当クリニックの種類別診療日誌(イヌのぬいぐるみ)    



おもちゃ

出身地
入院日
退院日
おもちゃの
名前
写真
カ ル テ の 抜 粋
治  療  の  結  果
保 護 者 の 声
3385 千葉

入院:
11.07.07
退院:
11.07.08


症状:体のあちらこちらの毛がぬけており、背中から綿とビーズも出てきてしまいました。目元の生地と毛も薄く、目が中に入り込んでしまうこともしばしばあります
治療:
1.背中を開けて中綿を抜く
 元々の綿は「だまだま」でした。
 頭部=34g、胴体=30g、ビーズ=164g
2.洗濯
3.鼻布の補修
 一部剥げていたので、手持ちの合成皮革と交換しました。
4.背中の開口部の補修
 布の裂けを補修した跡を解いて、糸で寄せ合わせて、その上を補修クロスで接着しました。
5.両目の下の補修
 目の裏に補修クロスを接着し、改めて穴を開け直して、目玉を取付ました。
6.中綿、ビーズ
 ビーズは、四肢に均等に入れて、中綿は新しい手芸綿を、頭部に34g、胴体には少し多めの46g入れました。
 先日は「うめ吉」の治療をして頂きまして、誠にありがとうございました。
 退院して元気になって戻ってきたうめ吉を見た5歳の娘の、それはそれは、嬉しそうなこと。
 ケガ(?)をした背中や、目、きれいになった鼻を見て触って「よかったね・うめ吉!!」と抱きしめておりました。
 中の綿も新しくなり、今までクタッと寝ころんでばかりの「うめ吉」でしたが、1人で四肢で立ち、娘が遊んでくれるのを待ている姿はなんとも新しい魂が宿ったかのように可愛らしく見えます。
 娘やうめ吉のそのような姿を見ると、私ども親も、改めて、物を大切にする心を学んだ気がいたします。
3362 千葉

入院:
11.06.28
退院:
11.06.29
THE DOG

症状:犬のぬいぐるみの鼻の部分にひびが入ってしまいました。お鼻の部分は、皮がはがれないようにと思い、マニキュアのトップコートを塗ってますが,修理出来ますでしょうか?
治療:
1.背中を開けて、中綿を抜く
2.破れた鼻先を外して、全体を洗濯 
 かなり汚れていた感じでした。
3.鼻先を解いて、アイロンを掛け
4.合成皮革を購入
 手持ちの合成皮革では色が少し違うので、新宿・オカダヤで購入しました。
5.裁断・縫製
 縫製は、手で下縫いして、ミシンで仕上げました。
6.中綿
 元に戻して、背中を閉じました。
 昨日の午後に無事に届きました。
 対応も早く且つ丁寧で元よりも更に甦った気がします。
 本当に有難うございました。
3322 東京

入院:
11.06.11
退院:
11.06.12


症状:
 
・全体的に色がくすみ内部の綿がくったりしている。
 ・しっぽの一部の縫い目がとれ、穴が開いてしまっている。
 ・目・両腕の布がすり減って中身が見えてきている。特に、両目は今にもとれてしまいそうなほど危険な状態。

治療:
1.お腹を開けて中綿を抜く
2.洗濯
3.尻尾の「ほつれ」
 胴体から外して、ミシンを掛けようとしましたが、生地が弱くなっているので、裏返すと破れそうでしたので、表側から、繕いました。
4、両手、両足先の「擦り切れ」
 裏から、ガーゼ地を補修クロスで接着し、さらに、表から縫い縮めました。
5.目の周辺
 接着された目玉を一旦外して作業しました。
 ガーゼ地を2重にして、目の周りの薄緑生地の大きさに縁どりして、裏から周囲は手縫いで縫い付け、中は、補修クロスで接着しました。
 新宿のオカダヤで、薄緑生地の色に似た毛糸を「刺繍用糸」がら捜して2種類購入しました。
 4本撚りを、2本づつに解いて、ガーゼ地を頼りに「U字型」に刺しながら、剥げた部分を埋めました。単にU字型に刺しただけですから、簡単にぬけますので、いじらないでください。
6.表情糸
 両目の上から顎まで、プラスチックの索が張ってありましたが、作業上一旦切断し、再度、糸で同じ長さで取付ました。
7.中綿
 旧の綿は「だまだま」だったので、新しい手芸綿と交換しました。(84g⇒85g)
 先日「相棒」が無事戻って参りました!
 生地自体がすり減って修復不可能と思っていたところまできれいに直してください、本当にありがとうございます。
 もう十分長生きしている「相棒」ですが、
 これからも引き続き変わらず私の「相棒」でいてもらえそうです。
 本当にありがとうございました!!
3255 東京

