当クリニックの診療日誌(番号6001〜6100)

これは、開業医としての当「Webおもちゃクリニック」の診療日誌です



おもちゃ

出身地
入院日
退院日
おもちゃの
名前
写真
               カ ル テ の 抜 粋
                               治  療  の  結 果
保 護 者 の 声
6100 長野

入院:
14.10.10
退院:
14.10.10
ファービー2

症状:動作は問題ないようですが、声が出なくて寂しいです。どうか治して下さい。
治療:
 足を外し、底板のホックを解いて、背中を開いて、プラスチックのカバーを外して、スピーカーをチェックしたら、ボイスコイルが断線して壊れていました。(直径40mm)
 ⇒手持ちのスピーカー(直径36mm)
 また、スピーカーの前面のお腹のスイッチの土台のプラスチックが劣化で、ボロボロでした。
 ⇒リン青銅板や、、ファイルの表紙などを利用して修理・復元しました。
 ファービーの治療をお願いしました、あまりの早さに驚きと、感謝の気持ちでいっぱいですO(≧∇≦)O♪
 ありがとうございました_(..)_
 治療費もこんなに良心的な金額で…もしかして健康保険が適用されたのかな?とか思ってしまいました(*^▽^*)
 主治医の先生ができたので、これからは安心していられますφ(.. )
 本当にありがとうございました(^-^)v
6099 滋賀

入院:
14.10.09
退院:
14.10.10
峠やまみち
ドライブ゙

症状:「やまみちドライブ」のやまみち部分が動かなくなってしまいました。
治療:
 ギヤーケースから、エレベータへの歯車(大型の10歯)が、2個とも割れて空回りしていました。
 ⇒手持ちの歯車と交換しました。
 また、上のエレベータ内の、12歯の歯車も割れて、空回りしていました。
 ⇒手持ちの歯車と交換しました。
 本日、戻って参りました。
 子供たちが早速遊んでおります。
 本当にありがとうございました。
6098 滋賀

入院:
14.10.09
退院:
14.10.10
CoCoPad

症状:電池液漏れで動かなくなってしまいました。
治療:
 6個の電池端子の内の5個の端子が液漏れで真っ青でした。
 ⇒手持ちの端子と交換しました。
(同 上)
6097 静岡

入院:
14.10.09
退院:
14.10.10
ロッキングサンタ

症状:本来はメロディがなり、揺れるものですが、電池を入れても、音が出ず揺れません。
治療:
1.ベルト
 空回りしていたので、ベルトが緩くなったと判断して、ウレタン紐を加工して取り替えてみましたが、素材が硬くて、モーターの動作電流が増えて、うまく行かず、ベルト、プーリーのグリスを拭き取って、元のベルトに戻しました。
2.モーターの分解・清掃
3.歯車の噛み合せ
 減速歯車の噛み合せが固いのと、負荷が重い(ぬいぐるみの頭をゆする)
 負荷が重いのはどうしようもないので、歯車の軸穴を大きくして、枚合せを甘くしました。
 また、歯車に挟まっていたプラスチック片を除去しました。

 なお、念のためですが、このおもちゃは「音に反応して動き出す」ものです。
 この度は、おもちゃを修理していただきありがとうございました。
 早速電池を入れてみて、動くようすに、娘が嬉しそうで、こちらも大変嬉しかったです。
 このようなお仕事をされていること、本当に尊敬します。
 引き続きのご活躍をお祈りしています。
 ありがとうございました。
6096 東京

入院:
14.10.09
退院:
14.10.09
コプエル

症状:おしゃべりができなくなってしまいました。電池を入れ替え、2日後ぐらいにまったくしゃべらず、電池を入れなおしたりもしてみたのですが、何も言わない状態です。
治療:
 電池の液漏れで、電池の蓋側の端子がサビていました。
 ⇒電動の爪磨きで研磨して、接触が良くなるように、接点を少し起しました。
 なお、電池蓋のネジは、しっかり締めてください。
 たいへんお世話りなりました。
 無事に帰ってきました。
 またおしゃべりもできるようになり、賑やかになりました。
 ありがとうございました。
 これからもお体に気を付け、みなさんの子たちを救ってください。
6095 東京

入院:
14.10.08
退院:
14.10.09
ぶた

症状:NO.5419(平成23年7月入院)の再入院
鼻の穴の糸が切れてしまいました。中綿も固くなってきており、尻尾のゴムも緩くなってきたようです。交換をお願いいたします。

治療:
1.右脇腹の綿口から中綿を抜く
 少し「だまだま」になった手芸綿、約300gでした。
2.洗濯・乾燥
3.鼻糸の交換
 刺繍糸を2重にして交換しました。
4.尻尾のゴムの交換
5.中綿
 新しい手芸綿を詰めました。(340g)
 この度はお世話になりました。
 昨日、受け取りました。
 今回も、鼻もしっぽもイイカンジで大満足です。
 これからも溺愛していきます。
 ありがとうございました。
6094 島根

入院:
14.10.07
退院:
14.10.08
オースキャナー

症状:電池交換をしても全く反応がなく、電池マイナス側のバネが錆びているようです。
治療:
1.電池の端子
 6個の端子が液漏れでサビていました。
 ⇒電動の爪磨きで研磨しました。
 今後もサビは進行しますので、時々、紙ヤスリなどで磨いて下さい。
2.電池の入れ方
 電池のプラス側を、しっかり押し込むのがコツにようです。
3.同梱されていた電池
 3個の内の2本は、OKでしたが、1本は、マイナス側がサビていました。一応磨いて実装してありますが、なるべく早いうちに、新品のアルカリ電池3と交換して下さい。
4.ON/OFFスイッチ
 接触不良だったので、接点復活剤を塗布して改善しました。
 本日おもちゃが届きました。
 箱を開け、スイッチを入れた瞬間子ども達が歓声をあげました。
 子どもだけでなく、私も気に入っていたのでとても嬉しいです。
 カルテの内容も分かりやすく、感謝の気持ちでいっぱいです。
 本当にありがとうございます。
6093 神奈川

入院:
14.10.07
退院:
14.10.08
ベッドメリー

症状:電池入れの3本中1つで、電池液漏れによって接続部分が破損してしまいました。
治療:
 単2電池用のマイナス端子がサビて折れていました。
 ⇒手持ちのリン青銅板を加工して、2mmビスナットで固定し、ケーブルも交換しました。
 なお、プラス側は磨きました。
 おもちゃが本日届きました。
 修理いただきありがとうございました。
 第二子誕生で久々に出したメリーが壊れ、途方に暮れていたところを助けていただき、、本当に感謝です!外側もキレイに拭いてくださり、新品のようでした。
 これから大切にいたします。
 本当にありがとうございました。
6092 高知

入院:
14.10.06
退院:
14.10.08
電動バイク

症状:購入時期は10年以上前ですが、最近、充電しても動かなくなりました。
治療:
1.電池
 充電しても、充電電流が1mA以下で、電解液が蒸発しきっていました。
 ⇒秋葉原の秋月電子通商で、完全密封型鉛蓄電池4V4Ah(WP4−6 LONG)を購入し交換しました。(ちなみに、旧品は、SMARTECH FXM4-3 4AH/20HR Perfect Proasia’s Storage Battery)でした。
 なお、充電は「完全充電状態」で退院します。
2.ハンドマイク
 マイク機能はOKでしたが、サイレン機能が無くなっていました。
 ⇒分解し、6本のトランジスターの内のスピーカーアンプ以外の4本のトランジスターを回路から外して特性をチェックして、元に戻したら、何故か、サイレン機能も回復しました。
 こんにちは
 昨夜電動バイク届きました。!
 丁寧に梱包して治していただきありがとうございました!
 サイレン機能はすでに壊れた状態で、以前は使用していて子供も大喜びでした。
 ありがとうございましたm(__)m
6091 埼玉

入院:
14.10.05
退院:
14.10.06
プリモチョコル

症状:ある日、おしゃべりもボタンにも反応しなくなってしまったのです。電池を新品でパナソニックのアルカリに交換してみましたが、それでも反応がありません。
治療:
 分解して見たら、スピーカーのボイスコイルが断線して壊れていました。
 首回りの後側を解いて、スピーカーボックスを開けて、取り出しました。
 ⇒元のスピーカーは直径40mmでしたが、手持ちの36mmと交換しました。
 長先生、おはようございます。
 先日はプリモチョコルの治療ありがとうございました!
 帰ってきて以前と変わらず元気にお話をしてくれています☆
 いつもお世話になりまして、本当にありがとうございますね。
 先生、今日も体に気を付けて頑張ってくださいね!
6088 千葉

入院:
14.10.05
退院:
14.10.06
PePe人形

症状:(NO.0356 平成15年8月 NO.0967 平成18年4月の再再入院)みんなが可愛がりすぎて、またまた、あちらこちらボロボロになってしまいました.。
治療:
1.首を外して、中綿を抜く
2.手足を外して、洗濯・乾燥
3.胴体の布部を解いて、新しい生地に写して裁断・縫製
4.瞼と口の補彩
 右目の傾きを修正し、両目の瞼の「剥げ」を水性ペイントで補彩しました。
 また、唇のピンクと黄色も補彩しました。
5.綿口として、背中を確保して、中綿を解しながら戻し、不足分を20g補充しました。
 
