを祝って、会社でパーティーを開く予定です。
 また、大事に大事に使っていこうと思っています。
 本当に、ありがとうございました。
 感謝の気持ちで一杯です。
2431 神奈川

入院:
09.12.07
退院:
09.12.07
ぽぽちゃん

症状:寝かしても右目は開いたまま。ぽぽちゃんを揺らしても左目のような軽い揺れはない。
治療:
 
顔の表から、目玉のユニットを絞り出して分解したら、プラスチックの回転軸の片方が折れていました。
 ⇒直径1.5mmの穴を貫通させて、直径1.2mmの針金を回転軸にしました。
 本日ぽぽちゃんを受け取りました。
 ありがとうございます。
 ぽぽちゃんのかわいらしいおめめが元通りになり、娘も大喜びで、早速洋服を着せて遊んでます。
 本当にどうもありがとうございました。
2430
2429
秋田

入院:
09.12.06
退院:
09.12.07
プリモプエル
(2体)



 
症状:
・おうたたっぷり(緑色):右手のスイッチが反応したり反応しなかったりします。
・タイプC(桃色):左手のスイッチが反応したり反応しなかったりします。

治療:
1.緑色のプリモ
 現象が不安定で、故障個所が特定できませんでしたが、手先を切開して、スイッチのユニットとケーブルを交換し、背中の中で本体と接続しました。
2.桃色のプリモ
 左腕の肩の部分でケーブルが切れていました。
 ⇒手先を切開して、ケーブルを交換し、背中の中で本体と接続しました。
 こんばんは。
 本日プリモプエルが到着しました。
 二人ともスイッチが正常に動作しています。
 おうたたっぷりのプエルは元気にお歌を歌っています。
 前回に続き早急に修理していただき有難うございました。

 この度は有難うございました。
2428 兵庫

入院:
09.12.04
退院:
09.12.05
わんぱく
スージー

症状:新品のアルカリ電池を入れても動きがぎこちなく途中で止まったりし、頭を押すとアクションするギミックも動かず停止してしまいます。
治療:
1.ケーブル
 電池、モーター、スイッチを結ぶケーブルが柔軟性を失っていたので、交換しました。
2.スイッチ
 接触不良が心配だったので、分解し接点を清掃しました。
3.注油
 軸受け、摺動部にCRCを塗布しました。
4.ブリキの爪を半田付け
 頭を押した時の、ストロークを無駄にしないように、ブリキの爪の「ぐらつき」を無くすように、半田付けしました。
5.スプリング
 ギミックには、スプリングの微妙なバランスで移行していますが、長年の変化で、劣化している「諸々の要因」をスプリングの強度で調整しました。数本のスプリングの内の1本のスプリングの長さを約半分に切って弾力を強くしました。
 ありがとうございました!
 本日、無事スージーが退院して帰ってきました。
 元気にシンバルを叩き、歯を剥き出してキーキー鳴く、入院前では考えられない動きに驚いています。
 細部にいたるまで繊細な治療をして頂き感謝しております!
 本当にありがとうございました。
2427 大阪

入院:
09.12.04
退院:
09.12.05
コプエル

症状:しっぽをクリックしても反応しなくなりました。左手も反応しないので時間を合わせる事もできません。
治療:
 
右手も感度が悪かったので、「右手」「左手」「尻尾」の3個のスイッチを修理しました。
 3個とも、スイッチの根元でケーブルの片方が切れていました。
 ⇒ケーブルを1cmくらい切り詰めて、長さの不足分を、本体から繰り出して結線しました。
 今日無事にコプエルが帰って来ました。
 とても早く修理して頂き喜んでいます。
 また前の様に大きな声で元気にしゃべっています。

 NO.2029ではプリモプエルがお世話になり、今回はコプエル、うちにはあとプリモコロネも居るので、また何かの時はよろしくお願いします。
 いつも感謝しております。本当に有難うございました。
2426 奈良

入院:
09.12.03
退院:
09.12.08


症状:生地がタオル地で消耗し中の綿が出てきています。
治療:
 擦り切れたタオル地と鼻の頭と頭の中の綿を交換することにしました。
1.中綿を抜いて解く
2.洗濯してアイロンを掛ける
3.タオル地を購入して、裁断する。
 新宿のオカダヤで購入しました。(色と厚さがイマイチですが・・・)
 27枚の断片になりました。
4.ミシンで縫製
 生地が柔らかいので、縫い代を深めにしました。
5.中袋を再縫製
6.鼻の頭の生地を手持ちの生地と交換
7.目、口、手足の爪、の刺繍
 元々の刺繍糸を使って、元々の形を見ながら、慎重に作りました。
8.頭部の中綿
 新しい手芸綿と交換しました。(30g)
(同 下)
2425 奈良