入院:
11.05.10
退院:
11.05.10
プルート

症状:鼻が取れかけてしまっています。前に自分で治そうとボンドでくっつけたのですがすぐ取れてしまいました。それと、長い間一緒に過ごしていたので毛もボサボサになってしまいました。
治療:
1.お腹の開口部から中綿を抜く
2.鼻を外して、洗濯
3.鼻穴の生地を補修
 鼻下の生地が、鼻の形にむしり取られて無くなっていました。
 ⇒@裏から穴の周辺を糸で絞り
   A穴を塞ぐフェルトを補修クロスで接着しました。
4.鼻を戻す
 裏からの当て板は、瞬間接着で鼻の軸と固定しました。
5.中綿
 ビーズの84gは4肢に等分に21gづつ入れて、手芸綿90gは、「だまだま」だったので、新しい手芸綿と交換しました。
 こんにちは。プルート、治していただきありがとうございます。
 これからは、もうちょっとやさしくします。
 すごく、元気になったプルートの姿を見て、安心しました。
 ほかにもぬいぐるみなどたくさんあるので、お世話になるかもしれません。
 その時も、どうか、よろしくお願いします。
3243 東京

入院:
11.05.01
退院:
11.05.02
いぬ

症状:
・毛がはがれている
・首に穴が空いている
・中の詰め物がしぼんで、よれている

治療:
1.お腹の開口部から中綿を抜きました
2.洗濯
3.首の穴と毛の「はげはげ」で首回りの生地の部分交換を決意し、新宿・オカダヤで似た生地を購入しました。
4.患部の切除と裁断
 頭の下部と胸の上部をまたがって、輪切りにしました。(2cm)
 ⇒縫い代を入れて3cmの円筒を新しい生地で作って両端をそれぞれ頭と胸に縫合しました。
5.中綿
 新しい手芸綿と交換しました。(110g)
 ぬいぐるみ受取りました。
 首のはげはげも処置していただきありがとうございました。
 以前はふにゃふにゃでしたが、中綿もパンパンになり、首もしっかりつながり、すっかり蘇りました。
 お礼が遅くなりすみません。
 本当にありがとうございました。
3234 東京

入院:
11.04.23
退院:
11.04.24
いぬ

症状:目と鼻の生地がはげ落ちてしまい、娘の手や口にくっついてしまいす。
治療:
 目と鼻の合成皮革が経年劣化して「べたべた」になって、剥げ落ちたものでした。
1.頭の中から作業するため、背中の開口部を開けて、頭の綿を抜きました。
2.鼻と目の「かしめ」を外して、抜き出しました。
3.目の合皮を新宿・オカダヤで購入しました。(鼻の合皮は手持ちあり)
4.劣化した合皮を外して、新しい合皮に写して裁断し、周囲を絞って交換しました。
5.目と、鼻の周辺が汚れていたので、頭だけを、部分洗濯しました。
6.頭の綿を元に戻しました。
 ありがとうございます。
 先ほど届きました。
 とってもうれしいです。
 娘も喜んでいます。
3211 東京

入院:
11.04.15
退院:
11.04.16


症状:両方の腕の付け根がほつれ、腕の綿がかなり萎んでいる感じです。右目、鼻も取れそうです。あとは全体もうす汚れています。
治療:
1.背中の開口部を開けて、中綿を抜く
 中綿は、ウレタンフォーム、ポリスチロール、ポリエルテル綿の混合で、ウレタンフォームは、茶色に劣化していました。
2.せんたく・乾燥
3.補修
 腕の付け根の「解れ」でなく、生地が弱くなって破れていました。
 ⇒手縫いで、縫い縮めました。
4.目と鼻
 両目は、中から糸で引っ張っていますから、抜けることはありません。
 鼻は、木の板で、ストッパーを付けました。
5.中綿
 新しい手芸綿と交換しました。(130g)
 今回は犬のヌイグルミを治して頂きありがとうございます!!
 3才の時から、大好きで、大切にしてきたものなので、キレイにフワフワに治療して頂き、大変感謝しております。
 いつまでも大切にしていきたいです!!
 本当にありがとうございます。(^。^)
3205 東京