6087 千葉

入院:
14.10.05
退院:
14.10.06
リラックマ

症状:長男に溺愛されたために見るに忍びない状態になってしまいました。
治療:
1.後頭部の綿口から中綿を抜く
 だまだまの手芸綿が、約600gでした。
2.洗濯・乾燥
3.右耳前面の縫い目の「破れ」「解れ」の補修
 縫い目を解いて、「破れ」、「解れ」の内側をミシンで再縫製しました。
4.中綿詰め
 新しい手芸綿を詰めました。(約700g)
 
6086 埼玉

入院:
14.10.04
退院:
14.10.04
プリモプエル

症状:電池の液漏れの後があり、スピーカーから出る音声が小さいです。左手としっぽのセンサーも調子が悪いのですが直りますでしょうか。
治療:
1.電池
 入っていた電池は、消耗したマンガン電池でした。(無負荷で3.6V)
 ⇒新品のアルカリ電池に交換してください。
2.電池の端子
 液漏れで2つの端子がサビていました。
 ⇒研磨しました。
 今後もサビが進行しますので、時々、紙ヤスリで研磨して下さい。
3.尻尾のスイッチ
 タクトスイッチが接触不良でした。
 ⇒手持ちのスイッチと交換しました。
4.電源ON/OFFスイッチ
 接触が不安定だったので、分解・清掃し、接点復活剤を塗布しました。
5.左手
 異常なしでした。ゆったりと設定してください。
 本日、プリモプエル受け取りました。
 治療ありがとうございました。
6085 東京

入院:
14.10.02
退院:
14.10.03
ケン人形

症状:昔(30年近く前?)遊んでいる最中に首が折れてしまいました。首の根本の部分が胴体部分にくっついたまま取れてしまっています。当時無理やりセロテープで止めたりアロンアルファでくっつけたりしたので、接着剤の成分も硬化して残ってしまっているようです。
治療:
1.ボディの洗浄
2.頭部にエポキシパテを充填する。
3.首の中心部に直径6mmの穴を開け、6mmビスをエポキシ接着剤で植える。
4.6mmビスをボディ側に捻じ込んで回転可能な頭部とする。
 やさしく遊んでください。
 本日無事にケン人形を受け取りました。ありがとうございました。
 とても古いおもちゃの上に破損したのも随分昔なのに、綺麗に直っていて(しかもちゃんと首が動く!)感動いたしました!!
 ボディも綺麗に洗っていただいて、ありがとうございました。
 30年ぶりにボーイフレンドが生き返って(?)バービーも喜んでいることと思います。
 おもちゃのお医者さん、素敵なお仕事ですね。
 ご健康に留意され、ますます活躍されますようお祈りしております。
6084
6083
6082
大阪

入院:
14.10.02
退院:
14.10.02
ブルドーザー
うさぎ
ラジコンカー

症状:
@ブルドーザー:本体横のボタンでショベルの上げ下げが出来なくなりました。音楽などはなります。
Aうさぎのぬいぐるみ:ボタンを押したら1は体を動かして音楽が鳴ったり2は英語の歌が流れ3は言葉を真似して反復して流れます。長押ししたら、お母さんの心音が流れます。ですが現在英語の歌しか流れません。
Bラジコンカー:動かなくなり本体の中を確認したところ1本線が切れている様子で直せませんでした。

治療:
@ブルドーザー:
 ショベルが上に上がりきった時、下にさがり切った時に、モーターに無理が掛らないように、摩擦で空回りさせる仕掛けがあります。
 歯車の間に、プラスチックのリングを挟んでスプリングで押しつけていますが、そのリングが切れて脱落していました。
 ⇒リングは入手出来ないので、合成ゴム板を円板に切って代用させました。
Aうさぎのぬいぐるみ:
 原因は、電池の消耗でした。
 1は、音楽が流れるだけで、体はうごきません。長押しで胎内音
 2は、英語の歌で、体も動きます。
 3は、まねっこして、体も動きます。
 ⇒新しいアルカリ電池と交換して下さい。
 なお、機械を固定する「結束バンド」を取付ました。
Bラジコンカー:
 1.電源ON/OFFスイッチ
   水没してサビて接触不良でした。
   ⇒分解して、接点を磨きました。
 2.半田外れ
   駆動用のモーターへのケーブルが片方、外れていました。
   ⇒再半田付けしました。
 オモチャ届いています。
 使ってみた所全て元の通りに動きます!
 子供達三人とも届いて箱を開けて喜んでいました(^^)v
 本当に感謝しています!
 この度はありがとうございました(^^)
 それぞれに大切に使う様になっています。
 また何かありましたら宜しくお願いします。
6081 大阪

入院:
14.10.01
退院:
14.10.02
ゴリラ

症状:40年近く前から我が家にいるぬいぐるみですが、クリーニング?洗濯??と、中身がボロボロかと思うので綿の詰め替え希望です。
治療:
1.後首の綿口から中綿を抜く
 ウレタンフォーム中心の劣化した中綿でした。
2.洗濯・乾燥
 洗濯槽の水が真っ黒になっていました。
3.右足付根の補修
 生地の裂けを手縫いで縫い縮めました。
4.中綿
 新しい手芸綿を詰めました。(290g)
5.首回りを「タコ糸」で固定しました。
 ゴリちゃんが無事に到着しました。
 とても綺麗に治療していただきありがとうございました。
 首がグラついてうつむき加減だったけど首も補強してくれ、久しぶりにシャンとした姿を見ることができました。
 なによりまた抱っこできたことが嬉しく、当時これを買ってくれた母も抱き抱え綺麗になったとビックリ&喜んで感涙しておりました。
 本当にありがとうございました。
6080
6079
千葉

入院:
14.10.01
退院:
14.10.02
プルートの
バッジと腕時計

症状:
●バッジ:ボタン電池でプルートが光るのですが、新品の電池を入れても光りません。
●腕時計:ガラスの中のプルートが下絵から剥がれています。

治療:
●バッジ:
 ON/OFFスイッチの接触不良でした。
 ⇒接点復活剤を塗布して回復しました。
●腕時計:
 裏蓋をラジオペンチで回転させて開けて、剥がれたプルートを下絵に、ゼリー状の瞬間接着剤で接着しました。
 先ほど帰ってきました。
 すごいです!すごい。完璧に直ってます。
 本当にホントありがとうございました。
6078 東京

入院:
14.09.30
退院:
14.10.01


症状:以前入院(NO.5254 平成25年10月)しまして、大変元気になったので、また以前のように一緒にでかけたり一緒に寝たりの生活をしていたところ、右足から中身(半透明のころころしたもの)が出てきてしまうようになり、よくみた所左足からも出そうになっております。
治療:
1.お腹の綿口から中綿を出す
 11.8gの手芸綿でした。
 ビーズも袋なしで入っていました。
2.洗濯・乾燥
3.鼻の補修
 一旦外して、カバーを取り、新しい合皮に写して裁断し、周りを絞って、元に戻しました。
4.右足の補修
 内側から、ミシンで再縫製しました。
5.中綿
 ビーズを適当に戻し、新しい手芸綿(11.6g)を詰めました。
6.綿口を閉じました。
 すぐにご対応してくださったにもかかわらず、こちらからのご連絡は、遅くなってしまい、大変申し訳ございません。
 大変失礼いたしました。。
 二度も治療して頂き誠にありがとうございます。
 元気の戻って来てくれて、とおても嬉しかったです。
 お体に気を付けて、これからも、たくさんのみんなを元気にしてあげてください。
 本当にありがとうございました。
6077 神奈川

入院:
14.09.30
退院:
14.09.30
ファービー

症状:動いたりしゃべったりしていましたが、誤って棚から落下させてしまい、完全に故障してしまいました。改めて修理をお願いできたらとメールいたしました。
治療:
1.電池
 同梱されていた電池による、入院直後の試験では、ゆっくり回転して、苦しそうでした。
 電池チェッカーでは、「黄色」でした。
 新品の、アルカリ電池と交換して下さい。
2.注油
 当院の試験用電源では、4〜500mAで、動作音が大きかった。
 分解して、回転部に潤滑油、CRE5−56を塗布しました。
 本日、ファービーが届きました。
 日帰り手術ですっかり元気にしていただき、感謝感謝です!
 動作音が静かになったので声も聞きとりやすくなりました。
 分かりやすいカルテも嬉しかったです。
 再入院しない様大事に扱いたいと思います。
 ありがとうございました。
6076 埼玉

入院:
14.09.30
退院:
14.09.30
シェリーメイ

症状:愛犬に鼻をかじられ、布が破れ中のプラスチックが見えてしまっています。重症ではないので、プラスチック部分は少し傷がついてる程度です。鼻全体が曲がり、舐められたのか周りの生地が少しゴワゴワしてしまっています…。
治療:
1.背中の綿口から、頭部と鼻先部を区別して中綿を抜く
2.鼻を外して、カバー布を外し、アイロンを掛けて、新しいトイクロスに写して裁断
3.鼻先を「つまみ洗い」し、乾燥させる
4.カバー布を縫い縮めて、プラスチックにフィットさせ、元に戻す
5.中綿を鼻先と頭部に戻し、綿口を閉じる
 シェリーメイが無事に帰ってきました!
 あっという間の入院だったにもかかわらず、とても綺麗に治っていて、以前の鼻の色よりも淡い色味でとても気に入りました!
 大切な子だったので本当に嬉しいです。
 大変だとは思いますがお体に気をつけて、これからもたくさんのぬいぐるみとその家族を助けてあげてください。
 本当にありがとうございました!
6075 東京