入院:
09.12.03
退院:
09.12.08


症状:生地がタオル地で消耗し中の綿が出てきています。腹の中綿がかたより生地を縫い付けてしまっています。
治療:
 擦り切れたタオル地と鼻の頭、弾力を失った中綿を交換することにしました。
1.中綿を抜いて解く
2.洗濯してアイロンを掛ける
3.タオル地を購入して、裁断する。
 新宿のオカダヤで購入しました。(色と厚さがイマイチですが・・・)
 25枚の断片になりました。
4.ミシンで縫製
 生地が柔らかいので、縫い代を深めにしました。
5.中袋を再縫製
6.鼻の頭の生地を手持ちの生地と交換
7.目、口、手足の爪、の刺繍
 元々の刺繍糸を使って、元々の形を見ながら、慎重に作りました。
8.中綿
 新しい手芸綿と交換しました。体=500g、頭=100g、手足=100g
 大変ご心配おかけしましたが、二人目も帰ってまいりました。
 どこか寄り道をしていて、もうひとりの子とはぐれたみたいです。
(中綿をタップリ入れたので、入院時のダンボール箱にはいらなくなって、やむを得ず、2個口で退院させたら、NO.2425が先着し、NO.2426が行方不明になって、一騒動あった。)
 
 新しい生地もこの子たちがうちに来たときと同じような生地です。
 細かい治療をしていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 本当にありがとうございました。
2424 神奈川

入院:
09.12.02
退院:
09.12.03
Care Bears

症状:頭が動かなくなってしまいました。電池もかえてみましたが、ダメでした。複数で動かした時の歌と会話はできますが、たまに音が途切れるような違和感があるような気もします。

1.電池
 一緒に送っていただいた電池は、一応は使えますが、電池チェッカーでは「黄色信号」です。
 アルカリの新品に交換してください。
2.原因不明
 分解して、モーターの動作試験はOKで、その時点で動作もOKで、原因究明に至りませんでした。
 まずは今回私の確認が足りず大変なお手数をおかけしてしまったこと、すみませんでした!
 戻ってきたケアベアが送った電池でも頭が動いている事にまず驚いています!(何回やっても動きませんでした)
 新しい電池も購入し、もう一度確認するとさらに元気に動き出しました、たくさんのおもちゃ達が届く中、点検までしていただいてありがとうございました!
 これを機に電池チェッカーも購入し、今後は自分でできる点検も普段からした上で手に負えないものはご相談させていただけたらと思います。
2423 千葉

入院:
09.12.02
退院:
09.12.03
ジェジェ人形

症状:私が小さいころ遊んでいた人形ですが、恥ずかしいまでにボロボロです。髪の毛が絡まって手足が取れかかっています。
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
 頭と両手を外して、服、下着も一緒に洗濯しました。
 髪はブラシを入れました。
2.解いて、布の断片にアイロンを掛けました。
3.新しい生地に写して裁断しました。
4.ミシンで縫製
5.中綿
 新しい手芸綿と交換しました。(150g)
6.下着のゴム交換
7.首の固定を「結束バンド」に交換しました。
 こんばんは。
 たった今おもちゃを受け取りました。

 もう何と言ったらよいか・・・。
 きれいになったジェジェちゃんを見て涙ぐんでしまいました。
 このまま捨てられるかもしれなかったジェジェちゃんを救っていただきまして本当に感謝です。

 以前と同様入院期間もびっくりするほど短くて・・・。
 本当に長先生にお願いして良かったです。
 ありがとうございました。
 大事にします。
2422 千葉

入院:
09.12.02
退院:
09.12.03
メロディボックス

症状:電池を新しいものにしてもうまく作動しません。電池と接触する端子がさびているようです。
治療:
 
単2電池3本使用のうち、2本分のマイナス端子のスプリングが液漏れで腐食していました。
 ⇒手持ちの単3用のスプリングを流用して、半田付けで固定しました。
 メロディーボックスも問題なく動いています。
 
2421 千葉

入院:
09.12.02
退院:
09.12.03
ベッドメリーの支柱

症状:二つの部品を組み合わせたもので、つなぎ合わせる突起部が折れてしまいました。
治療:
 