入院:
11.04.12
退院:
11.04.13
犬の抱き枕

症状:修理していただきたいのは縫合のほつれと、中の綿?の偏りとつぶれです。
治療:
1.すでに解れて開いていたお腹の開口部から、中綿を出しました。
 頭部=135g
 腹部=550g
 いずれも、「だまだま」でした。
2.洗濯
3.尻尾の綿交換
 尻尾は、胴体とは通じていなくて、封じ切りになっているので、一旦、尻尾を外して、綿を交換して、再度、縫い付けました。
4.中綿入れ
 購入時と同じ感触になるように、同じ重量の手芸綿を、頭部、腹部に入れました。
 頭部=140g
 腹部=550g
5.「縫合のほつれ」と思われた、お腹の開口部を手縫いで閉じました。
6.左足の爪
 刺繍糸で作られていた、爪の糸が無くなっていたので、手持ちの刺繍糸で再生しました。
 お返事が遅くなり、すみません。
 直していただいた抱き枕の犬も無事到着しました。
 娘も喜んでいます。
 ありがとうございました。
3202 東京

入院:
11.04.11
退院:
11.04.12


症状:もともとクッタリとしたぬいぐるみですが、全体的に中の綿がぼろぼろで特に上半身の綿が足のほうに寄ってしまい、首と手がプラプラです。また縫い目もところどころほつれています。
治療:
1.お腹の開口部を開けて、中綿・ビーズを抜く
 表情を維持するように、頭と胴体を区別して抜きました。
 頭=60g、胴体=300g
2.洗濯
3.補修
 首回りとお尻の解れの補修跡を解いて、ミシンで再縫製しました。
 また、右足に「縫い代」不足で縫い目が外れている部分があったので、少し内側を再縫製しました。
4.中綿・ビーズを戻す
 ビーズは袋に入って手足の爪の糸で縫い込まれていますが、右手の袋が破れていたので、手持ちのビーズを補充して、袋は補修しました。
 中綿は、新しい手芸綿を、頭60g、胴体330g入れました。
 尻尾は、一旦外して、綿を入れ換えて、再度、縫い付けました。
 本日、到着しました。
 そういえば。こんなに大きかったのだと驚きました。
 綺麗にいていただき、感激です。
 これから大切にします!
3191 東京

入院:
11.04.06
退院:
11.04.07
いぬ

症状:
・目が外れそう&破けてきています。(娘がかじってしまう為、ガリガリとしていました。
・尻尾と目の周りの汚れ。(尻尾を舐めるのが好きで、とても汚れています。色が沈着してきています。
・中綿が偏っています。(毎日の様に遊んだり抱っこしたりしていたので、くたくたです。)

治療:
1.背中を開けて、中綿を抜く
 お尻用のビーズの袋が、片足に落ち込んでいました。綿は、「だまだま」でした。
2.洗濯
 洗濯用の固形石鹸で、揉み洗いしました。
3.目玉
 表面がガリガリだったので、新宿のオカダヤで3組、購入しました。(目玉代299円、交通費400円)
4.補修
 目の周りが破れていたので、タオル地を補修クロスで接着しました。
5.中綿
 お尻のビーズ袋を尻尾の辺りに縫い付けて固定し、新しい手芸綿を旧綿と同じ分量(約40g)入れました。
 犬のぬいぐるみ、今日届きました!
 こんなにキレイに元気になって帰ってきて、びっくりしています。
 娘も、大好きなワンワンを見て、「きゃ〜!」っと目を輝かせて喜んでいました!
 ありがとうございました!!
3173 愛知

入院:
11.03.25
退院:
11.03.25
プルート

症状:首周りや腕など 中綿が減ってしまい、かなりみすぼらしくなってしまいました。
洗濯は数回したのですが、シャギー毛に毛玉がたくさんついてしまいました。

治療:
1.背中の開口部を開けて、中綿を抜く(193g)
2.洗濯・ソフター(ハミング1/3)
 脱水して、天日乾し、で間に合わず、ヘヤードライヤーで強制乾燥しました。
3.毛玉?
 毛玉と言うより、ごみくず??
 荷作りテープを片手に、ピンセットで、毛の中の異物・ごみ・糸くずなどをテープにくっ付けながら除去しました。
 まだ、完全ではありませんから、暇を見つけてやってください。
4.中綿
 元々の綿は「だまだま」だったので、新しい手芸綿と交換しました。
 193g⇒250g
 先生、今日 プルートが帰ってきました。
 即日退院させていただき、本当にありがとうございます。
 ややふっくらしたプルートを ギューッと抱きしめている娘を見て、先生にお願いしてよかったと 心底思いました。

