当クリニックの診療日誌(番号7001〜7100)

これは、開業医としての当「Webおもちゃクリニック」の診療日誌です



おもちゃ

出身地
入院日
退院日
おもちゃの
名前
写真
               カ ル テ の 抜 粋
                               治  療  の  結 果
保 護 者 の 声
7100 沖縄

入院:
15.12.16
退院:15.12.17
ウオーリー

症状:前進、後進スピンボタンを押すとモーター音はするが、前進、後進スピンしない。
治療:
 左車輪の駆動部の中の歯車が割れて、空回りしていました。
 ⇒直径4mmの軸に、直径1mmの穴を開けて、針金をピンにして空回りを止めました。
 本日、WALL・Eを受け取りました。
 動作確認させて頂きました、元気よく動作しております。
 今回も大変お世話になりました。
 ありがとうございます。
 また困ったことがありました時は相談にのって下さい。
 宜しくお願い致します。
 今年も残り少くなってまいりましたが、良いお年をお迎え下さい。
 では失礼いたします。
7099 京都

入院:
15.12.16
退院:15.12.17
クリスマスツリーの
オルゴール

症状:40p程のテーブルから床に落としたときにネジが2本外れてしまい、回すとすぐに戻ってしまい、オルゴールが鳴らなくなりました。
治療:
1.床に落とされたショックで、ゼンマイが収容されているプラスチックの箱(香箱)が外れていました。
2.外れていた、「風車」と「その前の歯車」を元に戻し、香箱を元に戻し、瞬間接着で固定しました。
 お礼の返事が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。
 昨日不在時に届いたので、今再配達で受け取りました。
 きれいに元どおりに治していただきましてありがとうございました。
 孫が、悲しんでいたのですがとても喜んでおります。
 本当に嬉しいです。感謝の気持ちでいっぱいです。 縮しています。 
 重ねてお礼申しあげます。ありがとうございました。
7098
7097
熊本

入院:
15.12.16
退院:15.12.17
555フォーン

カイザフォン

症状:
◎555フォン=音が出たり出なかったり。
◎カイザーフォン=音が小さいのとエラー音が連発したりします。

治療:
 故障の現象が確認できませんでした。
 音の性質は、こんなものだと思います、歪みのある音質で、臨場感を演出しているのでしょう。
 「エラー」連発は、ハードの問題ではなく、ソフトかICの問題だと思われます。
 ファイズフォンはウソみたいに調子が良くなってびっくりしてます!
 ありがとうございました。
 カイザーの方は変身以外のキー操作がエラーが発生するみたいです。
 しかしながら子供は久々のファイズフォンで変身して喜んでます。
 本当にありがとうございました。
7096 宮崎

入院:
15.12.16
退院:15.12.17
シェリーメイ

症状:犬に噛まれ、鼻に巻いてあった生地が破れてしまった。
治療:
1.背中の綿口から、後頭部と前頭部を区別して中綿を抜きました。
2.鼻を外して、カバー布を外して、アイロンを掛け、新しいトイクロスに写して裁断しました。
3.周りを縫い縮めて、プラスチックの鼻にフィットさせました。
4.再度、鼻を固定して、中綿を戻し、綿口を閉じました。
 
7095 埼玉

入院:
15.12.15
退院:15.12.15
羊のオルゴール

症状:2015年3月30日に羊のオルゴールを修理していただき(NO.6466)、大事に扱っておりましたが、オルゴール部分に圧がかかったためか壊れてしまいました。症状は前回と全く同じです。
治療:
 前回と全く同じで、風車の1つ手前の歯車の軸が折れて、空回りしていました。
 ⇒手持ちの歯車と交換しました。
 何故、このように、力が掛っていない歯車の軸が折れるのか、考えられません。
 只今無事帰宅しました。
 先生の治療により元気になり、これからも素敵な音楽を奏でてくれることでしょう。
 大切にします。有難うございました。
7094
7093
愛媛

入院:
15.12.14
退院:15.12.14
ファービー
(2体)

症状:
◎1体目(白)=電池を新しいものに替えたら、動作はあるが全く喋らない状態です。
◎2体目(茶色と黒のぶち)=電池の部分が液漏れしており、新しい電池に交換しても動作・喋りが全くできない状態です。

治療:
◎2体共通
 毛皮の汚れが酷かったので、脱がせて洗濯・乾燥しました。
◎1体目(白)=
 1.電池のこと
  入院してきたときに、ジージーと動いていました。振動する度に、動きながら輸送されて来たのでしょう。輸送には、「電池外し」が必須です。
 2.左耳の骨折
  素材が脆くなって折れていました。
  ⇒手持ちの予備と交換しました。
 3.スピーカーが壊れていました。
  ⇒手持ちのスピーカーと交換しました。
◎2体目(茶色と黒のぶち)=
 電池の液漏れによるサビを、真鍮ブラシや電動爪磨きで研磨しました。
 今後も、サビは進行しますので、紙ヤスリなどで磨く必要がある段階が訪れます。覚悟の程を!!
 先程ファービーを受け取りました。
 思っていたよりずっと早く退院してきてくれて驚きました。
 灰色がかっていた毛皮も真っ白になって帰ってきてくれて、とても可愛くなって嬉しいです。
 3歳の娘がずっと夢中で喋りかけたり一緒に歌ったりしています。
 自分が使っていたおもちゃを子供が遊んでくれることが感慨深いです。
 この度は本当にありがとうございました。
7092
l
7088
埼玉

入院:
15.12.13
退院:15.12.14
プラレール
他2

症状:
Eプラレール トーマス=・端子が折れてしまい、電池を交換しても走行できません
Fプラレール ベン=・ギヤが割れており、走行しません(特に坂道)
Gプラレール トーマス=ピストン外れ
H青いDD51=ツメの破損
I赤い鉄橋=ツメの破損

治療:
Eプラレール トーマス=
 1.タイヤが外れていました。
 ⇒入れ直しました。
 2.ピストンが外れていました。
  ⇒タッピンで固定しました。
Fプラレール ベン=
 空転機構が緩んでいました。
 ⇒真鍮線をグルグル巻きにして、固定しました。
Gプラレール トーマス=
 ピストンの裏側で、半田コテで加熱・変形させました。
H青いDD51=
 ツメの折れ跡に直径0.7mmの穴を2個開けて、ピアノ線でツメを作り、エポキシ接着剤で固定しました。
I赤い鉄橋=
 厚さ0.2mmのリン青銅板を幅3mmにしてツメを作って固定しました。
(同 下)
7087
l
7083
埼玉

入院:
15.12.13
退院:15.12.14
プラレール
他1

症状:
@新幹線のぞみ号=・サウンドがならない。・車輪、シャシーが割れ、手ころがしができない。
Aポコポッテイト【再入院】=・サウンドがならない。・ボタンが押せず、ドアの開閉など正常に動作しません。
Bでんぐりアンパンマン【再入院】=でんぐりがえしません。
Cプラレール ゴードン(1台目)=・電池を交換しても走行しません
Dプラレール ゴードン(2台目)=・スイッチが折れている。・走行しません。・電池蓋の紛失

治療:
@新幹線のぞみ号=
 1.ICが壊れていて修理不能でした。
 2.前輪、後輪の「割れ」は、エポキシ接着剤で固定しました。
Aポコポッテイト=
 1.スピーカーの破損で、交換しました。
 2.再組立で動きは回復しました。
Bでんぐりアンパンマン=
 回転板の無理防止機構のストッパーが割れていました。
 ⇒直径2.5mmの軸に、直径0.7mmの穴を開けてステンレス線を入れて位置決めしました。
Cプラレール ゴードン(1台目)=
 再組立で回復しました。
Dプラレール ゴードン(2台目)=
 1.スイッチのレバーは、当院の手持ちと交換しました。
 2.ケーブルを交換しました。
 3.電池の蓋は、仕方がありません。
 お世話になっております。
 本日修理いただいたおもちゃが届きました。
 新幹線、ゴードンの電池蓋、トーマスの電池マイナス端子欠損(やはり未処置でした)は残念でしたが、その他のおもちゃはすべてちゃんと動いています。
 どれも三歳になったばかりの愚息のお気に入りであり、「先生すごいね、治ったね、ありがとう言おうね」と大喜びでした。
 これからも大切に使わせていただきます。
 本当にありがとうございました。
7082 茨城