プラスチックの破断面の中央部の肉厚部分に直径1.5mm、深さ35mmの穴を貫通させて、直径1.2mmの針金を芯に入れて、破断面全体を瞬間接着剤で接着しました。
 着脱可能なままです。
 支柱もお見事です!
 まさか芯を入れていただけるとは・・・。
 自分で治してしまわないで本当によかったです。
 
2420
2419
島根

入院:
09.11.30
退院:
09.12.01
サクラビスク
(2体)

症状:目の開閉があまりうまくできません。小さい人形は寝かせたときゆすると目をつむってくれる感じです。大きい人形は目がとれてしまったので袋にいれてあります。
治療:
 
サクラビスクは目玉回転の軸受けが粘土のピボットですから、経年変化で、間隔が狂って、回転が円滑に出来なくなります。
 片方は、重りの位置が悪かったので、修正しました。
 もう片方は、外れていた目玉を元に戻して、軸受けにプラスチックフィルム(厚さ=0.2mm)を入れてみました。

 どちらも、長持ちしそうにありません。
 サクラビスクちゃんですが、妹のほうは目の開閉がよりスムーズに改善していました。
 自分でいじるのは全く仕組みが分からず不安でしたので お願いしてよかったです。
 つい寝かせたり起こしたりして遊んでしまいますが、あまりいじらないで飾っておくか箱に寝かせておくのがいいでしょうね。

 姉のほうは 目がアレアレと思ったらまた下に落ちてしまいました。
 もうお年で長旅は無理だったのかもしれません。
 本体の目を留める突起?が経年の劣化しているという意味でしょうか。
 目のほうを厚みを少し足して留まりやすくされたということでしょうか。
 今日はピンセットで目を取り出して日を改めてはめてみようかと思っています。
 いずれにしてもあまり動かさないほうがいいですね。
2418
2417
2416
島根

入院:
09.11.30
退院:
09.12.01
キューピー人形(3体)

症状:足は一体で手がはずれています。
治療:
 
身長が12.5cmの小さい人形なので、輪ゴムに針金(長さ=1cm)をストッパーにして固定しました。
 こんにちは。先ほど帰ってきました。
 たくさんお願いしましたが とても速くて驚いています。
 大変お世話になりました。

 小さい3体も完璧に治って本当に良かったです。。

 ご丁寧な写真入りのカルテもありがとうございました。
 日ごろから簡単な修理は自分で出来たらと思っていますので、カルテ、ホームページ参考にさせていただきます。
 どうもありがとうございました。

 どうぞお元気で これからもご活躍をお祈りしています。
 またお世話になることがございましたらよろしくお願いします。
 どうもありがとうございました。
2415 島根

入院:
09.11.30
退院:
09.12.01
キューピー人形

症状:片手がないのは仕方がないのですが、手、足がばらばらです。
治療:
 
一緒に送っていただいた、一番細いゴムを輪にして、楊枝(長さ=
1.5cm)をストッパーにして、固定しました。
 セルロイド人形ですが、 ストッパーをつけるのか、なるほどと思いました。中にゴムを通すことが技術ですね。
 あんなにバラバラだった大きい方が治ったことが一番うれしく、ぜひ着物を作って手をカバーしたいと思っています。
2414 埼玉

入院:
09.11.29
退院:
09.12.04


症状:25年間かわいがっている熊ですが、生地が弱くなり穴もあいてしまっています。特に首のところがひどく、首が取れないか心配です。鼻も取れそうです。
治療:
1.丹念な補修跡を解く
2.中綿を抜いて、解く
3.洗濯して、アイロンを掛ける
4.新しい生地に写して裁断
 送っていただいた生地は、面積が不足し、再度調達して頂いた生地は、毛足が長すぎて、結局、当院で購入した。(茶色が薄すぎたが、在庫がなく、妥協せざるを得なかった。)
5.縫製
 手縫いで下縫いして、ミシンで本縫いしました。
6.中綿
 ウレタン混じりで劣化していたので、新しい手芸綿と交換しました。(250g)
7.目玉の固定
 目玉と顎の間を糸で結びました。
8.口糸
 茶色の刺繍糸で、写真を参考に作りました。
 体調が悪く、コメントが遅くなりました。
 宅急便が届き喜んで箱をあけましたが、最初は、正直言って「えっ」という感じでした。
 丁寧な治療をして下さり、首もしっかりし、感謝しましたが、色が白くなり、ふっくらしてしまい、だいぶ変わってました。
 でも、目と鼻が同じでしたので、治療前と同じ顔立ちでした。
 生まれ変わったと思って、かわいがります
2413 兵庫