 ところで…。
 プルートの首輪に付いていた てんとう虫のポイントが見当たりません…。
 お洗濯していただいたときに 取れてしまったのでしょうか??
3169
3168
大阪

入院:
11.03.22
退院:
11.03.24

(2匹)

症状:
・輪の周り、頭のてっぺんの毛がとてもかわいそうな状態になりました。
・大きい方は前足の裏が薄くなっていて中に入っているビース(?)が今にも出てきそうな状態です。
・小さい方は、首輪があたる両前足に私が、生地が良く似た布をつけたのですがあまり良い状態ではありせん。

治療:
1.中綿を抜いて洗濯
 頭の綿は、表情を変えないようにそのままにして、ボディの綿を抜いて洗濯しました。
2.大きい方の足の裏
 新宿のオカダヤで生地を購入して、交換しました。
3.小さい方の前足補修
 貼ってあった布を剥がして、裏から手縫いで解れを補修しました。
4.小さい方の擦り切れた毛
 オカダヤで「毛」と同じ色の毛糸を2種類購入して、擦り切れた部分を毛糸で「U字型」に刺してみました。
 お気に召さなければ、抜き取ってください。また、これでも良ければ、「大きい方」にも、暇を見て、やってみてください。愛着が湧くでしょう。(見本を同梱しています)
5.中綿
 ビーズは元に戻して、綿は、新しい手芸綿と交換しました。
 大きい方:17g⇒25g
 小さい方:2.8g⇒3.5g
 こんばんわ。
 今日(3/25)無事に家に帰ってきました。
 「大きい方」の足の裏もキレイになり、「小さい方」の首輪があたって擦り切れた部分もきれいにしていただきありがとうございました。
 少しポッチャリして元気になった感じがしてうれしかったです。
 本当に、ありがとうございました。

 「大きい方の犬」ですが、見本につけていただいていたのを見ながら、治療を少しずつですがやっています。
  また、他にもぬいぐるみがたくさんありますので、お世話になるかもしれません。
 その時は、またよろしくお願いいたします。
3142 東京

入院:
11.02.26
退院:
11.02.27


症状:
1.全体にパンヤがお尻に下がってクタクタで、だま毛状態です。
2.首が細くなり、グラグラでいつも前かがみです。
3.両手がうすっぺらになり、両脇の毛が摩耗しています。
4.右足の糸が部分的に切れています。

治療:
1.背中の開口部を開けて中綿を抜く
 ウレタンフォーム混じりの手芸綿(ポリエステル?)でした。(450g)
2.洗濯・漂白
 洗濯ネットに入れて、洗剤と漂白液(ワイドハイター)を入れて、洗濯機で洗濯しました。
3.乾燥
 脱水後、室内で自然乾燥させ、一部はヘヤードラーヤーでも乾燥させました。
4.中綿
 新しい手芸綿(ポリエステル)と交換しました。(550g)
5.四肢の糸
 細くなった糸を付け直しました。(刺繍糸、左手と両足)
6.脇の下の毛
 摩耗で毛が擦り切れたのですが、毛糸の専門店で色合わせをして、針で「U字」型に縫って、ハサミで切れば、一時しのぎはできます。
 近所の100円ショップで買った毛糸で右脇下をやてみましたが、色が合っていないので、ご自分で楽しみながらやってみてください。
 愛犬ぬいぐるみが無事に帰ってきました。
 ありがとうございました。
 ふかふかの毛並みに感激です。クタクタぬいさんが犬違いする程しゃっきりしてきれいになっています。
 本当にお世話になり、ありがとうございました。
3101 北海道

入院:
11.02.06
退院:
11.02.08
抱き枕
(ぬいぐるみ)