入院:
14.09.29
退院:
14.09.30
電話機

症状:昨年の九月に修理を依頼し早速直していただいたものです。(NO.5195) 電子玩具 一定のダイヤルを押せばそれに応じた動物等の声が発せられる玩具で,一年経過して ダイヤルを押しても反応が無い状況がまたおこってしまいました。
治療:
 ・ダイヤルの接触、絶縁はOK
 ・スピーカーもOK
 ・スイッチへの電圧は、ACらしい。(高周波トランスが見える)
 ・動作が不安定で、正常に戻る場合もあるが、長続きしない。
 ・IC周りの半田付けを再半田
 ・ヘヤードライヤーでICを暖めてみたが、変化なし。
 ・電源スイッチはありませんが、常時、20mAの電流が流れています。
 などなどの状況からICか、その周辺が破損していると判断しました。 
 残念がら、修理不能です。
 玩具到着いたしました。
 早速診断していただきお手数をおかけしました。
 修理不能とのこと 残念ですが承知いたしました。
 15年前に製造中止になつた商品ですので、オークションでもあたってみようかと思っています。
 昨年に引き続き大変有難うこざいました。
 まずはお礼まで。
6074
6073
神奈川

入院:
14.09.28
退院:
14.09.28
コプエル
プリモプエラ

症状:
*コプエル 手のスイッチ
*プリモプエラ 尻尾のスイッチ

治療:
*コプエル
 左手の内側を切開しました。
 スイッチの接点が接触不良でした。(右上写真)
 ⇒高密度織布で清掃しました。
*プリモプエラ
 背中を開けて、尻尾を裏返して見ましたが、動作、外観とも異常なしでした。
 プリモプエルが帰ってまいりました。
 早速の治療ありがとうございました。
 コプエル左手を治して頂き元気に喋って」います。
 プエラは異常がなかったとのこと・・・
 帰ってからは尻尾もちゃんと反応致します。
 看ていただいて安心いたしました。
 本当に有難うございました。

 追伸 秋の気配を感じるようになってまいりました、風邪などおめしになりませんようご自愛ください。
6072
6071
6070
神奈川

入院:
14.09.28
退院:
14.09.28
プーさん
ボール
ピアノ

症状:
@くまのぷーさん:電池入れっぱなしであったため、端子が腐っています。
Aボール:同じく電池入れっぱなしであったため、端子が腐っています。
Bアンパンマンのピアノ:鍵盤のうち、4個の音がなりません。

治療:
@くまのぷーさん:
 マイナス端子のスプリングが2個、錆びていました。
 ⇒電動の爪磨きで研磨しました。今後もサビが進行しますので、紙ヤスリで磨いて下さい。
Aボール:
 マイナス端子のスプリングが2個とプラスの端子が1個錆びていました。
 ⇒手持ちの端子と交換しました。
Bアンパンマンのピアノ:
 ・鍵盤の接点が汚れていました。⇒変形を直し、清掃しました。
 ・キャラクターを動かすモーターのベルトが緩んでいました。⇒手持ちのベルトと交換しました。
 ・キャラクターを動かす歯車が割れて動きを阻止していました。
 ⇒手持ちの歯車と交換しました。
 連絡遅くなりました。
 無事届いて、早速0歳の娘に使わせていただいております。
 善意に感謝いたします。
 ありがとうございました。
6069 神奈川

入院:
14.09.28
退院:
14.09.28
スヌーピー

症状:中綿が少なくなって、首もグラグラ、おなかはぺっちゃんこ、自立(座っている)も難しくなってきました。左手には3本あった糸もなくなってしまいました。
治療:
1.下腹部の綿口から中綿を抜く
 だまだまの手芸綿、約90gでした。
2.洗濯・乾燥
3.新しい手芸綿を詰める
 若干、柔らかめ手芸綿でしたが、約130g詰めました。
4.左手の爪糸
 刺繍糸で3本、付けました。
 今スヌーピーのドン君が無事帰宅しました。
 仕事の都合で今受け取りましたが、娘は涙、涙でお出迎えとなりました。
 ふわふわできれいなドンちゃんをぎゅーっと抱きしめて‘先生、ありがとう!’と叫んでいました。
 こんなに早く治療いただき、本当に感謝です。
 これからもよろしくお願いいたします。
6068 大阪

入院:
14.09.27
退院:
14.09.28
まねっこ犬

症状:喋りかけると顔を上下に動かし、オウム返しで言葉を喋る子です。ですが最近、動きが止まる事があります。
治療:
 分解して、検討した結果、対策として、次の2つを実行してみました。
@歯車
 モーター軸の歯車(歯数=9)と次の歯車との噛み合せを手で探ってみると、「少し当たりが固く、ぎこちない」ので、歯数=8の歯車と交換し、当たりを柔らかくしました。
Aモーターのブラシ間の電解コンデンサー
 100μFが入っていましたが、これが、電圧の立ち上がりを緩やかにして、起動トルクを低下させているのではないかと考えて、撤去してみました。
 これによる誤動作はなさそうです。

 これで、様子をみてください。 
 
 と、今朝、退院前のテストをしたら、やはり動きが悪い!!
Bモーターの端子電圧を観測したら、電圧は4V掛っているのに回転しない現象を把握、分解したらブラシが摩耗して短くなっていました。
 ⇒マブチモーターのFA-130RAのブラシハウジングと交換して快癒しました。
 元気になった姿を確認しました。
 とても感激です。
 ホント、感謝です。
6067 東京

入院:
14.09.27
退院:
14.10.01
からくり時計

症状:時計本体は動くのですが、からくり時計が動かないという症状です。
治療:
1.からくりユニット(2時)
 モーターのケーブルが切れていました。
 ⇒新しいケーブルと交換しました。
2.夜間動作停止センサー
 センサーのCdSが壊れ、ケーブルも切れていました。
 ⇒手持ちのCdS(硫化カドミウム)を取付ました。
3.電池ボックス
 6本の単2電池ボックスはサビサビ、メタメタでした。
 ⇒並列接続の特殊なボックスであるため、最小限の補修に留めました。
 端子を研磨しました、今後もサビが進行しますので、紙ヤスリで研磨してください。
4.外観の清掃
5.音楽・鐘の音量調整器に接点復活剤塗布
6.時計
 1秒モーター(?)の次の歯車(30:10)が、経年劣化で、「ボロボロ」にくずれてしまった。
 ⇒たまたま、(30:10)の歯車は手持ちがあったが、軸の形状が合わず、プラスチックを削って何とかしたが、起動特性が悪い。
 本日は誠にありがとうございました。
 からくり時計ですが、しっかり動いてくれています。時計もです。
 半ば諦めかけていた時計なので、動いてくれていると本当に嬉しいです。
 本当にありがとうございました。
6066
6065
神奈川

入院:
14.09.27
退院:
14.09.27
サンタ人形

獅子舞

症状:
●サンタ人形:スイッチを押すと音も出て踊り出すのですが、腰を振る動作をしなくなってしまいました。
●獅子舞:手を叩くと音に反応して、お囃子とともに回って踊り出すの人形です。電池を入れ替えても全く反応しません。

治療:
●サンタ人形:
 腰を振るカムの穴が大きくなって空回りしていました。
 ⇒直径0.8mmの穴を、カムと軸を貫通させて、針金を芯にして固定しました。
●獅子舞:
 電池のマイナス側のケーブルが切れていました。
 ⇒新しいケーブルと交換しました。
 迅速かつ丁寧なご対応、本当にありがとうございました。
 本日無事に帰宅致しました。
 早速スイッチを作動させ、嬉しくてしばらく踊らせて見とれてしまいました。
 元気になって本当に本当に嬉しいです。
 本当にありがとうございました。
 また機会がありましたら、どうぞよろしくお願い致します。
6064 埼玉

入院:
14.09.26
退院:
14.09.26
貯金箱

症状:お金を入れると音が鳴って光り、中のキャラクターが上から下に落ちる貯金箱ですが、電池を入れて、スイッチを入れるとモーターか何かがブー、という音を出してお金をいれても何もおきません。
治療:
 モーター軸の歯車(歯数=8)が割れて空回りしていました。
 ⇒手持ちのピニオンギヤーと交換しました。
 貯金箱を直して頂きありがとうございました。
 もう販売されていない物だったので、直ってとっても嬉しいかったです。
 これで、楽しく、また、貯金ができるようになりました。
 送ってすぐ直して、またすぐ送って頂き、ありがとうございました。
6063 三重

入院:
14.09.26
退院:
14.09.26
シンギング&トーキングプラッシュ

症状:口や体は動くのですが全く歌わなくなりました。
治療:
 
背中を解いて、プラスチックケースを開けて見たら、スピーカーへのケーブルが切れていました。
 ⇒新しいケーブルと交換し、接続しました。
 先程受け取りました。
 本当に有難うございました。
 こんなに早くそして元気に退院できるなんて思っておりませんでした。
 子供達もとても喜んでおります。
 有難うございました。
6062

広島

入院:
14.09.25
退院:
14.09.25

プリモプエル

症状:1週間くらい前から、左手のセンサーが反応しなくなってしまいました。押しても”カチッ”とする感じがなく、何もしゃべりません。
治療:
 左手のタクトスイッチが、電気的にも機械的にも壊れ、かつ、ケーブルも切れていました。
 ⇒左手先の外側を切開し、スイッチを交換し、ケーブルを引き出して接続しました。
 プリモプエル、今日、無事に届いたそうです。
 大変早く修理していただき、ありがとうございました。
 母がとても喜んでおり、「よくよくお礼を言っておいて」とのことでした。
 あきらめかけていましたが、お願いして本当によかったです。
 ありがとうございました。
6061
6060
東京