入院:
09.11.29
退院:
09.11.29
ホワイトミッキー

症状:スイッチ(左手を握ると音楽とともにダンスします)を押しても動かず、電池を入れ替えても動かなくなってしまっていました。
治療:
1.電極のサビ
 単3電池3本の内の1本のプラス端子が少しサビていました。
 ⇒電動の爪磨きで研磨しました。
2.電池の混用
 容量は十分でしたが、2種類のアルカリ電池が混用されていました。
 このメーカーの混用や、交換時期の混用が液漏れの原因になります。
 同じメーカーの同種の電池を同時に交換するようにしてください。
 昨日、おもちゃたちが無事に到着いたしました。
 どうもありがとうございました。
 子ども達も大変喜んでおりました。
 また何かありましたら、よろしくお願い致します。
2412 兵庫

入院:
09.11.29
退院:
09.11.29
ベッドメリー

症状:電池を入れっぱなしで保管していたため、電池が液漏れしてしまっていました・・・。
治療:
 
入院時も液漏れした電池が入りっ放しで、電極の腐食が進行中でした。
 ⇒電極を水洗いして、電動の爪磨きで研磨しました。
 電極のバネ強度は、十分と判断しましたが、この後、腐食が進行するかもしれません。
 サビたら、紙ヤスリで磨き、バネが弱くなったら、入院してください。
(同 上)
2411 岩手

入院:
09.11.27
退院:
09.11.27
ミニカー

症状:フロントガラスの部分が割れてしまいました。また、右ドアの白い三角形の部分が外れかけており、左ドアもがたついています。
治療:
1.フロントガラス
 2枚に割れた部分は、破断面の3個所に瞬間接着剤を付けて接着しました。
2.飾りの3角形
 固定用のプラスチックのホックが外れていましたので入れ直しました。
3.左ドアーの「がたつき」
 蝶番が甘くなって、抵抗感がなくなっていました。
 ⇒蝶番の軸に直径1.2mmの穴を開けて、リン青銅のワッシャーを1.2mmネジで固定して、ドアー部に抵抗感を与えました。
 本日、ミニカーが届きました。今回も迅速に修理していただき、ありがとうございます。
 いちばん気になっていた、割れたフロントガラス部分をはじめとして他の部分もきれいに直していただき、大変嬉しく思っております。
 フロントガラスの接着面を息子に見せ、完全には元どおりにならないことを伝えながら、これから丁寧に扱うことを約束しました。

 今回も大変お世話になりました。
 また何かありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
2410 神奈川

入院:
09.11.27
退院:
09.11.27
アイスクリーム
販売車

症状:正常な動作は、ミステリー走行、荷台にあるアイスクリームが上下、オルゴールによる音楽が奏でられる(?---未確認)らしいですが、新品の電池を入れても反応しません。なお、フロントガラスも欠損していますが、こちらは自作で対応しようと 思っております。
治療:
1.モーター
 直接、電池を繋いでも回転しませんでした。
 分解したら、ブラシに古いグリスがこびり付いて通電を妨げていました。
 ⇒清掃して、新しいグリスを塗布しました。
2.ピニオンギヤー
 モーター軸と次の減速用歯車(いずれも歯数=10)の2個の歯車が割れて、空回りしていました。
 ⇒手持ちのピニオンギヤーと交換しました。
3.「がらんがらん」?楽器
 赤ちゃんが手で振って「がらんがらん」と音を出すおもちゃがありますが、それと似た楽器を左右に揺らす機構のバネが弱くなっていたので、伸ばして強化しました。(オルゴールではありませんでした)
4.注油
 回転部、スライド部にグリスとCRCを塗布しました。
 週末不在だったため、本日受け取りました。
 早速開梱し、まずは丁寧なカルテに驚き!!長様にお願いして本当に良かったです。
 どうもありがとうございました。

 そしてスイッチを入れ、初めて見る動きの素晴らしさ!
 ICチップなどのコンピュータは組み込まれていないのに、こんなにユニークな動きをするなんて、、あらためて日本の玩具技術の高さや当時の職人たちの意気込みを感じた次第です。

 またお世話になることがあれば是非よろしくお願いいたします。
2409 福岡

入院:
09.11.26
退院:
09.11.27
なかよし
しげっち

症状:声はするしボタンを押すと喋るが全くといっていいほど動かない。
治療:
 