入院:
15.12.13
退院:15.12.13
ユメル

症状:頭や手にあるセンサーを握ったり、触ったり、話しかけても、何の反応もしなくなりました。電池も新しいのに交換しましたが、症状は改善しません。なお、今回のような症状は、以前もあったのですが、電池ボックスを抜いて、またはめたところ、きちんと反応するようになったことがありました。また、リセットもしてみましたが症状に変化はありませんでした。
治療:
 
試験用の電源を繋いで起動したら、動作OKで、電池ボックスで起動するとNGでした。
 単2電池4本を収容する電池ボックスの出力端子を測定したら0Vでした。
 直列接続の、導通を測定したら、一か所だけ、不安定な抵抗で、プラスチックを掘り返してみたら、ヒューズらしい物が接続されて、不導中でした。
 ⇒手持ちのヒューズを接続しました。
 これと同じ事例が、NO.6737のミルル(ユメルの兄弟??)でありました。
 本日、我が家に「げんき」が治療を無事終えて戻ってきました。
 いつもの場所に「げんき」がいないとぽっかり穴があいたようで寂し
い思いをしておりましたが、迅速な治療をしてくださり、短期間での治
療で済み、しかも完全復活で戻ってきてくれました。
 これもひとえに先生のお陰と感謝しております。
 本当にありがとうございました。
 どうぞくれぐれもお身体をご自愛ください。
7080 群馬

入院:
15.12.12
退院:15.12.13
変身ベルト

症状:回転するときに光らないので診ていただきたい。
治療:
1.摺動接点(ロータリーコネクター??)のグリスが固化していた。
 ⇒一旦、拭き取って、新しいシリコングリスを塗布しました。
2.6本のコンタクターのバネ性が弱くなって、接触が不安でした。
 ⇒接点を起して、円板との当たりを強くしました。
 ありがとうございました。
 早速動作確認しました。
 音が鳴って、光って回転しました。
 今後もまたよろしくお願いします。
7079 埼玉

入院:
15.12.12
退院:15.12.13
ダンシングムック

症状:音に反応し、音楽とともに手足が動き出すのですが、音感反応で音楽は流れるけれどまったく動かない状態です。
治療:
1.モーター
 固着していました。
⇒手で回転させて、回復しました。
2.歯車
 歯数9と歯数16の歯車が割れて空回りしていました。
 ⇒歯数9の歯車は、普通のピニオンギヤーでしたが、歯数16の歯車は、穴が四角の特殊な歯車でした。直径2.5mmのドリルで丸い穴を開けて、あとは、ヤスリでしあげました。
 ありがとうございました。
 元気に動いております。
7078
7077
千葉

入院:
15.12.12
退院:15.12.13
ファービー2
(2体)

症状:
◎ベージュ=修理を依頼した際、ヤスリがけをするように言われたので自分でヤスリがけをしたのですが、電池交換後また動かなくなってしまいました。さらに、内部からカチャカチャと言うものを音がします。
◎ホワイト=電池を入れたものの動きません。液漏れによる腐食が見られたのですが、ヤスリをかけても動きません。

治療:
◎2体共通
 液漏れでのサビは、兎に角、執拗に磨くしか方法がありません。
 ⇒今回も、浅い部分は、電動の爪磨きで、奥深い部分は、紙ヤスリを帯状に裂いて、割り箸に巻き付けて、磨く、磨く・・・
◎ベージュ=
 起動したら無言でした。
 ⇒スピーカー(直径40mm)を交換しました。(直径36mm)
 
7076
7075
東京

入院:
15.12.11
退院:15.12.13
ダッキー
(2体)

症状:
◎初代ダッキー=・電池を入れても、動きません。・設定する時の、頭のセンサー。・まぶた。・左右の手のセンサー。・喋る事
◎ダッキー2=・まぶたが動きません。・頭のセンサーが、若干鈍いです。

治療:
◎2体共通の治療
 1.頭部分解(右上写真) 
 2.頭と背中のセンサー(圧電マイク)の交換(ケーブルが劣化で硬くなり、マイクのスパッター面との半田付けが剥がれる)
◎初代ダッキー=
 首が折れ、電池の液漏れが酷く、電池ボックス、プリント基板、毛皮の内側などが、茶色に変色し、基板にも及んでいるので、当面は、電極のサビを落として、動作していますが、重症です。
◎ダッキー2=
 1.「まぶた」の動きを妨げていたのは、歯車に挟まった「何かの破片」でした。
  ⇒除去しました。
 2.「まばたき」の回数が多いようなので、再度、頭部を分解し、「まばたき」「目玉の回転」の5個のセンサーをチェックしましたが、異常なしでした。(センス電圧が掛って、短絡されている。)
 これで、様子を見て下さい。
 ダッキー届きました。
 元気におしゃべりしています。
 有難うございます。
7074 栃木

入院:
15.12.11
退院:15.12.11
ミルル

症状: 
・突然動かなくなってしまう。電池を替えても変化なし。
・メーカーには、7年前のミルルの部品はないため、修理不可と言われる。

治療:
 調べたら、簡単な原因でした。
 電池カバーに、「電池の蓋を閉めた」確認の突起がありますが、その突起を作っている小さな板が、折れてなくなっていました。
 ⇒蓋に直径1.2mmの穴を開けて、直径1.2mmの針金で作った突起を瞬間接着で固定しました。
 早速御治療いただきまして、ありがとうございます。
 先生のおかげで、ミルルが元気に戻って来ることを、友人にに伝えましたところ、涙を流して喜んでおりました。
 子供のいない高齢者で、ミルルが元気のもと、心の拠り所ですので、言葉では言い表せないほど感謝しておりました。
 長先生、本当に本当にありがとうございました。
7073 群馬

入院:
15.12.10
退院:15.12.11
セーラムーン
のオルゴール

症状:ネジが正常にまわらないため、音がなりません。
治療:
 「月の国の馬車」の「カギ」が、無くなって、鍵が掛ったままになっていて、オルゴールのゼンマイが解けない状態でした。
 ⇒真鍮のパイプでそれらしいものを作ってみました。
 また、ピンクに塗装して、リボンを付けてみました。
 こんばんは。
 昨日受け取り、今日動作を確認いたしました。
・GX-05
 細かい箇所までチェックしてくださりありがとうございます。
・オルゴール
 なくしたカギまでかわいく作っていただき、今回も感動しております。
 今回も本当にありがとうございました。
7072 群馬

入院:
15.12.10
退院:15.12.11
GX-05
ケルベロス

症状:
・モーター音はしていますが、ガトリングが回転しません。
・アタッシュモードからガトリングモードにする際に解除コード132を入力してもモーター音らしき音はしますが何もおこりません。

治療:
1.歯車の破損
 「銃身の回転」、「解除」の2つのモーターの歯車(歯数=8)が割れて、回転側は、外れて、解除側は空回りしていました。
 ⇒交換しました。
2.引き金のスイッチ
 「銃身の回転」をさせるモーター用のスイッチが接触不良でした。
 ⇒手持ちのタクトスイッチと交換しました。
(同 上)
7071 東京