症状:先日電気ストーブの近くに人形を置き、電気ストーブに倒してしまいました。

 顔の右上部と耳の表側に火傷して、化繊の生地が溶けて硬くなっていました。
 その部分の生地を取りかえることにしました。
1.中綿を抜いて、耳を外す
2.耳を持って、オカダヤで生地を入手
 同じ生地は無いので、白色の毛足の長い生地を10cm購入しました。
3.耳を解いて前面の生地を取替
4.顔の右上部の火傷部を取替
 火傷のぎりぎりで切り取って、新しい生地をミシンで繋ぎました。
5.右目
古い右目を切り取って、新しい生地上に、左目と対称な位置に、ミシンで縫いつけました。
6.中綿を戻す
 古い綿をそのまま戻しました。(170g)
 本日商品到着致しました。
 今回は本当にありがとございます。
3082 北海道

入院:
11.01.26
退院:
11.01.26
抱き枕

症状:右の脇腹に穴が.、あとは、両腕の付け根辺りの綿が移動してしまったのか薄くなってしまいました。.
治療:
1.補修
 右脇の穴の少し下の開口部を開けて、お腹の部分の綿を出しました。
 脇腹の穴を裏返して、ミシンで縫いました。
2.中綿
 胸の部分の綿を上腕部に移して、お腹に綿を補充しました。(30g)
 本日、無事に届きました!
 また元気な姿に戻っていて本当に安心しています。
 我が家は大家族なので、またお世話になる事があると思いますので、その時はよろしくお願いします。
 本当にありがとうございました!
3068 神奈川

入院:
11.01.22
退院:
11.01.25
スヌーピー

症状:寝るとき、旅行に行くとき、いつもいっしょの仲良しです。家では、犬などのペットを飼っている訳ではなく、わんこがうちのペットになっている感じです。何度か、手洗いで洗ってあげたりして、だんだんくたびれて、布の部分もなくなり、綿も見え、かなり疲れてしまいました。穴が開いて、綿が出そうなところや、生地が薄くなったところがほつれてしまい、心配です。あと、首が折れそうです。
治療:
 生地は「はげはげ」ですが、交換しようとしても、同じ生地は入手不可能だし、イメージは激変して、がっかりさせるし、小さくて作業もしづらいし、・・と言うことで、補修することにしました。
1.中綿を抜いて、洗濯
2.鼻のクロス交換
 手持ちの合皮と交換しました。
3.耳
 中に縮んだ綿が入っているようだったので、一旦、外して、縮んだ綿を出して、フリース生地を耳の形に裁断して入れました。
 また、上下を入れ換えて、摩耗した部分が目立たないようにしました。
4.胸、首の破れ
 裏から、強引にガーゼ地を縫い目の「縫い代」に手縫いで縫いつけて、胸から首の部分が、2重になるようにしました。(ガーゼ地を補修クロスで接着しようと考えましたが、元々の生地が、万一、溶ける心配をしました。)
5.中綿
 新しい手芸綿と交換しました。(25g)
 こんばんは。
 今日、スヌーピーが帰ってきました。
 長先生、診療ありがとうございました。
 おかげさまで、わんこも若返りをして、また家の一員として楽しく暮らせることになりました。
 色白になり、首もきちんとすわり安定感もあり、長生きできそうです。
 家族も、喜んでいます。
 娘は、今晩からさっそく、一緒に寝ています。
(娘さんから)
 
スヌーピーを直してくださってありがとうございました。
 スヌーピーが若くなってのでよかったです。
 これからもスヌーピーといっしょに旅行などができます。
 直してもらって本当によかったです。
3059 京都

入院:
11.01.21
退院:
11.01.22
カバン型の
ぬいぐるみ


症状:
1.口が破れている。
2.鼻がはげている。
3.首とカバンの取っ手の付け根がはずれかかっている。
4.ゴム素材のひげや毛が伸び放題。
5.経年のせいで、うす汚れている。

治療:
1.首を外して中綿を抜く
2.耳、口、鼻を解いて、洗濯
 かなり汚れていました。
3.口
 赤いフェルトを購入して、裁断・縫製しました。
 フェルトの上板、下板は、プラスチック板で再生し、ホットボンドで接着しました。
4.鼻
 手持ちの合皮で、裁断・絞り・取付
5.ひげと髪の毛
 手持ちの黒いゴム紐と交換しました。伸び放題の長さに合せましたので、適当に切り詰めてください。
6.耳の中の針金
 針金が、一方は折れて、他方は根元に縮こまっていました。
 ⇒直径2mmのアルミ線と交換しました。
7.目玉の黒目
 色が薄くなっていたので、鼻に使った合皮と交換し、ホットボンドで接着しました。
8.表情糸(?)
 両目の中間点と口の奥の間を糸で結んで、顔の格好を作っていた糸は再生しました。
9.綿袋
 胴体はカバンになっていますが、カバンとしては使わないと言うことなので、ガーゼ地で袋を作って、手芸綿を50g入れて、ダミーの中身を作ってお腹を満たしてみました。
 この度はお手数をお掛けしました。
 耳が折れていたことも忘れていたのに、きちんと診療していただき、ありがとうございます。
 また、お腹の中に綿まで詰めていただいて・・・。
 目も力強くなり、またふわふわで手ざわりもよくなりました!
 綺麗になったオーネを持って、お嫁に行きたいと思います☆
 本当にありがとうございました!!
3058 神奈川