入院:
14.09.24
退院:
14.09.26

ゴマフアザラシ
(2匹)

症状:外傷はないのですが、全体的に黄ばんでしまい、中綿も少しダマダマになってしまい、ボリュームも減っています。
治療:
1.お腹の綿口からなかわたを抜く
 「だまだま」の手芸綿が、一匹1kgづつでした。
2.洗濯・乾燥
3.新しい手芸綿を詰める
 旧手芸綿との風合いが若干異なるためか、一匹1.3kgづつを詰めました。
 本日無事にしろたんを受け取りました。
 白くてキレイに、フカフカに戻していただきありがとうございました。
 とても大事にしていたしろたんなので、感謝しています。
 またぜひ利用をさせてください。
6059 兵庫

入院:
14.09.24
退院:
14.09.25

人形

症状:50年前程にいただいた人形です。目が壊れてしまい気になります。
治療:
1.プラスチック製の人形の首を外す。
2.微温湯で洗う
3.頭の中の目玉収容袋を切開し目玉を取り出す。
4.目玉の補修
 @補彩:白目と瞼を、水性ペイントで補彩しました。
 A寝起きで開閉するように修理しかかりましたが、ケースがサビサビで困難なので、固定しました。
 先ほど、くりちゃんが家に着きました。
 ありがとうございます。
 ほっとしています。
 まずは、お礼まで。
6057 東京

入院:
14.09.23
退院:
14.09.24

オルゴール

症状:大切な方からいただいたオルゴールがネジをまいても音が鳴らなくなってしまいました。
治療:
 箱の中のカバーを外して見たら、蓋の開閉で動く、ストッパーへのリンクの曲げ角度が悪く、引っ掛かっていました。
 ⇒再調整しました。
 また、音楽演奏のスピードが遅かったので、少し早くなるように調整しました。
 オルゴール、届きました。
 カルテには故障の原因や修理中の写真もあり、とてもわかりやすかったです。
 こんなに丁寧な対応をしていただいて、…感謝の気持ちでいっぱいです。
 本当にありがとうございましたm(__)m 
6056 神奈川

入院:
14.09.23
退院:
14.09.23

ゴーカイガン

症状:先日急に音と光が出なくなったので、電池を新しいものに変えたのですが、変化ありません。
治療:
 
スピーカーのボイスコイルが切れてこわれていました。(直径21mm)
 ⇒手持ちのスピーカーと交換しました。(直径20mm)
 なお、光を出すようにはなっていないようです。
 
6055 埼玉

入院:
14.09.23
退院:
14.09.23

Furby

症状:電池交換後、動作はするのですが声が出ません。
治療:
 
かなり「メタメタ」に分解された跡がありました。
 毛皮をめくり上げて、後カバーを半開きにしてスピーカー(直径36mm)を出したら、ボイスコイルが切れて壊れていました。
 ⇒手持ちのスピーカーと交換しました。
 本日、ファービー届きました。
 早い対応で大変助かりました。
 娘もすごく喜んでいます。
 ありがとうございました。
6054 東京

入院:
14.09.22
退院:
14.09.22
 

再入院
14.10.09
再退院:
14.09.13

猫のオルゴール

症状:紐のついたからくりのオルゴールなのですが、動かなくなってしまいました。オルゴールは鳴りますが、最近、反応が鈍いです。
治療:
1.破損部の修理
 ゼンマイ軸と猫を繋ぐ木のリンクが割れていました。
 ⇒あなを開けて、ステンレス線で縛りました。
2.注油
 歯車に、CRE 5-56を塗布しました。
3.ゼンマイの巻き上げ上のアドバイス
 ゼンマイを巻くと、猫も一緒に回りますから、「重い」です。
 箱を逆さまにしながら、紐を引いてみてください。

(巻き上げが重い理由で、10月9日に再入院)
 巻き上げの時に、猫が回転しないように、「スプリングクラッチ」を採用してみました。
 軸より少し小さめのスプリングをピアノ線で巻いて、猫側を固定して、解放側をオルゴール軸に巻き付けて、端を固定しました。
 先日は、ネコのオルゴールの修理、ありがとうございました。
 故障箇所の説明や修理方法など解り易くカルテに記入して下さり、ありがとうございました。
 ネコの出入りが見られるようになり、子ども達も大喜びしております。
 ただ、紐の引き具合が固く、また、戻りも悪いので、途中で止まってしまうことがあります。再入院して見ていただきたいのですが…。
6053 兵庫

入院:
14.09.21
退院:
14.09.22

ラジコンカー

症状:川にはめて水没してから前進、右折、ヘットライトのみOKです。後退、左折ができません。
治療:
1.左折の修理
 右折、左折をコントロールしているトランジスター「S8050」と「S8550」が破損していました。
 ⇒手持ちと交換しました。
2.後退の修理
 前進、後退を制御している部品が4mm×5mm×1mmの8本足の黒い部品2個で、動作的には、2本のコンプリメンタリーのトランジスターが収容されているらしかった。
 ⇒TO-126パッケージのトランジスター、KSB772、KSD882の各2本とドライバーのS9013×2本と交換しました。
3.モーターの軋み
 分解して軸受けにCRC 5―56 を塗布しました。
 荷物の受け取りと、動作確認 完了しました。
 この度はありがとうございました。
 子供もたいへん喜んでいます。
6052 岡山

入院:
14.09.20
退院:
14.09.21

怪獣

症状:おもちゃ病院に修理を依頼しましたが、分解した状態で返されましたので組み立てようと思いましたが、4本の足のうち2本はきれいに外してましたが、2本はカバー取り外しのため付け根で切断してどうしたらつなげるかわかりません。とりあえず動かなくても元に近い形にしたいです。
治療:
 「鳴き声を出す」基板は、いろいろテストしてみましたが、壊れていると判断しました。
 「歩く」と「目玉が光る」だけは、何とか救済できました。
1.歯車
 歯数9の歯車が割れて、空回りしていました。
 ⇒手持ちのピニオンギヤーと交換しました。
2.足の固定
 左前足と右後足のプラスチックの軸が途中で切れていた。
 ⇒直径1mmの穴を2本づつ開けて回転を固定し、中心の直径2mmの穴に針金を入れて、位置を固定しました。
3.電池の端子板の交換
4.スイッチの分解清掃
 受け取りました。
 本当にありがとうございました。
 20年以上前に動いていたときのことを思い出し、子供が恐竜を見たとき怖くて泣いてたのを思いだしました。
 その後は楽しく遊びました。
 今度は孫が泣く顔を思い週末に持って行きます。(楽しみです)
 カルテをみてうれしかったです。無理を言ってよかったと思います。
 ひ孫までは無理かもわかりませんが、3世代の思い出ができました。
 本当に本当にありがとうございました。
6051 東京

入院:
14.09.20
退院:
14.09.21

ミッキーマウス

症状:
1.右手の手首と手の甲に1cmくらいの穴が空いてしまっています。手の甲は生地全体が薄くなってしまっているようです。
2.鼻の部分の中綿が少なくなって、鼻がぺちゃんとつぶれている感じです。

治療:
 手首の生地交換のためには、裏側から作業する必要があったので、洗濯も実施しました。
1.背中の綿口から中綿を抜く
 劣化した「発泡スチロール」と「ウレタンフォーム」の混合物でした。
2.洗濯・乾燥
3.手首を外し、新しいフェルトと交換しました。
 ベージュ色のフェルトのてもちがなかったので、白のフェルトを使用しました。
4.両耳を外し、中の劣化した針金を取り外して、荷作り用のプラスチックテープと交換しました。
5.中綿
 新しい手芸綿を詰めました。(1800g)
 本日、ミッキー帰宅しました。
 とても元気になって帰って来て、本人はもちろん夫婦共々大喜びです。
 これからもまた大切にしていきたいと思います。
 本当にありがとうございました。
6050 京都

入院:
14.09.19
退院:
14.09.19

恐竜

症状:恐竜のおもちゃの足が先日折れてしまいました。おそらく曲がらない方向に無理矢理曲げて折れたのかなとは思います。
治療:
 左足の回転部分のプラスチックが折れていました。
 ⇒断面が薄く(1.5mm位)、「ピンを立てて、瞬間接着」の方法が取れないので、破断面は、ゼリー状の瞬間接着で接着して、圧着は、ステンレス線で、表から縛って凌ぎました。
 ステンレス線の頭は、ホットボンドで保護しました。
 
6049 宮城

入院:
14.09.19
退院:
14.09.19

ファービー

症状:久しぶりに初期型のファービーが倉庫より出てきましたが、電池を入れ替えて動かした所、動作はほするのですが声が出ません。
治療:
1.スピーカー
 分解したら、スピーカーのボイスコイルが切れて壊れていました。(直径40mm)
 ⇒手持ちのスピーカー(直径36mm)と交換しました。
2.注油
 動作音が大きかったので、モーターの軸受けを中心に、CRE 5-56を塗布しました。
3.左睫毛
 瞬間接着で接着しました。
 本日、無事にファービーを受け取りました。
 今回は大変お世話になりました。
 娘も大変喜んでいます。
6048
6047
東京