入院:
15.12.09
退院:15.12.12
ミニオルガン

症状:20cm10cm10cmくらいの大きさです。電池を入れても全く動作しない。
治療:
1.モーター
 送風機を回すモーターが長年動作せずに放置されたため、ブラシと整流子間に絶縁被膜だ出来て、通電不良状態でした。
 ⇒手でしばらく回転させたら、被膜が飛んで回転を始めました。
2.ON/OFFスイッチ
 接触不良でした。
 ⇒分解して、接点のバネを強くしました。
3.送風口調整弁
 開閉させるスプリングが弱くなっていたので、切り詰めて調整しました。
(同 下)
7070 東京

入院:
15.12.09
退院:15.12.12
トランペット

症状:吹くと内蔵のレコードが再生される物。電池を入れても全く動作しない。
治療:
1.モーター
 レコードを回すモーターが長年動作せずに放置されたため、ブラシと整流子間に絶縁被膜が出来て、通電不良状態でした。
 ⇒手でしばらく回転させたら、被膜が飛んで回転を始めました。
 CRC 5-56を塗布しました。
2.息の吹き込みスイッチ
 板バネスイッチを息の勢いでON/OFFする仕掛けが壊れていました。マウスピースに相当する部分で、接着で分解できませんでした。、
 ⇒飾りの3つのピストンの内の真中のピストンを改造して、タクトスイッチを埋め込んで代行させました。
 真中のピストンを押せば、レコードが回転して音が出ます。
 本日、無事に受け取りました。
 今回は3点まとめて診て頂きありがとうございました。
 素早くて丁寧な修理、分かりやすいカルテ、感謝します。
 今回はありがとうございました。
 また何かありましたら、よろしくお願いします。
7069 東京

入院:
15.12.09
退院:15.12.12
レコードプレイヤー
付きミニオルガン

症状:針を換えたがレコードが鳴らない。他は正常。
治療:
 圧電型のピックアップ(カートリッジ)の電極が剥がれていたようです。
 剥がれた部分を磨いて、引き出し線を半田付けして、本体と再接続しました。
  レコードが後送になりましたので、動作を確認の結果は、音質、音量とも異常なしでした。
(同 上)
7068 鳥取

入院:
15.12.08
退院:15.12.09
ファービー

症状:母が景品でもらったみたいなのですが。症状としては、電池を入れても全く動かない。電池も液漏れしてまして、そのまま放置されてました。
治療:
 電池の蓋側の接点が、液漏れで「メタメタ」でした。
 ⇒電動の爪磨きで研磨しました。
 今後も、サビが進行しますので、時々、紙ヤスリなどで、サビを落としてください。
 どうも、ありがとうございました。
7067 東京

入院:
15.12.08
退院:15.12.09
クリスマスツリー

症状:電源の差込口がハズレてしまい、分解したのですが小さな銅板のようなものと、差し込み用のとがっているものがどのように付いていたか?うまく固定出来ません。電源を入れて手で銅板のようなものを差込あたりに触れさせるとハロゲン球が点きます。
治療:
 ACアダプター(出力=AC12V、24VA)からの入力ジャックが割れて、ケースが無くなっていました。
 ⇒手持ちのジャックと交換し、固定の押さえ金具を取り付けました。
 なお、ON/OFFスイッチの取付要請がありましたが、クリスマスツリー側にスイッチを付けると、ACアダプターが常時、付けっ放しになるので、心配です。
 スイッチ付きの「延長コード」をお奨めします。
 有難うございました。
 楽しみです。
7066 広島

入院:
15.12.08
退院:15.12.09
ベビーサークル

症状:取っ手のプラスチックの部分が折れてしまい、接着剤等でやってみたのですがうまくつきません。
治療:
 
扉の開閉固定金具の中軸が折れていました。
 ⇒折れた中軸の奥まで届くように、タッピンの長さを長くして固定しました。
 開閉する時は、裏表の腕を掴んで操作して下さい。
 無事に届きました。
 ありがとうございました。
 娘が1歳になりおもちゃもたくさん増えてきました。
 またお願いする事がありましたら、その時にはよろしくお願いします。
7065 千葉

入院:
15.12.08
退院:15.12.08
ダッフィー

症状:ペットの犬に噛まれてしまったことが原因で、鼻に被せてあった布は破かれ、プラスチックの部品も完全に取れてしまっていました。
治療:
1.背中の綿口を開けて、後頭部の綿と前頭部の綿を区別して出しました。(前頭部と後頭部の間には、布の隔壁があって、表情を作っている)
2.鼻とプラスチック座金を出して、新しいトイクロスに写して裁断しました。
3.鼻先の洗濯・乾燥
 鼻先を石鹸で「つまみ洗い」し、乾燥させました。
4.裁断したトイクロスの周りを縫い縮めて、プラスチックの鼻にフィットさせ、元に戻しました。5.綿を戻し、綿口を閉じました。
 本日無事にダッフィーが帰ってきました。
 娘は大喜びで、買ったときのままだーとすぐに抱きしめていました。
 親子ともに感謝の気持ちでいっぱいです。
 本当にありがとうございました。
7064 千葉

入院:
15.12.07
退院:15.12.07
くまのプーさん

症状:綿が偏ってしまって体がよれよれになってしまいました。特に首と手と足の部分が重症のような気がします。
治療:
1.背中の綿口から中綿を抜く
 「だまだま」の手芸綿、220gでした。
 鼻先の綿は、残置しました。
2.新しい手芸綿を詰めました。
 旧綿より、細い手芸綿でした。(310g)
3.綿口を閉じました。
 この度はお世話になりありがとうございました。
 クタクタになっていたプーさんが、元気になって戻ってきて、とても喜んでおります。
 また何かありましたら、よろしくお願いいたします。
7063 茨城

入院:
15.12.06
退院:15.12.06
ベッドメリー

症状:電池を入れぱなしにしていて液漏れしていて中の金具が錆びたり折れたりしてしまいました。
治療:
1.部品交換
単2電池3個の電池ボックスの中で、マイナス端子2個、ヒューズ1本、マイナスケーブル1本が、電池の液漏れで腐食していました。
 ⇒
 @マイナス端子は、手持ちのリン青銅板(厚さ0.4mm)を加工して、2mmビスナットで固定しました。
 Aヒューズは手持ちと交換しました。
 Bマイナスケーブルは手持ちと交換しました。
2.接点磨き
 交換しなかった、電池の端子は、念のため磨きました。
 無事に届きました!
 カルテで説明までついていてびっくりしました!
 ありがとうございました。
7061
7060
7059
7058
7057
兵庫

入院:
15.12.05
退院:15.12.05
ファービー
(5体)

症状:未開封のものを譲っていただいたのですが、電池を入れても動きません
治療:
◎5体共通
 モーターが固着していました。
 「モーターの固着」とは、長年、動作せずに放置されたので、ブラシと整流子間に絶縁被膜が出来て、通電できなくなったものです。
 ⇒腰の結束バンドを解いて、毛皮をめくり上げ、右半身のプラスチックカバーを開けて、モーターを手でしばらく回転させると、絶縁被膜が飛んで回復する。
 ついでに、モーターの軸受けにCRC 5-56を塗布しました。
◎ブチと黒茶
 スピーカー(直径=40mm)のボイスコイルが切れて音声が出せなくなっていました。
 ⇒手持ちのスピーカー(直径38mm)と交換しました。
 昨日、無事に受け取りました。
 皆、元気になって帰ってきてくれてとても嬉しいです。
 ご丁寧に対応くださり感謝しております。
 この度はありがとうございました。
7056 兵庫

入院:
15.12.05
退院:15.12.05
ベッドメリー

症状:本来は音楽が鳴りながらクルクル回るはずなんですが、付属の装飾品をつけると回りません。装飾品を外して回すと回ります。
治療:
 アームの先端の丸い部分の中の歯車(歯数=10)が割れて、空回りしていました。
 ⇒手持ちのピニオンギヤーと交換しました。
 先日は、ベッドメリーを治して下さり、有難うございました。
 一週間ぐらいは時間がかかると思っていましたが、到着した日に治して、その日に送って頂き、驚きました。
 帰宅してから、さっそく息子のベッドにつけて使用しています。
 本当に、ありがとうございました。
 また、違うおもちゃの具合が悪くなったら、お願いします。
7055 東京

入院:
15.12.04
退院:15.12.13
 Real Friend
E.T.