入院:
11.01.18
退院:
11.01.20


症状:10年くらい前に服が破けてしまったので、勤めていた会社の方に、一度修理をしていただいたのですが、今度は洗ったのを乾かすために、ストーブにあてていたら、体がこげてしまいました…。中の綿も不揃いな感じになっているので、この際身体のパーツの修理をお願いできないでしょうか。
治療:
1.修理跡を解く
 白いメリヤス生地で破れた体を覆う形で修理されていました。(尻尾と足は出して)それを解いたら、元々の生地が破れたまま出てきたので、左右別の生地で出来ていたことが判明しました。
2.補修方法
 元に戻そうと、持ち主に相談したら、「白いブチ犬」が望みだと言うことで、腕の材料として同梱していただいたブラウスを利用して体を作製し縫製しました。
 旧部品で、使用可能な物は、極力使用することにして、頭、手、足、尻尾は流用しました。
 縫製は、新たに製作するように、ミシンで仕上げました。
3.中綿
 同梱頂いた手芸綿を、70g詰めました。
 先ほど無事にわんちゃんを受け取りました。
 修理をしていただいたのは、本体の部分のみかと思っていたのですが、腕もふこふこになって戻ってきてくれて感動です。
 本当にどうもありがとうございました。
 まばらで不揃いになっていた綿が入れ替わって、抱き心地が凄くよくなりました。
 これからは取り扱いに気をつけつつ、さらに大事にしていきたいと思います。
 でも、またうっかりダメにしてしまった時は、またよろしくお願いします。
 本当にどうもありがとうございました。
3030 鹿児島

入院:
11.01.05
退院:
11.01.06


症状:4年ほど前に買った犬のぬいぐるみです。毎日のようにだっこしたり,遊んだり,一緒に寝たりして両前足の中の綿がくたくたになり,折れてしまっています。
治療:
1.お腹の開口部を開けて中綿を抜く
2.洗濯
 洗濯機用の洗剤と固形石鹸で洗った後、ワイドハイターで漂白しました。(NO.3031のアザラシと一緒に)
3.中綿を戻す
 ドラーヤーで乾燥後、元々の綿を手で解して、戻しました。(147g)
 かなりしっかり詰めてありました。
4.お腹の開口部を閉じて完成
 この度は,娘の大事なぬいぐるみを修理してくださり,ありがとうございました。
 自宅に戻ってきた瞬間から娘は抱っこし,外出の時も寒くないようにと包んで連れ出ています。
 これからも大切にしたいと思います。
 長先生は,本当に素晴らしいお仕事をされていると思います。感謝しています。
 本当にありがとうございました。
3024 千葉

入院:
10.12.30
退院:
10.12.30
スヌーピー

症状:40年大切にしているスヌーピーです。先日手洗いして、乾かしてみると鼻先から中綿?が見えるようになってしまいました。
治療:
1.濡れた綿を出す
 首を外し、さらに作業用の開口部を、背中と後頭部にあけて、湿った中綿を出しました。綿は、代用綿(?)で、茶色になって、生地が染まり始めていました。
2.補修
 @左耳の破れ:補修縫いしました。
 A鼻先、右耳下、喉元:ガーゼ地を補修クロスで接着しました。
3.中綿
 新しい手芸綿と交換しました。(220g)
4.首の固定
 本来は生地の強さと中綿の圧力で首が固定されていたと思われますが、生地は弱くなり、中綿も密度・比重が下がったので、紙の筒(直径15mm)を20cmくらい、頭と胴体に貫通させて、固定しました。
 なお、首の縫製は、タコ糸で手縫いしました。
(お電話で)
 
ありがとうございました。
 満足しています。
 今後ともよろしくおねがいします。

(お手紙で)
 この度は、本当にありがとうございました。
 私は、本気で一緒にお棺にいれるつもりでいるSNOOPYなのです。
 これからも大切にします。
 また、何かありましたら、よろしくお願いします。