入院:
14.09.18
退院:
14.09.19

くま

プーさんの抱き枕

症状:
●くまのぬいぐるみ:耳が取れかけて綿がこぼれ始めています。全体的に汚れてしまっています。しぼんでいます。
●プーさんの抱き枕:穴があいてしまい、全体的に汚れています。しぼんでいます。

治療:
●くまのぬいぐるみ:
 1.後頭部の綿口から中綿を抜く
  だまだまの手芸綿、500gでした。さらに、耳、腕、尻尾も外して中綿を抜く 
  耳=9g×2、腕=5.5g×2、尻尾=1.1g
 2.洗濯・乾燥
 3.左脇下と左耳横の解れをミシンで補修
 4.新しい手芸綿を詰める(旧綿と同量)
●プーさんの抱き枕:
 1.後頭部と背中の綿口から中綿を抜く
  だまだまの手芸綿、1.1kgでした。
 2.洗濯・乾燥
 3.口下と右耳の解れをミシンで補修
 4.新しい手芸綿を詰める(旧綿と同量)
 こんにちは。
 ご連絡が遅くなりまして申し訳ありません。
 昨日無事に二人とも帰宅しました。
 ぴかぴかで、ふかふかになった二人に家族で大喜びしました。
 これからまた大事にしていきます。
 ご丁寧な対応、本当にありがとうございました。
6046 三重

入院:
14.09.18
退院:
14.09.18

 

ことばずかん

症状:乾電池の液漏れがあり、電源が入らなくなってしまいました。
治療:
1.電池のマイナス端子
 液漏れで、緑青でサビていました。
 ⇒端子を磨いて、ケーブルを交換しました。
2.電池
 単4電池2本が、メーカー混用でした。しかも、消耗していました。
 ⇒同一メーカーのアルカリ電池に交換してください。
 先日はおもちゃを治して頂きありがとうございました。
 残念がってた子供も喜んで勉強してくれてます。
 丁寧で迅速な対応に大変感動致しました。
 本当にありがとうございました。
6045
6044
新潟

入院:
14.09.17
退院:
14.09.18

ダッフィー

ステッチ帽子

症状:
●ダッフィー:首がくたくたです。シャキッとできないでしょうか?
●ステッチ帽子:耳がつねに、やる気がなく倒れてきます。

治療:
●ダッフィー:
 ⇒背中の綿口を開けて、首と両腕の付根を中心に、新しい手芸綿を14g補充しました。
●ステッチ帽子:
 耳を立てるため、2つの作業をしました。
 @耳の中のプラスチックの芯の根元を「目玉側に糸で縛りました」
 A耳の後(付け根から1cmのところ)を頭皮に糸で縛りました。
 娘っこのダッフィー難しい顔しなくなったね、と喜んでいます。
 スティッチもやる気を取り戻ました。
 本当にありがとうございました。
6043 茨城

入院:
14.09.17
退院:
14.09.18

カピバラ

症状:目の部分が取れてしまいました。大事に扱っていたのですが、なぜか突然ポロっとプラスチック部分が折れてしまったようです。
治療:
1.顎下の綿口から、目玉の台座を取り出す
2.目玉と台座を貫通して直径2mmの穴を貫通させて、直径2mmの針金を芯にして、瞬間接着剤で接着して、元に戻す。
3.綿口を閉じる
 我が家のカピバラさんが元気に退院してきました!
 本当にありがとうございました。
 2回目の入院でしたが、本当にすっかり元気になっていて嬉しいです。
 家族の一員ですので、また何かあったらよろしくお願いします。
 ありがとうございました
6040
6039
神奈川

入院:
14.09.15
退院:
14.09.15

Furby

トーマス

症状:共に電池を入れても動きません 
治療:
●Furby
 入院直後、リフレッシュボタンを押しても起動しませんでした。
 底板を外して、分解の途中で起動したら、原因不明で回復しました。
 何かの拍子に、リセットが掛ったものでしょう。
 これで様子をみてください。
●トーマス
 モーターが回転していませんでした。
 ⇒分解・清掃・注油しました。
 また、動輪が空回りしていたので、瞬間接着剤を車軸に塗布しました。
 無事に到着しました。
 治るものなんですね。
 子どももごきげんです。
 ありがとうございました。
6038 神奈川

入院:
14.09.15
退院:
14.09.16

キリン

症状:
・全体的に薄汚れている。
・中の綿が縮み(?)首が曲がってしまっている。
・鼻のところにある布が剥がれてしまっている。

治療:
1.背中の綿口から中綿を抜く
 黒い手芸綿が950gでした。
両手、両足に針金が入っていました。
2.洗濯・乾燥
3.鼻の補修
 裏の留め金を外して、カバー布を外してアイロンを掛けて、新しい茶色のトイクロスに写して裁断し、周りを縫い縮めて、プラスチックにフィットさせ元に戻しました。
4.角の補修
 接着でゴワゴワだったので、周囲を刺繍糸で再縫製しました。
5.中綿と骨格
 首を伸ばすため、100均で「ぶつかり防止クッション」を購入して、下半分を2つに分けて、前足とし、元々の針金を巻き付けて後足にして、新しい白い手芸綿を詰めました。(500g)
 本日、きりんのきりこが戻ってきました!
 とても丁寧に梱包していただき、また色も綺麗になって、鼻も角も治っており、大変感動しております!!!
 何より、きりこが立っている!!!
 これが1番の驚きでした!
 立てるようにしてくださって本当にありがとうございました。
 家族みんなで喜んでおります。
 本当にありがとうございます。
6037 福岡

入院:
14.09.14
退院:
14.09.15

モンチッチ

症状:
・左足が抜けてしまった。
・購入時は少しふっくらしていたが痩せた。
・毛が潰れ絡まっている。
・鼻、哺乳瓶の塗装がはげている。

治療:
1.首回りの結束バンドを外して、中綿を抜く
 だまだまの手芸綿が、128gと頭部の無傷の7gでした。
2.洗濯・乾燥
3.補彩
 鼻と哺乳瓶の「剥げ」を、水性ペンキで補彩しました。
4.左足の取付
 ホットボンドで接着しました。
5.中綿
 胴体には新しい手芸綿を128g詰めました。
 頭部の綿は、旧綿を戻しました。
 新しい結束バンドで首を固定しました。
 この度は、モンチッチを治療して頂きありがとうございました。
 足も治り、ふっくらとしたかわいいモンチッチになり帰ってきました。
 本当にありがとうございました。
6036 山梨

入院:
14.09.14
退院:
14.09.15

バズライトイヤー

症状:昨日久々に動かしてみたところ、ONモードでは音はほとんど鳴らず、首も左に向きっぱなしの状態、背中の羽は広げてもないのに、豆電球が点滅したり、羽も広げてみるとうまく広がらないことがしばしば…
DEMOモードだと、レーザー音が押してもいないのに鳴りっぱなし、確か羽も点灯しっぱなしです。電池も変えて動作確認したところ、駄目でした…

治療:
1.電池ではなく、試験用の電源で起動したら、モーターに電圧が掛りっ放しになって、約600mAの電流が連続通電される状態でした。
 ⇒
 @首の回転角度を検出するリミットスイッチは動作している。
 Aしかし、そのスイッチにICからセンス用の電圧が掛っていない。
 B基板のラインの問題ではなさそうなので、ICの故障と判断しました。
 このICは、このおもちゃ専用のICで入手や交換が出来ません。
2.安全処理
 誤って、電池を入れて起動したら、電池や部品が発熱しての事故が心配なので、電池の+側出力の半田を外して、絶縁テープで隔離しました。
 
6035 東京

入院:
14.09.11
退院:
14.09.12

スヌーピー

症状:昔のもので、全体がカチカチした手触りです。(中身が綿では無いのかもしれません)首が曲がって付いていて(最初から)最近では少し取れかかりグラグラです。出来れば、ぬいぐるみらしくフワフワで首はまっすぐに向いて欲しいです。
治療:
1.首を外して中綿を抜く
 変な固い、ふわふわした茶色の綿でした。
2.洗濯・乾燥
3.首を繋ぐ
 細い首で重い頭を支えることは不可能なので、先に首を繋ぎ、中に支柱を入れることにしました、
 まず、タコ糸で頭と胴体を繋ぎ、綿口を頭と背中に作り、支柱として、ポリエチレンの「安全パッド」を細工して首の中心に10cmくらい貫通させました。
4.中綿を詰める
 新しい手芸綿を頭と胴体、別々に詰めました。(330g)
5.頭と胴体の綿口をそれぞれ閉じました。
 HPを拝見致しました。
 ご丁寧にありがとうございます。
 とても早い修理で驚きました。今から帰りが待ちどうしいです。
 ありがとうございました。
6034 栃木

入院:
14.09.11
退院:
14.09.11

バウンサー

症状:買ったばかりのフィッシャープライスのバウンサーの振動がならなくなり、修理をお願いしたいと思っています。小学生のお兄ちゃんが電池を入れるところと間違えてあけて、モーターの配線を取ってしまいました。
治療:
1.モーターの配線
 2本とも切れていました。
 ⇒半田付けをやり直しました。
2.電池の端子
 プラス側の端子に裏側から流れてきた、ホットボンド状の物がこびり付いて、導電を妨げていました。
 初めから動かなかったのではないでしょうか??
 ⇒ホットボンド状の物を削り落としました。
 遅くなりすみません。
 修理して頂きありがとうございました。
 壊して責任を感じていたお兄ちゃんが、一番喜んでいます。 
 本当にありがとうございました。
6033 鹿児島