(写真なし)

 

症状:動作が途中で止まり、本体内部から大きめなモーター音、歯車が空回りしているような音がすることが頻繁にあります。
治療:
 当院に入院以来、故障現象が発生しない。
 幸い、保護者のお住まいが、東京都内だったので、ご足労いただき、相談の結果、もう少し、故障現象の頻発を待って、手術することにして、一旦、退院となりました。
 
7053 福井

入院:
15.12.04
退院:15.12.04
Micky's
Clock Shop

症状:キャラクターたちが家の中から出てきてクリスマスソングが流れるのですが作動はするのですが音が途切れたり小さくなったりと上手く鳴ってくれない。
治療:
 音量を調整する、ボリュウーム(可変抵抗器)の摺動片と抵抗板の接触が悪くなって、いわゆる「ガリオーム」になっていました。
 ⇒分解して、接触部に接点復活剤を吹き付けて回復しました。
 すごく嬉しいです!
 ありがとうございます(^^)
 また何かありましたらその時もよろしくお願いします(^^)
7052 福井

入院:
15.12.04
退院:15.12.04
Mickey's Marching Band

症状:キャラクターたちがベルを鳴らしクリスマスソングが流れるが作動しない。
治療:
1.入院直後、演奏動作とソングは流れました。
 しかし、12音の内、3音が鳴っていませんでした。
2.足の黄色なアヒル
 つり下げ金具が曲がって、鐘を叩く動作を妨げていました。
 ⇒起して、動作OKにしました。
3.足の緑のミッキー
 鐘を打つバチの先が無くなっていました。
 ⇒手持ちのプラスチックのボールを接着しました。
(同 上)
7051 神奈川

入院:
15.12.03
退院:15.12.03
みなみけ

症状:両腕両足の中に手を動かして固定出来る骨のようなものが入っています。(プラスチックのようなもの)その右腕接続部分が折れてしまいました…。
治療:
1.背中の綿口を開けて、右腕周辺の綿を出す。
2.折れた破片を見つける
 素材は、固くツルツルのプラスチックで、接着は不可能と判断しました。
3.破断面の外側にヤスリで浅い溝を付けて、直径0.9mmのステンレス線を2重巻きにして、縛り上げました。 
4.材質が「ツルツル」ですから、動かすと、外れそうです。極力、動かさないようにして下さい。(??)
 でも、きっと、外れるでしょうから、そうなったら、「ぽぽちゃん」のような、直径6mmの「デザインカラーワイヤ(アルミの針金をプラスチックで覆ったもの)」に、左右の腕を繋いで、交換するしかないでしょう。 
 
7050 大阪

入院:
15.12.02
退院:15.12.03
モノレール

症状:電池を入れるとローラーは回ってるようなのですがレールを走ってくれません。モーターが回る?度にカチッカチッと音が鳴ります。
治療:
 動力車を分解したら、動輪の2つ手前の歯車(歯数=10)が割れて空回りしていました。
 ⇒手持ちのピニオンギヤーと交換しました。
 昨日無事に退院してきました(^^)
 動かなくなってたおもちゃがまた動いた姿に子供達からおぉー!と歓声が上がりました!
 おもちゃのお医者さんには本当に感謝でいっぱいです。
 また他のおもちゃが故障してしまうことがありましたらご連絡させてください。
 この度は本当にありがとうございました(^^)
7049
7048
神奈川

入院:
15.12.02
退院:15.12.03
マーチングサンタ

せり上がるサンタ

症状:
◎マーチンングサンタ=サンタ、トナカイ、スノーマンの三体が連動して演奏しながら動くのですか動かなくなってしまいました。
◎せり上がるサンタ=お腹が上にあがらなくなりました。

治療:
◎マーチンングサンタサンタ=
 三体は、中身は全く同じでした。
 1.トナカイはスイッチがONのままで、電池が消耗していました。
  ⇒電池を交換してOKとなりました。
 2.サンタとスノーマン
  @モーター、スピーカー、スイッチなどの部品の動作はOKでした。
  Aモーターを制御しているトランジスター(8050)は、基板から外してチェックしましたが、OKでした。
  B8050のベースにICからの信号が来ていませんでした。
  Cスタートの音も鳴らないことから、ICの不良と判断しました。
◎せり上がるサンタ=
 1.モーター、スピーカー、スイッチ、光センサーなどの部品の動作はOK
 2.音声関係のケーブルが2本、基板から外れている。
 3.モーター制御トランジスターにICからの信号がない。
  などから、こちらも、IC不良と判断しました。
 これらのICは、これらのおもちゃ専用のICで、入手・交換はできません。
 オモチャが届きました。
 ありがとうございました。
7047 愛知

入院:
15.12.01
退院:15.12.02
ボンボンメロディ
ドラゴンさん

症状:ボールが飛びはねる力が弱くなりドラゴンの口から転がり出なくなりました。 電池を交換してみましたがダメでした。
治療:
 
1.ゴム膜の底板が振動して、ボールが転がり出る仕組みですが、ゴム膜が伸びて緩くなっているのが原因のようでした。
 ⇒スプリングを取付けて、底板を持ち上げることにしました。
2.回転スイッチが接触不良でした。
 ⇒分解・清掃しました。
3.電池
 単2電池3本が、メーカー混用でした。
 液漏れの原因になりますので、同一メーカーの電池を、同時に交換して下さい。 
           
 先ほどドラゴンさんが帰宅しました。
 あまりのスピード退院に驚きました。
 ありがとうございました!
 元気になって帰ってきて嬉しくて涙が出ました。
 修理のことを夫に話をしたとき、あっさりと「リサイクル店に同じのが売ってたから買えば?」と言われてしまいましたが長先生に直していただいて良かったです。
 子どもには物を大事にすること、贈ってくれた人の気持ちを考えられる人間になってもらいたいです。
 長くなりましたが、この度は本当にありがとうございました。
 また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。
7046 和歌山

入院:
15.11.30
退院:15.11.30
Dancing Baby

症状:音楽に合わせて体をクネクネさせるはずなのですが、音楽しか作動しません。
治療:
 モーターが長年、回転せずに放置されたため、ブラシと整流子間に絶縁被膜ができて、通電不能になっていました。
 ⇒手で、しばらく回してやったら、被膜が飛んで、回復しました。
 えぇっー
 もう修理していただけたんですか‼
 ありがとうございます‼
7045 東京

入院:
15.11.30
退院:15.12.02
ホームジュークボックス

症状:音楽は聴けるのですが、一番のお気に入りであった、レコードのターンテーブルが、回らず、新しいレコードもターンテーブルに入らなくなりました。このままにしておくのは、かわいそうですので、ぜひ、生き返らせて下さい。
治療:
 
奇妙なことが起こりました。
 修理を始めようと、電源を入れたら、「レコード板を選択するトレー」、「チェンジアーム」、「ターンテーブル」、「ピックアップ」の全てが完全に動きました。
 多分、輸送中の振動で、モーターのブラシと整流子間の絶縁被膜が飛んで、導通するようになったのでしょう。
 その後、何度、起動してもOKです。
 過去に、この「ホームジュークボックス」は3個、治療しています。(NO.4387、NO.6577、NO.6860)
 今回、いろいろいじっている間に、「コインモード」は、
 1.レコード番号を選択し、番号の点滅が消えないうちに、
 2.左上のコインモードボタン(?)を押しながら、コインを投入すれば、OKと言うことが分かりました。
 結局、分解もせずに、退院となりました。
 無事、ジュークボックスが届きました。
 ご丁寧にも機器のセッティングまでして頂きまして感謝致します。
 昨日から早速大活躍しています。
 今回は本当にありがとうございました。
7044
7043
大阪
滋賀