毛皮を脱がせて、本体を分解したら、モーターからベルトで駆動されている歯車(ピニオンギヤー、歯数=10)が割れて、次の歯車が乗り上げて回転を阻止していました。
 ⇒手持ちの歯車と交換しました。
 元気になって帰ってきたしげっちを見て息子はとても喜んでいました。
 おもちゃは壊れたら諦めるしかないと思っていたので、今回、先生に修理していただいて、私自身も、息子にとっても、良い経験になりました。
 息子ともども、おもちゃを大切に使っていきたいと思います。
 本当にありがとうございました。
2408 兵庫

入院:
09.11.26
退院:
09.11.26
ぽぽちゃん

症状:左目の調子が悪く、まばたきができなくなってしまいました。
治療:
 
顔の表から、目玉を押し出して分解したら、回転軸の片方が折れていました。
 ⇒直径1.2mmの針金を回転軸にして、改造しました。
 今、ポポちゃんが帰宅いたしました。
 このたびは大変ありがとうございました。
 娘もとても喜んでおります。
 まずはお礼まで。
2407 東京

入院:
09.11.26
退院:
09.11.27
プンダ

症状:だいぶ古く、修理・・・といっても限界があるのではと思うのですが、写真添付しておきましたので可能かどうか見ていただけますでしょうか?
治療:
 
毛皮の生地は「はげはげ」ですが、地の布は「まあまあ」の強度だと判断して、「破れの補修」と弱くなって補修されている「縫い目の再縫製」で治療することにしました。
1.中綿を出して洗濯
2.破れの補修
 足の裏の2個所を、補修クロスで補修しました。(ガーゼ地をアイロンで接着)
3.縫い目の再縫製
 ほぼ、全ての縫い目の上から、再縫製しました。
4.中綿
 元々の綿は、重くて、灰色で、何とも言えない綿だった(580g)ので、新しい手芸綿に交換しました。(約300g)
 
2406 神奈川

入院:
09.11.25
退院:
09.11.26
ぽぽちゃん

症状:右目だけでなく左目の動きも悪いのに気がつきました。それと、右腕も以前調子がわるく、そのときは、ゆっつくりと上から曲がったワイヤーを伸ばしてみたのですが、よろしければ、両腕の補強も一緒のお願い出来ればと思います。
治療:
1.両目玉
 顔の表側から、目玉を押し出して分解したら、プラスチックの回転軸の片方が折れていました。)
 ⇒直径1.2mmの針金を貫通させて回転軸としました。
2.骨格
 右手が縮こまっていました。
 ⇒伸ばしました。
 本日無事に我が家のぽぽちゃんが帰宅出来ました事を感謝しております。
 前よりも美人ちゃんになって帰ってきた!と娘も喜んでおります。
 迅速に治療して下さり心より御礼申し上げます。
 先生のような素晴らしい方がいらしてくださった事を感謝しております。
 また、機会がありましたら宜しくお願い致します。
2405 東京

入院:
09.11.24
退院:
09.11.25
ねこ

症状:破れたら縫って、洗ってを繰り返してたのですが、最近破れた部分を治せないでいます・・・。
@腕・首他数箇所が破けている。
A綿が減って痩せてしまっています。
B生地もだいぶ薄くなってしまい洗濯をしてもきれいにならないです…。

治療:
1.首を外して、中綿を抜く
2.洗濯する
 固形石鹸と、洗濯機用洗剤で洗いました。
3.補修跡を解きました
 長年の丹念な表からの「縫い目の解れ」の補修跡を解きました。
4.「生地の破れ」を補修
 6個所の「破れ」を、糸で縫い縮めて補修クロスでガーゼ地を裏からアイロンの熱で接着しました。
 特に、両腕の取り付け口は傷んでいたので、一周にわたり、ガーゼ地を接着・補強しました。
5.「解れ」の再縫製
 両腕の取付は手縫いで、他はミシンで再縫製しました。
6.目玉の固定
 目玉は、周りの生地と糸で固定されていましたが、「飛び出し気味」でしたので、タコ糸で縛って、顎の下にくくりつけました。
7.中綿
 ウレタンフォームが混入されて、劣化・変色・粉末化していたので、新しい手芸綿(約400g)と交換しました。
 この度はありがとうございました!!
 また、一緒に寝れるので嬉しいです。
 これからも大切にしていきます!
2404 神奈川