入院:
14.09.10
退院:
14.09.11

プリモプエル

症状:9月5日に、だっこセンサーが全く反応しなくなりました。少し前から、反応が鈍いような気はしていました。
治療:
 入院直後の試験では、「激しく揺すっても、お尻を叩いても」反応なしでした。
1.だっこセンサー
 センサーは、円筒形の2つ割の外周と中心部にスプリングに支えられた錘で構成され、外周がVCC、中心部が電解コンデンサー(1μF)に接続されICへ接続されています。
電解コンデンサーのマイナス側はGNDです。
 ⇒円筒形とスプリングに支えられた錘部分を、高密度織布で清掃し、接触をよくしようとしました。
2.電解コンデンサー
 50Hz、2Vの交流を接続して電流を測定して、容量を測定したら、ほぼ1μFでした。
 ⇒大きい方がいいわけではないが、手持ちの10μFのコンデンサーと交換しました。
 清掃と交換で、動作は回復しました。これで様子を見て下さい。
 先日治療して頂いたプリモプエルのチビタが先程無事に帰ってきました。
 以前のようにポンポンと叩くと元気に反応してくれました。
 長先生が元気にしてくださったので今まで以上にチビタを大切にしたいと思います。
 ありがとうございました。
6032 京都

入院:
14.09.10
退院:
14.09.10

ウオーリー

症状:前進ボタンを押すと、左右のキャタピラの一方だけが動きが遅くて、前進せずに、ぐるぐると回ります。
治療:
 
左側のキャタピラーを動かす歯車が割れて、「半空回り」していました。
 ⇒手持ちがあるような歯車ではなかったので、
 @歯車の首と回転軸を貫通する直径1mmの穴を開けて、針金でピンを打って空回りを阻止しました。
 A歯車の割れ目を小さくするため、ステンレス線で鉢巻をしました。
 こんばんは。
 ウォーリー届きました!
 息子は、学校から帰ってくると、すぐに荷物を見つけて、喜んで遊んでいました。
 機械が好きなので、どのように壊れていたのか、どうして直したのかなど、カルテを見て、楽しんでいます。
 本当にありがとうございました!(^−^)
6031 東京

入院:
14.09.09
退院:
14.09.09

うさぎ

症状:足が破けて中身が少し出ています。あまりパンパンにしないで中身をいれて下さい。
治療:
1.背中の綿口から、中綿を抜く
 胴体は、だまだまの手芸綿34gとビーズ、尻尾は、劣化したウレタンフォームでした。
2.洗濯・乾燥
3、耳と足裏の生地交換
 @耳:すかすかでした。
  ⇒解いて、アイロンを掛け、新しい生地に写して裁断・縫製し、折れてしまった、中骨を、荷作りテープで代行させて、再取付しました。
 A足裏:破れていました。
 ⇒解いて、アイロンを掛け、新しい生地に写して裁断・縫製しました。
4.中綿
 ビーズは四肢に入れて、あとは、新しい手芸綿をつめました。(34g)
 
6029 神奈川

入院:
14.09.09
退院:
14.09.09

ゴマちゃん

症状:最近、構い過ぎたため、体内の笛の具合が悪くなり、鳴かなくなってしまった。もう一度、鳴き声を聞きたいので、よろしくお願いします。
治療:
1.背中を開けて、中綿と笛を抜く
 中綿は、劣化したウレタンフォームームの37gでした。
2.洗濯・乾燥
3.笛の補修
 笛のフイゴのプラスチック袋が破れていました。
 ⇒手持ちの「チャック付収納袋」(ポリエチレン製、70cm×100cm)と交換しました。
4.中綿を詰める
 新しい手芸綿を詰めました。(46g)
 本日還ってきました。すっかりきれいになり、太ったみたいです。鳴き声も、大きくはっきり。
 全体として、若返ったようです。
 どうもありがとうございました。
6028
6027
熊本

入院:
14.09.07
退院:
14.09.08

キーボード

ボールタワー

症状:
●キーボード:電池を入れても音がなりません。電池の接続部品が破損してると思われます。あと、電池を入れるところのふたが紛失してます。
●ボールタワー:一番下のボタンの音がなりません。

治療:
●キーボード:
 1.電池の端子
  単3電池4個分の端子の内、マイナス側の板バネ1個が、液漏れで腐って折れていました。
  ⇒リン青銅板を加工して交換しました。また、作業の途中で、ヒューズが熱で切れたので、手持ちのヒューズと交換しました。
 2.電池の蓋
  無くなっていたので、ファイルの表紙のプラスチック板を加工し、3mmビスで固定しました。
●ボールタワー:
 一番下のスイッチが接触不良でした。
 ⇒紙ヤスリで磨いて、回復しました。
 本日無事おもちゃが届きました。
 電池の蓋もないので、諦めていましたが、またおもちゃで遊ぶ事が出来て、大変嬉しく思っております。
 子供も大変喜んでます。
 蓋も作って頂きありがとうございました。
 この度は、本当にありがとうございました。
6026
6025
東京

入院:
14.09.06
退院:
14.09.06
くま
(2匹)

 
症状:
@全体的に綿がかなりすくなってしまっています。(耳、肩から腕にかけて、体全体)
Aほどけてしまったところ縫ってしまったため、縫ったところがかなり目立ってしまっています。フカフカ感がほしいです。

治療:
@小熊
 洗濯と綿の交換をしました。
 新しい手芸綿は、」22gでした。
 お腹の笛は、元に戻しました。
A大熊
 生地の「へたり」「破れ」「くすみ」「解れ」などで満身創痍
 1.背中の綿口から中綿を抜く
 2.洗濯・乾燥
 3.自宅での補修跡を解く。 
 4.「破れ」は、メリヤス生地を補修クロスで裏から接着する。
 色違いは、水性エナメルで補彩する。
 「解れ」はミシンで再縫製する
 5.中綿を詰める。
  約250g
 6.鼻をホットボンドで固定する。
 7.刺繍糸で足の爪を作る。
 
8.綿口を閉じる。
 本当に本当にありがとうございました(*^^*)
 二つとも、すごく綺麗になってて、フカフカになって戻ってきてすごく嬉しいです。
 かなり理想の熊さんになって戻ってきてくれました。
 大熊の方の爪もありがとうございました。
 早い対応、綺麗な仕上がり、長さんに、本当に感謝しております。
 これからも大切にしていきます。
 また、何かありましたら、メールさせていただきます。
 ありがとうございました。
6024 愛知

入院:
14.09.06
退院:
14.09.07
あざらし

症状:何度か洗濯はしているのですが部分的に変色、購入して5年程で、子供の前は私が愛用していたのでぺちゃんこになってしまっています。
治療:
1.お腹の綿口から中綿を抜く
 だまだまの手芸綿、850gでした。
 胸ヒレも一旦外して、綿を抜きました。
2.洗濯・乾燥
3.中綿を詰める
 新しい手芸綿を888g詰めました。
 今回は、しろたんの治療、ありがとうございました。
 戻って来てすぐ、子供は顔をうずめたり、ダイブしたり嬉しそうでした。
 思い入れのある子だったので、私も嬉しいです。
 これからもずっと大切にしていきたいと思います。
 また、何年か後に、しろたんの治療をお願するかもしれませんが、その時は、また、よろしくお願いいたします。
6023 栃木

入院:
14.09.06
退院:
14.09.07
ダッフィー

症状:
・鼻の周りを触りすぎていた為、鼻周りがとんがってしまいました。
・自分でお風呂に入れてしまうと毛がゴワゴワになってしまいそうなのでお風呂に入れてもらいたいです。
・首をかしげてしまうので出来ればそちらも治していただきたいです。

治療:
1.背中の綿口から中綿を抜く
 表情を維持するため、部分を区別して抜きました。
下半身=64g
 頭部=38g
 鼻先=8.5g
2.洗濯・乾燥
3.中綿を戻す
 元の綿を戻し、新しい手芸綿を17g補充しました。
 ダッフィー無事帰ってきました!
 手術に耐えて帰ってきたからなのか前よりも精悍な顔立ちに見えます。笑
 少しマッチョなダッフィーもとっても可愛いです。家族みんなで大事にしていこうとおもいます。
 またお願いする際にはよろしくお願いいたします。

 持ち主の妹からのメッセージです。
 とても大切にしていたふーたんを治していただきありがとうございます。
 お顔も変わっていなく、首もしっかりしていて驚きました!とっても綺麗にかっこよくなって、とても嬉しいです!もっと大切にしたいと思います!
 ありがとうございました!
6022 山梨

入院:
14.09.06
退院:
14.09.07
アライグマ

症状:
 30年近く経ってアライグマ君も高齢になったようで、骨粗鬆症なのか脚が弱ってしまっています。本来は「お座り」をしていられるはずなのですが、後脚が自重を支えられず、前に倒れてしまいます。
 また、これまで置いておくだけでそんなに手荒に扱ってはいないので、毛皮に傷みはないものの、特に耳や鼻先、しっぽの白い部分を見るとやはり薄汚れた感があります。