入院:
15.11.29
退院:15.11.30
プリモプエル
(2体)

症状:
◎モボチャン=@お尻尾を押さえても反応しません。A左手が時折、反応が悪いです。
◎モボ子ちゃん=@おでことほっぺたの光センサーの反応がありません。A右手を押さえても、反応しません。

治療:
◎モボチャン=
 尻尾は、背中の中からスイッチを出してみたら、付根で切れていました。
 ⇒切り詰めて再接続しました。
 左手は、症状が出ていませんでした。
 そろそろ、電池の交換時期です。(6Vが4.5Vに低下しています。)
◎モボ子ちゃん=
 後頭部を切開して、ほっぺとおでこの光センサー(CdS)見たら、2本のケーブルの内の1本が、切れていました。(ホッペとおでことも)
 ⇒感度を確認して、再接続し、本体の出口で、接続は確認しましたが、センサーが動作していることを確認できませんでした。
 右手は、動作OKのようです。
 先日は、プリモプエルのモボちゃんとモボ子ちゃんの治療ありがとうございました。
 二人とも元気に退院してくれて、我が家も皆、大喜びです。
 モボ子ちゃんのおでこセンサーも快調です。
 これからお寒くなりますのでお身体ご自愛ください。
7042
7041
7040
7039
東京

入院:
15.11.29
退院:15.11.30
機関車
(4台)

症状:
1. 大きめの赤色機関車=上部に3つのボタンあり、音はなるのですが、動かない状態です。
2. 小さめのトーマス=スイッチを入れても全く動かない状態です。
3. 小さめの黄色と赤の機関車=スイッチを入れても動かない状態です。
4. 小さめの青色の機関車=スイッチを入れても全く動かない状態です。

治療:
1. 大きめの赤色機関車=
 動輪の軸は回転しているのに、車輪が回転していませんでした。
 ⇒軸と車輪の間に糸を巻き付けて、摩擦で固定しました。
2. 小さめのトーマス=
 @電池のマイナス端子からのケーブルが切れていました。
 ⇒再接続しました。
 A電池ボックスや、床下のスイッチなど、接点が多く、「正に瞬間芸的な綱渡り」状態です。
3. 小さめの黄色と赤の機関車=
 @ON/OFFスイッチの接触不良
  ⇒分解して、接点を磨き再組立しました。
 A歯車の摩擦軽減のため、CRC 5-56を塗布しました。
4. 小さめの青色の機関車=
 @モーターが固着していました。
  ⇒手で回転して回復しました。
 A動輪の歯車が「逆」に入っていて、軋んでいました。
  ⇒元に戻しました。
 昨日、無事に受け取りました。
 ご丁寧な対応、ありがとうございます。
 4台とも動く事を確認しました。
 ただ、子供の扱いが荒く、早速2台は、動かなくなっていまいました。
 もう古いので、これが限界だと思います。
 本当に色々とありがとうございました。
7038 東京

入院:
15.11.29
退院:15.12.01
くま

症状:修理と言うより、傷みがととも酷く作り直しになるかと思いますので、布と綿を郵送させていただいで、お願いしたいのですが、宜しいでしょうか?
治療:
1.中綿を出して、片半身は解いて、新しい生地に「型」を写して裁断する準備をし、残りの片半身は縫製の参考に残しました。
2.持ち込まれた青いタオル地と当院の白いタオル地に写して、裁断しました。(写真撮影を失念しました。)
2.元々の生地は、タオル地に、何かが裏打ちされていたらしいので、耳には、フリース生地を2枚重ねで入れてみました。
3.かなり破れていたので、裁断・縫製は苦労しましたが、持主からご覧になると、「似ても似つかぬ」ものが出来上がったことを心配しています。
 長様とおもちゃクリニックの皆様
 只今、帰ってきました
 凄く子供も喜んでおります
 この度は本当に有難う御座いました
 また、何かの時には、どうぞ宜しくお願い致します
 寒いので、皆様体調にはお気をつけてください
 では、失礼いたします
7037
7036
大阪

入院:
15.11.29
退院:15.11.30
Furby
モルモット

症状:
◎Furby=最初からすぐに寝てしまうファービーでしたが頂いて半年くらいからおしゃべりはするが目が開かなくなりました。最後は動かなくなり電池を変えても反応しなくなりました。
◎モルモット=喋りかけると同じことばをマネする人形です。数ヶ月は使用してましたがその時の息子には早かったようで、よく投げたり落としてしまい、動かなくなりました。

治療:
◎Furby=
1.NO.7028と同じ方法で、モーターのブラシを交換しました。
2.リフレッシュボタンのケーブルが切れていました。
  ⇒接続しました。
◎モルモット=
 1.マイク、モーター、スピーカー、ヒューズ、スイッチ、など、部品はOK
 2.センサーのマイク(エレクトrwットコンデンサーマイク)にICから、電圧が掛っていない。
 などから、ICの故障とはんていしました。
 このICはこのおもちゃ専用で、入手・交換はできません。
 昨日、人形を受け取りました。
 治ったファービーを見て、子供も私達親もテンションがあがりました。
 壊れてしまったものがなおるってこんなに嬉しいんだな。って感じました。
 モルモットは残念でしたがこれからは大切に使いたいと思います。
 修理して頂きありがとうございました。
7035 神奈川

入院:
15.11.29
退院:15.11.30
人形

症状:
・胴体が綿が固まってしまい、首がグラグラしています。
・髪の毛がからまっています。
・顔・手が黒ずんでいます。

治療:
1.首の固定紐を解いて中綿を出す
 ウレタンフォーム混じりの手芸綿でした。
2.衣服、頭部、胴体を洗濯・乾燥
 胴体は、漂白もしてみましたが、あまり効果はありませんでした。
髪には、ブラシを入れました。
3.下着の腰回りのゴムを交換し、衣服のホックを3個付けました。
4.新しい手芸綿を入れました。
 235g
5.首は結束バンドで固定しました。
 お世話になります。
 昨日、修理をお願いしておりましたお人形が到着いたしました。
 可愛く復活して到着しました!
 とても早くて驚きです。
 ぐらぐらだった首もすっかりすわり、顔や手もきれいになっていて感動しました。
 ボサボサな髪もといてくださり、お洋服も修復していただけて感謝です。
 わかり易いように「カルテ」もつけていただけて助かりました。
 本当に、このたびはいろいろとありがとうございました。
 心から感謝申し上げます。
7034 兵庫

入院:
15.11.27
退院:15.11.27
ファービー

症状:電池を入れると動くが、音声が全くでない。
治療:
 
直径40mmのスピーカーのボイスコイルが切れて壊れていました。
 ⇒手持ちの直径38mmのスピーカーと交換しました。
 お世話になっております。
 本日、28日に無事ファービーを受け取りました。
 元気にしてくださって本当にありがとうございます!
 子どもの頃、おじに買ってもらったもので思い入れもあったのでまたファービーの声が聴けて本当に嬉しいです。
 ありがとうございます!!
 大切にします!!
7033 東京

入院:
15.11.27
退院:15.11.27
ミルル

症状:義母が抱っこしながら居眠りをしていて、手から滑り落ちてしまったとのことです。
治療:
 落とされたこととは関係がなかったようです。
 単2電池4本で6Vあるべきところが、1.6Vしかありませんでした。
 4本の中で、2本は、2.9Vでまあまでしたが、残りの2本が、−1.3Vで、逆充電されている状態でした。
 ⇒兎に角、新しいアルカリ電池4本と交換して下さい。
 メモリー用のボタン電池「CR2032」も、3Vのところが1.5VでNGでした。交換して下さい。
 この度は、お世話になりありがとうございました。
 原因が電池とは…本当にお恥ずかしい…。
 申し訳ございませんでした。
 「電池が原因のことが多い」とのことでしたので、母にも「新しい電池と交換したのか」と確認をしたのですが、したとのこと。
 きっと交換する時に古いものと混ざってしまったのかもしれませんね。
 また、このようなことがないように、電池チェッカーを購入します。
 本当にお忙しい中、お手数をおかけしました。
 感謝しております。ありがとうございました。
7032
7031
7030
神奈川