入院:
09.11.24
退院:
09.11.24
Perfect Petzzz

症状:乾電池を入れたまま長期放置したため、乾電池がとけ、電池の接続部分の金属バネも錆びて砕けてしまいました。
治療:
 
マイナス端子のスプリングと取付板が錆びて腐食していました。
 ⇒手持ちの鉄板を加工して取付板を交換しました。
 スプリングは、100円ショップで単1電池用の懐中電灯を2個購入して、スプリングを移植しました。
 スプリングが強すぎたので、先端を切断して加工しました。
 結果、動作電流も約10mAでOKです。
 本日、犬が戻ってまいりました!
 ありがとうございます。
 早速娘は電池を入れて、すやすやと寝息をたてる犬を眺めておりました。
 忙しさからなかなか傷んだおもちゃにまで目を向けることはありませんでしたが、愛着ある1つを大事にすることは、大切なことであると思いました。
 またそれを助けてくださる、長様に感謝です。
 ありがとうございました。
2403 福岡

入院:
09.11.21
退院:
09.11.22
ぽぽちゃん

症状:右目(向かって左の目)の眼球の主軸?が折れているのか外れているのかで、目が開いたり閉じたりが、上手くできません。
治療:
1.骨折
 両足が大腿部で骨折していました。
 ⇒手持ちのデザインカラーワーヤー「自遊自在(直径6mm)」と交換しました。
2.右目
 顔の表面から、目玉を押し出して分解したら、回転軸の片方が折れていました。
 ⇒回転軸を直径1.2mmの針金で代用させて、組立ました。
 お返事遅くなってすみません。
 今朝無事、ぽぽちゃん戻って来ました。
 ありがとうございました。
 足も骨折してたとは驚きでした・・・・
 まずはお礼まで。
2402 静岡

入院:
09.11.21
退院:
09.11.22
ボクシング

症状:ドイツ製のボクシングのおもちゃですが、黒人選手の右腕が欠損しています。リングのコーナーポストも破損しています。これより一回り大きい中国製のレプリカから、代替用のパーツをはずしました。(少し大きさのバランスは悪いのですが)取り付けていただく事は出来ますでしょうか?
治療:
1.右腕
 リングから外して、体を2分して、新しい腕を入れてハトメの裾を広げてこていしました。
2.コーナーポスト
 同梱されていた新しいポストは大きすぎて不似合いなので、一本残っていたポストに合せて、同梱の針金を加工して3本を作り、エポキシ接着剤で固定しました。
 今日品物が無事にとどきました。
 今回も完璧に修復いただき本当にありがとうございました。
 同梱した代替用のパーツが大きく気になっていたのですが、ジャストフィットの大きさで加工していただき感謝感謝です。
 このおもちゃを作った昭和20年頃のドイツのおもちゃ職人もきっと喜んでくれていると思います。
 ありがとうございました!
2401 北海道

入院:
09.11.20
退院:
09.11.22
Perfect Petzzz

症状:11月17日に電池が切れたので新しい電池に取替えました。その後、数時間は正常に動いていたのですが、気がついたら止まっていたので電池部分を開けました。電池を取り出したら、電池を入れるマイナス部分のグルグルしたバネのような金具の1つが、黒くこげて溶けた状態になっていました。(グルグルの形が溶けて1つになっています)そして、同じ場所にサビのような茶色い粉末が辺りに付着していました。
治療:
 こうなった理由が良く分かりません。電池のスプリングが溶けたのは、接しているプラスチック板が無傷であることから、発熱ではなく、液漏れによる腐食のようです。
 それでも、単1電池2個を並列で使用しているので、モーターが止まった理由が分かりません。
1.電池のマイナス端子の補修
 手持ちの電池ボックスから、スプリングを移植しました。
2.モーター
 ブラシ間の導通を調べたら、11.1Ωから4.9Ωと不安定でした。
 分解し難いモーターでしたが、側板の穴にタッピンを立てて、それを引っ張って開封しました。
 3極モーターの整流子セグメント間の抵抗は、11.1Ω、7.9Ω、2.4Ωとまちまちでした。
 ⇒セグメントの間隙に埋まった物質を除去したら、36.6Ω均一になりました。動作電流は10mAとなりました。
3.電池
 使用されている電池は、「この現象を起こした電池」で、原因が不明で、2個はアンバランスになっていますので、この際、新品のアルカリ電池2本と交換してください。
 この度は、大変お世話になりました。
 無事に到着し、いつものように寝息を立てて眠っています。
 その姿を見て母も大変、喜んでおります。
 本当にありがとうございました。