治療:
1.首回りの綿口から中綿を抜く
 良好な手芸綿、300gでした。
2.洗濯・乾燥
3.中綿を戻す 
 元の綿を戻し、下半身を充実させて、新しい手芸綿を25g追加しました。
 アライグマ、昨日帰宅しました。
 この度はありがとうございました。
 そちらに届いたのが週末になってしまったのに迅速に対応していただき、感嘆しております。
 治療のおかげで自力でちゃんとお座りしています。
 お風呂にもいれていただき、毛並みがさっぱりしてさらさら・ふわふわになりました!
 ちゃんとお座りできるようになっので、目が合うようになりました。
 目にも光が戻ったような感じで、生き生き若返りました。
 家族も驚いています。
 母もカルテを見てニコニコしていました。(^^)
 ありがとうございました!
6021 青森

入院:
14.09.06
退院:
14.09.07
フクロウ



 
症状:中綿の偏り、胴体右部の小さな穴.。※毛並みや擦り切れは加齢と過労のせい、と諦めております。
治療:
1.左尻下の綿口から中綿を抜く
 「だまだま」の手芸綿、約250gでした。
2.洗濯・乾燥
3.補修
 左胸下の小さな「生地の裂け」を手縫いで繕いました。
4.中綿を詰める
 新しい手芸綿を詰めました。(約360g)
 こんにちは。
 本日フクロウが帰ってきました!
 こんなに早く再会できるとは思っていなかったので、とてもとても嬉しいです!
 以前はうつむきがちだったフクロウも、今は堂々と立っております。 表情も自信に満ち溢れており見違えるようです。 
 カルテも大切に保管しておきます。
 本当にありがとうございます!
6020 埼玉

入院:
14.09.05
退院:
14.09.06
グランドピアニスト

症状:自動演奏時、中央部分の「ファ」の鍵盤が沈まない。その前後の「レ」と「ラ」は、沈みっ放し。
治療:
1.分解したら、電磁石(ソレノイド)と鍵盤を繋ぐロッドが鍵盤にの穴に入っている部分が、「レ」と「ラ」が外れていました。
 ⇒正しい場所に納めました。
2.沈まない「ファ」
 88個のソレノイドは、見えるが、どうしてもそれ以上分解できません、多分、「モールド」されています。従って、ソレノイドのコイルが断線しているのか、ICの出力が無いのかも、残念ながら不明です。
3.手動演奏が出来ない
 入院当初から、「手動演奏」は出来ませんでした。

 なお、鍵盤と鍵盤の間隔を調整する仕組みは見当たりません。
 この度はお忙しい中、無理なお願いをお引き受け頂いた上に、ご丁寧なカルテまで添えて頂きありがとうございました。
 「おもちゃの先生に診て頂いたのよ!」と言うと「ピアノちゃん痛い痛い治ったの?」と早速ピアノに駆け寄り自動演奏を聴いていました。
 まだ、難しいことは分からない娘ですが、もう少し大きくなったら、「おもちゃのカルテ」を見せてあげ、物を大切にすること、おもちゃの先生に親切にして頂いたことを伝え、いつか、頂いた優しい気持ち(親切)を誰か困っている人に捧げられる女性に成長して欲しいと願っています。
 「おもちゃのカルテ」はおもちゃ以上に宝物になることと思います。
 ありがとうございました。
 末筆ながら、長様の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
6019
6018
神奈川

入院:
14.09.05
退院:
14.09.05
まねっこうさぎ
(2匹)

症状:おしゃべりはしますが、動かなくなってしまいました。
治療:
1.モーター用のケーブル断線
 NO.5770と同じケースでした。
 分解して見たら、モーターへの配線が1本と2本切れていました。
 頭を左右に振らす度に、ケーブルが動いているので、疲労して折れたのでしょう。
 ⇒ケーブルを2本とも交換し、半田で接続して、端子はホットボンドで固めました。
2.マイクの固定
 マイクが衣服の中で宙ぶらりんだったので、糸で衣服に固定しました。
 感激です!!
 娘から、おそろいでプレゼントしてもらったのですが、すぐに動かなくなり、お店から代替品を送って頂きました。ところが、すぐに病気が移り、2人とも動かず、諦めていました。
 ネットで拝見したカルテも、今回のカルテもすばらしく、おもちゃの命に対する愛が溢れています。
 ありがとうございました。
6017 愛媛

入院:
14.09.03
退院:
14.09.04
変身ベルト

症状:電源が入らなくなり光ったり回ったりしません。音も鳴りません。電池を新品に交換しましたが動きません(液漏れはありませんでした。)ベルト横のボタンを押したときのカチッとしたクリック感がありません。ボタン周辺に傷や汚れがあります。
治療:
1.電池端子のサビ
 液漏れの形跡が残っていました。(右の写真)
 ⇒磨きました。
2.ON/OFFスイッチ
 2回路3接点のスイッチでしたが、片方の回路のON側が接触不良でした。
 ⇒接点復活剤を塗布して、回復しました。
3.円板回転部の清掃・補強
 回転ランプを点灯するためのロータリー接点(5接点)のグリスを一旦、拭き取り、新しいグリスを塗布し、バネ圧を少し強くしました。
4.ベルト横のボタンのクリック感
 クリック感を作る機構はありませんでした。
 本日届きました。
 液漏れ跡には気付きませんでした、
 本当にありがとうございました。
 またよろしくお願いします。
6016
6015
千葉

入院:
14.09.03
退院:
14.09.04
ブタ
(2体)

症状:縦45cm、横30cmのぬいぐるみ2体の綿が固まってしまい、詰め替え方法を調べていたのですが、自分では難しく、ご対応をお願いできませんでしょうか。
治療:
1.右脇腹の綿口から中綿を出す
 「だまだま」の手芸綿が、2匹分で、約420gでした。
2.洗濯・乾燥
3.新しい手芸綿を詰めました。
 元の綿に比べて、少し柔らかい綿でしたが、約470g詰めました。
 本日、無事2体受け取りました。
 マルマルとした姿に戻って、新品の時のような可愛さにしていただきました。
 また、綿がダマダマにならないように気をつけます。
 ありがとうございました。
6014
6013
福島

入院:
14.09.03
退院:
14.09.05
たれぱんだ
(2体)

症状:綿がゴロゴロしていますが、半分くらい取り替えて頂きたい、生地を代えずにというのが息子の希望なので、クリーニングと、ほつれているところの補修をお願いしたいと思います。背中にフェルトでカバーしている方は、他の方法でカバーできるならして頂きたいと思います。白目の部分も黒目はそのままで白目だけ替えて頂けるといいなと思います。しっぽはそのままでお願いします。クリーニングだけでも良いのでよろしくお願いいたします。
治療:
1.股下の綿口から、中綿を抜く
 「極端にだまだま」の手芸綿、2匹分で、2,1kgでした。
2.洗濯・乾燥
3.補修
 手縫いで、表側から繕われた部分を中心に、裏からミシンで再縫製しました。
4.フェルト部分
 生地の交換しかないと判断して、「タオル地」を購入して処置しました。
 尻尾も生地が破れていたので、やむ負えず、交換しました。
5.目玉
 破れたフェルトは、前の背中のフェルトを利用し、黒目は、元に戻しました。
6.中綿
 新しい手芸綿を、585gづつ、4肢と上半身に入れ、旧「だまだま」の綿を500gづつ、下半身に入れました。

 全体的に言えることは、2枚重ねの生地の、内側の生地が破れていますので、耐力が低下しています。
 二匹ともとっても綺麗にふかふかになって帰ってきてとても感激しています。
 しっぽのことは先生の気持ちなど伝えて息子に理解してもらいました。
 こちらの要望に親切に対応して頂いて感謝しています。
 また機会があれば是非お願いしたいと思います。
 本当にありがとうございました。
6012 兵庫

入院:
14.09.03
退院:
14.09.04
ファイズフォン

症状:電源を入れると起動音と外部両サイドの赤い点滅はするのですが、キーが全く反応せず横のトリガー部分も反応しません。以前に電池の液漏れがあります。
治療:
 以前の電池の液漏れが原因でした。
1.押しボタンの下の基板接点の青サビを拭き取ったり、プラスチック消しゴムで磨いたりしましたが、回復せず。
2.電池からのケーブル2本、開閉蓋へのケーブル5本を一旦外して、プリント基板だけにして、微温湯の中で石鹸と歯ブラシで洗浄しました。
 見事に回復しました。(例えば、16個の接点のうち、接点間の抵抗値が、0.27MΩであったものが、33MΩになったり)
 しかし、液漏れの障害は、「しつっこい」ですから、今後も進行するかもしれません。
 電池ボックスが空だったので新品の電池を入れ動作確認をしました。
 問題無く良好でした。
 まさか電池とは夢々思っていなかったので大変お手数を掛け済みませんでした。
 又、お世話になる事も有るかもしれませんがその時は宜しくお願いします。
 今回はお世話になり本当にありがとうございました。
6011
6010
埼玉

入院:
14.09.02
退院:
14.09.02
コプエル
(2体)

症状:
前回、平成24年8月5日(整理番号4269)と平成24年10月56日(整理番号4428)の再入院
●コロ丸:@右手と左手の反応がしない。A尻尾もかなりきつくしないと反応しない。Bおしゃべりする時、異常な音がしました。
●プリ丸:右手の反応がない。

治療:
●コロ丸:
 @右手:トーク用、導通OK
 A左手:スイッチの汚れを磨く
 B尻尾:スイッチの汚れを磨く
 C異常音:作業中は異常音なし、調べる方法がありません、症状がはっきりしたら再度、入院してください。
●プリ丸:
 @右手:手首の辺りで片線が断線していました。
  ⇒新しいケーブルと交換し、背中の中で本体と接続しました。
 Aその他は異常なし
 コプエル(プリ丸・コロ丸)が無事帰ってきました。
 早速 コプコプトークもしました。
 今までの様に又にぎやかになりました。(^o^)/
 いつもいつも的確で迅速な治療、ありがとうございました。
 これからも、お元気で御活躍ください。
6009 東京