入院:
15.11.27
退院:15.11.27
ホームシアター
スマホ
リズム跳ね

症状:
◎ホームシアター=音が出なくなりました。映像も一瞬は映るのですがその後は真っ暗なります。
◎スマホ=動作しない。
◎リズム跳ね=ピョンピョン跳ねない。

治療:
◎ホームシアター=
 単2が4本で、6Vあるべきところが、4Vしかありませんでした。
 ⇒新しいアルカリ単2と交換して下さい。
◎スマホ=
 こちらも、単4が4本で6Vのところが、1Vしかありませんでした。
 ⇒新しいアルカリ単4と交換して下さい。
◎リズム跳ね=
 ON/OFFスイッチのケーブルが切れていました。
 ⇒再接続しました。
 先日はオモチャの診察。手術ありがとうございました。
 電池を入れ替えしたはずでしたが…
 2つが電池交換で申し訳ありませんでした。
 娘もオモチャがなおりとっても喜んでおります。
 これからもオモチャを大切に使って行こうと思います。
7029 兵庫

入院:
15.11.27
退院:15.11.27
マミートーク

症状:充電コードに繋ぐと光りますが、コードを外すと一切反応がありません。充電もできていないようです。
治療:
1.電池
 リチウムイオン電池(3.7V 1700mAH)が壊れていました。
 ⇒入手できないので、ACアダプター(出力4.2V 実測)を付けて遊ぶことにしたら、いいのではないかと思います。
2.サブ基板のコネクター
 過去にも例があったのですが、サブ基板が、メイン基板から、外れかけていました。
 ⇒元に戻して、ホットボンドで接着しました。
 本日、修理品を受け取りました。
 持ち運びで遊ぶことはできなくなりましたが、コードを繋げば音が出るので治って良かったです!
 もう無理だと諦めていたので本当に嬉しいです。
 子供も治った品で早速遊んでいます。
 ありがとうございました。
 本当に感謝しています。
7028 鳥取

入院:
15.11.26
退院:15.11.27
Furby

症状:前月中旬に購入したが、昨日から急に突然目の照明が消えてしまう。前屈みになったりしていたのが、起き上がってるというか、反らしている状態になっている。電池交換しても変わらず、リフレッシュボタンを押しても治らないです。
治療:
 NO.6958と同じ方法で修理しました。
 いつもの、モーターのブラシの「摩耗・折損・折れ曲がり・短絡」と判断しました。
 今回も、全分解方式でなく、半分解?でやってみました。
1.両耳を外し
2.裾の8本のタッピンを外し
3.毛皮を背中を中心にめくり上げ
4.背中のセンサーのアルミ箔をめくり
5.背中のプラスチックカバーを4本のタッピンで外し
6.モーターを5本のタッピンで外し
7.モーターを分解したら、ブラシが折れ曲がっていました。
8.マブチモーターのFA-130RA型のブラシの断面「V型」をI型」につぶして、半田付けで交換しました。
 どうも、ありがとうございました
 本当に感謝してます。
7027
7026
東京

入院:
15.11.26
退院:15.11.26
プリモプエル
コプエル

症状:
◎プリモプエル=最初は左手の反応が悪く、あまり反応しなかったのですが、しばらく経つと左手は急に良くなりその後、耳もとで話しかけるといつも「プリモプエル時間合わせてね」と言いリセットされてしまいます。最終的には『プリモプエルプリモプエル』と急速にいい、なにもできなくなってしまいました。
◎コプエル=治療後電池を入れてセットしている最中にドンドン声が小さくなりお話しできない状況です。

治療:
 
使用中の電池が同梱されていなかったので、確たることは言えませんが、・・・
 入院直後の当院の「電池での試験では、2匹とも、問題無く起動できました。
 2匹の症状から見ても、電池が一番疑わしいです。
 ⇒
 @新しいアルカリ電池で起動してください。
 A「電池チェッカー」を常備して下さい。
 迅速にご対応頂きありがとうございます。
 ホームページ拝見いたしました。
 電池が疑わしいということで、安心しました。
 新しい電池で試して見ます。
 先生の電池でちゃんとお話できるということで、二人の帰りを楽しみにしております。
 本当にいつもご丁寧に治療していただきありがとうございます。
7025
7024
東京

入院:
15.11.26
退院:15.11.26
サンダーバード3号
ファイズアクセル

症状:
◎サンダーバード3号=音声の調子が悪くおもちゃの中を確認した時に誤って配線を切ってしまいました。修理可能でしょうか?
◎ファイズアクセル=電池の端子(コイル)が外れている。

治療:
◎サンダーバード3号= 
 1.スピーカーの配線
  ⇒再接続しました。
 2.ヒューズが切れていました。
  ⇒手持ちのヒューズと交換しました。
◎ファイズアクセル=
 1.コイル状のマイナス端子が外れていました。
  ⇒を半田付けしました。
 2.押しボタンスイッチの接点
  ⇒磨きました。
 この度は、大変ありがとうございました。
 おもちゃも元気になり子供も喜んでおります。
 また、何かありましたらよろしくお願いいたします。
7023 群馬

入院:
15.11.26
退院:15.11.26
ベッドメリー

症状:途中で動きが止まる。
治療:
 本体ではなく、回転ヘッド内の小型歯車(歯数=8)が割れて、空回りしていました。
 ⇒手持ちのピニオンギヤーと交換しました。
 電池が、異なるメーカーの電池が混用されていましたが、「液漏れの原因」になりますので、同一メーカーの電池を同時に交換する習慣を付けて下さい。
 修理の依頼をしていましたベッドメリー。
 届きまして早速取り付けを致しました。
 息子も回っているメリーを目で追いながら大変喜んでおります。
 お礼が遅れましたが依頼をしてから手元に戻ってくるまでの日数が短く驚きました。
 ありがとうございました。
7022
7021
千葉

入院:
15.11.25
退院:15.11.26
プリモプエラ
プリモプエル

症状:
◎プリモプエラ=電池の液漏れがあり、新しい電池に入れ替えても、まったく動かなくなりました。
◎プリモプエル=右腕のボタンを押しても「お歌」が歌えません。何回か押してるとたまに歌てもらえますが・・・

治療:
◎プリモプエラ=
 1.液漏れ
  電池ボックス内も液漏れ跡がありましたが、ボックスと本体間が酷かったです。
  ⇒研磨しました。
 2.左手と尻尾のスイッチ
  接触不良でした。
  ⇒タクトスイッチを交換しました。
◎プリモプエル=
 右手のスイッチが接触不良でした。
 ⇒タクトスイッチを交換しました。
 今日。2人が我が家に帰ってきました。
 重症だった、プエラちゃんが元気にしゃべってくれています。
 また、プエルもお歌を大きな声で歌ってくれます。
 みんで「全快おめでとう!」と「ばんざい」です。
 本当にありがとうございました。
7020 千葉

入院:
15.11.25
退院:15.11.26
ダッキー

症状:電池残量がなくなった音楽が流れたため、新しいアルカリ電池を入れたところ、再設定が必要になりました。ボタン電池が消耗したと考え、新しいボタン電池を入れ再設定を試みましたが、設定が最後までできないうちにお話を始めたり、音楽が鳴ってしまいます。リセットボタンを押したり、数日おいてみたり、電池を換えてやり直してみてもやはり最後まで設定できません。
治療:
・ボタン電池を入れておけば、日時の設定は記憶されている。
・その状態で起動すると、「おしゃべりが、とめどもなく連続して、止まらない」
 この状態では、電池が、2日と持たない。
・両手のスイッチが、押されている状況が、電気的に作られてはいないか?
 例えば、スイッチのチャタリング防止用のタンタルチップコンデンサーがリークしているなどを疑ってみましたが、その疑いは晴れました。(両手のスイッチに掛る電圧を、2個のディジタルテスターで測定したら、約3.3Vで、電池の電圧が6V⇒4Vまで、3.3Vが維持されることが判明しました。)
 などなどで、「連続的なおしゃべりを命令している元凶」が特定できませんでした、ハードでなくソフトの問題かもしれません。
 お世話になり有難うございました。
7019 埼玉

入院:
15.11.25
退院:15.11.25
シェリーメイ

症状:ペットの犬に鼻を噛まれてしまい、鼻の部分の布がはげ、プラスチックの部分が出てしまい、表面がガタガタになってしまいました。ペットの犬に鼻を噛まれてしまい、鼻の部分の布がはげ、プラスチックの部分が出てしまい、表面がガタガタになってしまいました。
治療:
1.後頭部の綿口を開けて、鼻の隔壁の前後の綿を区別して抜きました。
2.鼻先の汚れをつまみ洗いしました。
3.プラスチックの鼻を外したら、カバー布が被っていたのではなく、静電塗装されていました。
 @傷をヤスリで磨き、
 A手持ちのトイクロスを裁断して、
 B周りを縫い縮めて、プラスチックにフィットさせました。
4.中綿を戻し、綿口を閉じました。
 こんばんは。本日シェリーメイが到着しました。
 お鼻が綺麗に治って、目も以前よりキラキラしたように見えました。
 本当に良かったです。ありがとうございました。
 大切にしたいと思います。
 また、お世話になると思いますが、よろしくお願いします。
7018 岐阜

入院:
15.11.24
退院:15.11.25
ネルル

症状:
➀目の開閉時にかなりの異音、振動。 
Aまつげが折れる程、目をきつくつぶり過ぎてしまう。
Bお母さんと呼ぶように設定してありますが、たまにお父さんと呼びます。 
C歌を歌わせる時、両手を同時に握るのですが、手の反応が鈍く4回目じゃないと歌わない時があります。

治療:
 頭を開頭して作業しました。
1.瞼を開閉する歯車が割れていました。これは、過去の症例、NO..6002とNO.6920と同じで、歯車の材質不良で、「ボロボロ」でした。
 ⇒手持ちのピニオンギヤー(歯数=10)と交換しました。
2.もうひとつの問題
 1と同じ軸の歯車(歯数=38)も材質不良で、歯が1枚欠けています。
 ⇒手持ちが無く交換できないのですが、何とか噛み合っているので、残念ながら、これで様子を見て下さい。
 訴えの@とAはこれで回復しているだろうと思います。
 BとCは、メモリーとかICの領域で、おもちゃ病院の及ばない部分です。
 本日、無事ネルルが帰宅しました。
 目の異音、振動が直り安心しました。
 かわいそうで、かわいそうで・・・
 ご丁寧に修理して頂き有難うございました。
 わかりやすい写真付きカルテも作成して頂き、大切に保管しておきます。
7017 埼玉

入院:
15.11.24
退院:15.11.25
人形

症状:
・まつげがとれかかっている
・髪の毛がボサボサになっている
・体の布がほつれたり、顔・手が黒くなっている

治療:
1.首を固定していた針金を解いて、中綿を出しました。
2.頭部、胴体を洗濯・乾燥
 髪には、ブラシを入れ、顔は、2度洗いしました。
3.胴体の布部の縫製
 体側線、股下などをミシンで上縫いしました。
4.睫毛の補修
 左目の睫毛を、手持ちの「付け睫毛」で補修しようとしましたが、上手く行きませんでした。
5.中綿を詰める
 新しい手芸綿を詰めました。(160g)
6.首はステンレス線で固定しました。
 人形無事に到着いたしました。
 遊ばれ疲れてクタクタいなっていた身体も、薄汚れて元気のなくなった顔も、とれかかったまつげもすっかりきれいにしていただき、本当にありがとうございました。
 人形の帰宅を心待ちにしていた娘も、箱を開けるやいなや「わー背が大きくなって顔もきれいになってる!」と、びっくり喜んでおりました。
 こんなにも丁寧に細かい修理をしていただき、本当に感謝しております。
 これからも親子で大事にしていきたいと思います。
7016 千葉

入院:
15.11.24
退院:15.11.25
Dancing Merry
Chimp

症状:動かない。
治療:
 電池ボックスが壊れていました。
1.マイナス端子
 液漏れで取り付け金具が腐って、外れていました。
 ⇒ケースに穴を多数開けて、真鍮線で端子板を縫い付けました。
2.電池の蓋が無くなっていました。
 ⇒アルミ板を加工して、取付ました。
 治していただき、本当にありがとうございました。
 40年前のオモチャが元気に動き出したので感激しました。
 子供も喜んでおります。
 ご自愛ください。
 ありがとうございました。
7015 埼玉

入院:
15.11.24
退院:15.11.25
ケアベア

症状:8年前に買ったものです。もともとパンパンに中綿が入っていたわけでは無いのですが 最近は首がグラグラ 手足の綿は片寄り、顔も小さくなってしまいました。
治療:
 背中の綿口を開けて作業しました。
 胴体の綿を、両上腕部に移して、頭部と胴体に新しい手芸綿を補充しました。(約60g)
 両足もほっそりしていますが、胴体との間はミシンで隔絶されているので、足の外側から、内部の綿を解してみました。
 ただいまケアベアが無事帰宅しました。
 やせ細りお顔にほうれい線まで出てきちゃっていたケアちゃんが
若返り 愛くるしい姿で戻ってきて たいへん感激しています。
 本当にありがとうございました。
 可愛がり過ぎてまたやせてしまったら 先生よろしくお願いします。
 急に寒くなりました。長先生 どうぞお身体ご自愛下さい。
 益々のご活躍お祈りします。  
7014
7013
栃木

入院:
15.11.23
退院:15.11.24
ダッキー
(2匹)

症状:
1台目=先日はダッキー(NO.6979)修理ありがとうございました。しばらく眼も快調だったのですが、いつもと違うモーター音が続いたらまた眼が開かなくなりました。お話はできるのですが。
2台目=もう一つのダッキーは頭のセンサーの反応がありません。両足のセンサーは大丈夫なようです。お話もできます。何故かこちらのほうが痩せています。

治療:
1台目=
 前回と同様に、ベルトが外れていました。
 ⇒合成ゴムの紐を瞬間接着剤で接着して交換しました。
2台目=
 @頭のセンサー(セラミックマイク)のケーブルが外れていました。
  ⇒再接続しました。しかし、反応が無く、プリント基板まで追跡しましたが、接続には異常はなく、プリント基板(ICを含む)の異常だと判断しました。
 A設定の段階で、「○○でいい? よかったら、頭をなでなでしてね」を繰り返して先に進めないので、遊べないと思われます。
 残念ながら、諦めるしか手が無いようです。
 お飾り用にと、綿を増加してみました。
 本日無事に戻りました。
 長先生には何度も診ていただいてとても感謝しています。
 ダッキー達もふっくらとしていただいてとても幸せそうです。
 お心遣いに私たち家族もとても喜んでいます。
 これからも大切にしていきます。
 長先生、本当にありがとうございました。
7012 大阪

入院:
15.11.23
退院:15.11.24
人形

症状:結婚記念にと、知り合いからプレゼントされたドール人形です。何年前から、人形の体部位の布全体にカビが生えてしまい。修理してもらえる所を探していました。
治療:
1.首の結束バンドを外して、胴体の中綿を抜きました。
 両腕と両足は、「封じ切り」なので、そのまま残置しました。
2.頭部、靴下、靴を含めて洗濯・乾燥
 胴体は、洗った後、漂白してみましたが、あまり効果がありませんでした。
3.綿を詰める
 新しい手芸綿を詰め(60g)、新しい結束バンドで首を固定しました。
 