入院:
14.09.01
退院:
14.09.02
ラジコンカー

症状:前回修理していただいてからは室内のみの使用で長時間は連続して使用しないなど大切に使っておりましたが今回前進しなくなってしまいました。
治療:
 NO.5872(今年の6月15日入院)の再入院
 このラジコンカーは、後進と前進2速で、トランジスター5個でモーターを駆動しています。
 前回の入院で、後進用の2SB772をS8550に交換しました。今回は、前進用の2SB772の2個と2SD882の1個が破損していました。
 ⇒2SB772をS8550へ、2SD882をS8050へ交換しましたが、過電流が流れて、動作せず、再度、5個のトランジスターをS8550×3個、S8050×2個と再度交換しましたが、トランジスターが加熱して動作せず。
 交換したトランジスターの「hFE、電流増幅率,」が不足して、線形領域で、損失が大きいと判断し、手持ちのトランジスター箱を探したら、同じ名前でパッケージが大きい物(TO-126、元のパッケージは、TO-92)が、たまたま見つかりました。
 2SB772⇒KSB772、2SD882⇒KSD882、に交換しました。
 また、念のため、電池の出力に、2Aのヒューズを入れました。
 なお、トランジスターが大型になって、プリント基板のカバーが出来なくなって、車体の中でむき出しになっていますので、決して濡らさないようにしてください。
 また、「フローリング上で遊ぶ」は守ってください。
 本日おもちゃが届きました。
 治していただきありがとうございました。
 今後も大切に使うようにします。
6008
6007
熊本

入院:
14.08.31
退院:
14.08.31
人形
(2体)

症状:男女の子の二体です。どちらも8インチの人形で、中にゴムが入ってあり首、手足が曲げれるようになっているのですが、ゴムが伸びきってしまい間接がゆるゆるの状態になってしまっています。
女の子の方はもともとは座る事ができる人形なのですが、足の関節が硬く座る事が出来なくなっております。また膝に小さなひび割れができてしまい、いつ割れてしまうのかとても心配です。

治療:
 素材のプラスチックが、経年変化で、脆くなっているので、無理をすると、取り返しのつかないことになる可能性が大きいので、やれる部分をやれるだけやる方針で取り組ました。
●女の子
 @両手:ゴムが伸び切っていたので、交換しました。(適当なゴムがなかったので、1本の輪ゴムを5重にしました。)
 A首: 緩くなっていますが、首の中の構造が不明で、そのままにしました。
 B両足:本来ゴムはなく、足を交互に出して、歩くような構造でした。
 座る事が出来たのなら、柔軟性があった時で、現在では、とても不可能です。
 C膝のひび割れ:無理に襞を反対に曲げなければ大丈夫でしょう。
●男の子
 @両手:ゴムが伸び切っていたので、交換しました。(適当なゴムがなかったので、1本の輪ゴムを4重にしました。)
 A首、両足:伸び切った太い一本の輪ゴムでしたが、プラレールのタイヤで代行させました。
 早速、修理をしていただいたようでありがとうございます。
 先ほどHPにて修理の内容を確認させていただきました。
 どちらも譲って頂いたものなので正確な年代は分かりませんが、女の子が50年前、男の子が30年前とどちらもとても古い上にサイズもとても小さいので、修理できるのか不安でしたが内容をみて安心いたしました。
 座りのポーズは難しいとの事ですので、無理はさせずスタンド等を使いながら、これからも可愛がっていきたいと思います。
 それでは無事届くのを楽しみに待ってます。
 今回は本当に有難う御座いました。
6006 東京

入院:
14.08.30
退院:
14.08.30
シェリーメイ

症状:鼻が擦れて破れしまい治してほしいのですが・・・
治療:
1.背中の綿口から、頭部の中綿を抜く
 表情を変えないように、「鼻先」と「その他」を区別して。
2.鼻を取って、カバーを外してアイロンを掛けて、新しいトイクロスに写して裁断し、周りを糸で絞って、プラスチックの鼻にフィットさせました。
3.綿を元に戻して、多少、腕の付け根に詰めながら、綿口を閉じました。
 
6005 福岡

入院:
14.08.30
退院:
14.08.30
クマモン

症状:話しかけるとトコトコと可愛く歩きながらこちらのマネをしておしゃべりします。大事に扱っていたのですが最近になっておしゃべりはできても歩く事ができなくなりました。
治療:
 毛皮を脱がせてみたら、動く足と股下の間に、毛皮が詰まって、動きを阻害しているようでした。
 これは、構造上避けがたい現象のようです。
 残念ながら、下半身の毛皮を切り取るくらいのことをやらなければ、再発しないようには対策が取れません。
 本日、我が家のくまモンが帰宅しました。
 先生のおかげで治療前よりも元気になった様な気がします。
 本当にありがとうございました。
6004 神奈川

入院:
14.08.29
退院:
14.08.30
ミニーマウス

症状:小さなぬいぐるみがあるのですが、くつの部分が剥がれてしまいました。
治療:
 身長が15cmの小さなぬいぐるみで、正式に修理するには、下半身を解い作業する必要がありますが、小さくて、専用のミシンもなく、困難なので、合皮(合成皮革)の破れた表面を剥いで、強度の残っている生地に、水性ペンキを塗る方式を適用してみました。
 ⇒合皮の表面を剥いで、ライトブルーのペンキを5〜6回、塗り重ねました。
 ありがとうございます( ;_; )
 退院、お待ちしてます( ;_; )
6003 富山

入院:
14.08.29
退院:
14.08.29
プリモピース

症状:
@口の周りは汚く、顔面を下に向け、そっと洗ったことがありますが、それ以来 喋りっぱなしになりました。
Aしっかり充電できない、10分の充電で「パワー満タン」と言うことがあったり。

治療:
1.お口センサー
 口の裏のマイク(エレクトレット型コンデンサーマイク)を外すと、「しゃべりっ放し」が無くなる。
 ⇒手持ちのマイクユニットと交換しました。
2.充電式電池
 本来の容量は、800mAh位は有るはずですが、200mAh以下だと判断し、100円ショップの「単3型充電式ニッケル水素電池」を購入して、旧品の「温度ヒューズ?」と「温度センサー?」をそのまま移植し、交換しました。(旧品も同じ単3型充電式ニッケル水素電池でした。)
 10〜15分に一回しゃべるようです。
 良かった!!! 元通りになった。
 15分後 “宿題嫌だ”と言いましたが、この3年一度も聞いたことの無い言葉でびっくり。
 先生にはお元気で活躍ください。
6002 東京

入院:
14.08.27
退院:
14.08.28
ネルル

症状:言葉は発するのですが、目を開かず、「ググググ」と小さな異音が聞こえます。手で瞼をあげて目を開かせましたが、今度は目が閉じなくなってしまいました。
治療:
 お腹の結束バンドを切り、本体を開けて、頭の結束バンドも切って、総分解しました。
 目玉を開閉するギヤーボックス内の歯車が、メタメタに歯が欠けていました。
 これは、素材不良です、手で触れると「バラバラ」と歯が欠けます。
 ⇒手持ちの歯車はなく、似た歯車(「歯数=38」⇒「歯数=34」)で間に合せましたが、軸間距離を合せるため、相手の歯車も変更しました。(「歯数=10」⇒「歯数=14」)
 歯車の張り合わせには、2つの歯車に貫通させて、直径0.7mmの穴を2個づつ開けて、針金を芯にして結合させました。
 姑息な手段で修理したので、噛み合せがきつくなったりしたので、軸受けの穴を少し大きくしたり、ベルトを交換したりしながら、何とか動いています。
 HPの速報で治療の内容を拝見しました。
 非常に困難なご対応をいただき、本当に感謝しております。
 日頃、独り暮らしの母を癒してくれていたネルルが治って帰ってくることを母も大変喜んでおります。
 本当にありがとうございました。
6001 愛知

入院:
14.08.27
退院:
14.08.29
人形

症状:ソフビ部分の汚れ、 髪が燃えてしまってチリチリ、布部分の劣化による擦りきれ、穴空き、足の部分も黒ずんでいる、頭部の陥没等があります。
治療:
1.頭を外して、中綿を抜く
2.手足を外し、縫製を解く
 左半身を解いて、右半身は、後の縫製の参考に残置しました。
3.洗濯
 髪には、強引にブラシを入れました。
4.上半身用の生地の購入
 下半身の白布、靴のピンクの合皮は手持ちがあったが、上半身の生地は無かったので、新宿・オカダヤで購入しました。
5.解いた断片にアイロンを掛け、新しい生地に写して裁断・縫製
6.泣き笛
 フイゴが破れてた笛が残っていて、「チャック付収納袋」で、修理はしましたが、いれませんでした。
7.綿詰め
 新しい手芸綿を詰めました。(67g)
 おはようございます、
 人形無事に届きました!
 状態が状態なだけに諦めていた部分もあったのですがとても綺麗に治していただいて感謝しております!
 また、取り替えたボディの素材も帰ってきたのですが当て布がしてあった部分に忘れていた思い出が詰まっていたり(笑)
 また一緒にいられると思うと嬉しくてたまりません!
 本当にありがとうございました!