7011 福岡

入院:
15.11.22
退院:15.11.22
電動レールGOGO
症状:突然スィッチ入れても反応しなくなりバッテリー上がりかと思い充電もしましたが反応しません、新しいバッテリーにも取替ましたが症状は同じです メーカーにアドバイスを受け赤外線コントローラーのチェックもしましたが異常無しでした。後は基盤の不良ですが基盤の供給できないと断られました。 
治療:
1.コントローラー
 カメラで、赤外線の発光をチェックしてOK
2.本体
 @「ON/OFFスイッチ」、「モーター」、「前後の受光器」、「電池の電圧」、「ACアダプター」など、異常なし
 A唯一怪しいのは、プリント基板です。「電源の6Vは引き込まれている」、「コントローラーからの赤外線信号は受光されている」
 B「メロディも出ない」、「ヘヤードライヤーでICを加熱しても状態変化せず」などから、コントローラーからの信号を解読し、メロディを記憶しているICが破損していると判断しました。
 
7008 大分

入院:
15.11.21
退院:15.11.22
Furby

症状:最近声がおかしくなってしまいました。電池を入れ直してみたら少しだけ戻って、すぐにもっとノイズが混じるようになってしまいました。
治療:
 結論から先に言うと、「電池が消耗し切っていました」です。
 同梱して頂いたアルカリ単3電池を、「電池チェッカー」でテストしたら、4本とも、「NO GOOD」でした。
 実際に実装して、電圧を測定したら、モーターが回転し、しゃべっている時は、6Vのところが2V位に低下していました。
 低くても、5V位は確保しないと、正常な動作は期待できません。
 ⇒「電池チェッカー」を常備して、時々チェックしながら、遊んでください。
 今日ファービーが戻ってきました。
 新品の電池だと疑いもなく使用したのですが、勘違いだったようですね…!
 もっと電池を調べるべきでした…お恥ずかしい限りです。
 お手数おかけしました…
 でも故障じゃなくてよかったです。本当に安心しました!
 長先生ありがとうございます!
 とにかくまずは電池チェッカーを買って、何かあったら電池を疑おうと思います…
 これからますますファービーを大事にできそうです。
 本当にありがとうございます。
 カルテがとても可愛いので、これも大事に取っておこうと思います(笑)
7007 東京

入院:
15.11.20
退院:15.11.20
ファービーベイビー

症状:フリマで購入したファービーベイビーの修理をお願いしたいのですが、購入時から電池を入れ替えても全く動きませんでした。
治療:
 腰回りの結束バンドを外して、毛皮をめくり上げ、プラスチックカバーの隙間から、電源を入れたまま、モーターを手で回転させたら、しばらくして、自主的に回転を始めました。
 原因は、長時間、不動作で放置されたため、モーターのブラシと整流子間に絶縁被膜だ生成して不導通になっていたものを、手で回して、被膜を飛ばしたことになりました。
 ベイビー無事到着しました。
 やっとこの子の声を聴くことが出来て嬉しいです。
 この子の名前はイーディちゃんというみたいです。
 これからもイーディちゃんを可愛がっていきます。
 本当にありがとうございました。
7006 東京

入院:
15.11.20
退院:15.11.20
シロクマ

症状:姪は3歳半になりましたが、今でも寝るときはJJがいないと寝付けません。そのため、シロクマが、損傷も酷く、普通のクマのような色になっています。
治療:
1.背中の綿口から中綿を抜く
 ダマダマの手芸綿(約42g)とビーズでした。
2.洗濯・乾燥
3.補修
 @補修跡の縫い目を解く
 A左脇の破れを、メリヤス地を当てて補修クロスで接着
 B胴体の再縫製
 殆どの縫い目を、ミシンで上縫い
4.綿詰め
 @ビーズを足先と手先に詰めて、
 A新しい手芸綿を詰めました。(65g)
 Bお尻には、ビーズ袋を戻しました。
5.生地の交換に付いて
 胴体と両腕は、毛皮の「毛」が殆ど無くなって、生地の交換も考えましたが、
 @同じ「色」、「風合い」のフアー(毛皮)は絶対に入手出来ない。
 A生地を新しくすると、印象、イメージが激変して、愛着感が阻害される。
 などの理由で、「補修」に留めました。
 この度は、白クマのぬいぐるみを治療しいただき、ありがとうございました。
 白クマに戻り、げんきにふくよかになって退院してきたのには、びっくりしました。
 1日と言う短い時間で、また、布地を取り替えずに、そのままの肌感を保って下さった心遣いに、本当に感謝しています。 
 姪のもとにはまだ届いていないので、また、姪からの反応を聞けたら、また、メールさせて頂きます。
 ありがとうございました。
7005 北海道

入院:
15.11.18
退院:15.11.19
コプエル

症状:先日お世話になったばかりのコプエルです。今度は右手のセンサーが利かなくなりました。
治療:
 右腕の外側を切開して、スイッチを見たら、断線はなく、スイッチの接点が少し汚れているだけでした。
 ⇒高密度織布で清掃して回復しました。
 治療していただき、ありがとうございました。
 HPで確認いたしました。
 断線以外にも原因があったのですね…。
 お迎えしてからだいぶ年数がたっていますし、仕方のないことなのでしょうか。
 大事にしなくてはと思います。
 元気に帰ってきてくるのを楽しみにしております。
 先生もお体を大切になさってください。
 またお世話になることがあると思いますので、その時にはよろしく願いいたします。
7004
7003
京都

入院:
15.11.18
退院:15.11.19
お風呂
のおもちゃ
(2台)

症状:お風呂で遊ぶモーターで水を汲み上げて遊ぶおもちゃです。どちらも新しい電池を入れても動かない状態で元々入っていた電池は錆びていました。
治療:
◎1台目
 ポンプの蛇腹の取付口のコネクター部の接触不良でした。
 ⇒ネジを締め直して回復しました。
◎2台目
 1.モーターが浸水し、サビ付いていました。
  ⇒しばらく外部から強制的に回転させて、なんとか、回復しました。
 2.電池の端子のサビ
  ⇒磨きました。
 
7002 東京

入院:
15.11.18
退院:15.11.19
電車

症状:子供時代のおもちゃがあります。しかし、この電池のおもちゃはもう動けない、錆のせいだと思います。
治療:
1.モーター
 長年、遊ばれないで放置されたために、モーターのブラシと整流子間に絶縁被膜が生成されて、通電不能になったもです。
 ⇒ケースの隙間から細い棒を入れて、モーターを強制的にしばらく回転させて回復しました。
2.油切れ
 ⇒モーターと歯車にCRC 5−56を塗布しました。
3.前面窓下の破れ
 ⇒瞬間接着で補修しました。
 長先生、
 誠に有難うございました。
 今朝、箱を開けて、電車を出して、バッテリーを入れて...そして、40年ぶり聞こえなっかた音は出ました!
 有難うございました。
7001 滋賀

入院:
15.11.16
退院:15.11.16
ロバのオルゴール

症状:タンスの棚から 畳の上に落下しました。棒を回してオルゴールを鳴らそうとすると、ものすごい速度で回転した後 すぐに停止します。(首は振りません)
治療:
 
毛皮を脱がせて、プラスチックのケースを開けて見たら、風車の1つ手前の歯車の「歯」が1枚欠けていました。
 ⇒手持ちの歯車と交換しました。
 元通りに動きもなめらかです。
 こんなに早く治していただけるとは 思っていませんでした。
 大切な宝物が帰ってきたことが 何よりもうれしく 感謝の気持ちでいっぱいです。
 本当にありがとうございました。