3016
3015
千葉

入院:
10.12.24
退院:
10.12.24
スヌーピー
(2体)

症状:毎日一緒に寝ているのもあり、2体ともお腹の綿がほとんどつぶれてしまい、お腹がぺったんこな状態です。首の部分や腕の付け根も綿がなくくたくたな状態です。
治療:
1.背中の開口部を開けて、中綿を抜く
 抜いた手芸綿は「だまだま」状態で、重量は、
 薄色のタグの方:103g
 濃色のタグの方:95g
 でした。
2.洗濯
 あまり汚れてはいないと判断しましたが、中綿を抜いたついでに軽く洗濯しました。
3.中綿を入れる
 新しい手芸綿を入れました。
 「バフバフ」が特徴のようですから、「そこそこ」にしました。(110gづつ)
 先日はぬいぐるみの修理ありがとうございました。
 こんなに早く対応して頂けるとは思っていなかったので嬉しかったです。
  元気になった帰って来て、短期間でぺしゃんこにならない様に、もっともっと大切にしようと感じました。
 本当にありがとうございました!
2956 神奈川

入院:
10.11.27
退院:
10.12.02
ハスキー犬

症状:クリーニング業者に出したところ、鼻の合成皮革が溶けて、ぼろぼろ、べたべたになって帰ってきました。その業者に修理を依頼したところ、1ヶ月以上かかりましたが、色も材質も違う荒っぽい縫製で返却され、持ち主が「違う子になっちゃった」と言って沈黙してしましました。
治療:
1.頭と上半身の中綿を抜く
 鼻の裏から作業をするために、最少限の綿を抜きました。
2.補修された鼻を解いて、鼻の周辺を洗濯
 元々の合成皮革の素材は撤去されてありませんでした。
 黒く汚れていた、鼻の周辺を石鹸で洗ってみましたが、クリーニングの溶剤で溶けて浸み出した色で改善できませんでした。
3.新しい素材の探索
 「ダークグレー」と言うことで、手持ちの合成皮革の写真を送ってみましたが、しっくりせず。持ち主に納得しての購入を依頼し、当院も新宿のオカダヤでダークグレーの素材を探しだしてみました。
 持ち主の子供さんが納得した皮革が送られてきました。
4.鼻の交換作業
 本来はミシンで縫製されていたと思われますが、周りの縫製が済んだあとでの作業ですから、このスペースではミシンが入らず、手縫いでやりました。
 皮革を楕円形に裁断して、二本のラインで縫い縮めて形を作って(試行錯誤3〜4回)、鼻の穴に入れて、下縫いして、黒い糸で本縫いしました。
 何度も手が入って、鼻の周りが、解れていますので、仕上がりが滑らかになりませんでした。
5.中綿を戻して、背中を閉じる
 鼻の中の綿は、抜けないように、5〜6本の糸を車輪状に掛けました。
 体は、もともと、くたくたに綿が詰められているので、一つかみの綿を追加しました。
 3日(金曜日)の夕方に鼻の治療を終えて退院した「子しべ」が帰宅いたしました。
 結構な大手術になったようで、大変お手数をおかけしました。
 そのかいあって、かわいい鼻になっていました。ありがとうございました。
 持ち主も、じーっと見つめていましたが、「やっぱり子しべはかわいいよねぇ。」といって、涙目ではなく笑顔で撫でていたので、大丈夫なんだと思います。
 しばらく様子を見たのですが、相変わらず可愛がっているので、本当に良かったです。
 カルテも拝見しましたが、いろいろ試行錯誤をされたようで、申し訳なく、また、有難い気持ちでいっぱいです。

 それにしても、治療前の生地といったら、雑ですねえ。そのうえ、ぼろぼろとは。
 「きっと、その人は子しべのこと可愛いと思わなかったんだよ。皆可愛いって言ってくれるのに、可哀想な人だね。」…と言っていたのでなるほど、愛情の差を感じます。
 人が嫌がることは絶対にしないという優しい性格で、滅多に我が儘を言わないのに、頑として治療を主張したので、かなりのショックだったんだと思います。
2941 神奈川

入院:
10.11.19
退院:
10.11.20
いぬ

症状:小さいころから、大切にしていたぬいぐるみの鼻の周りが破けてきてしまいました。
治療:
1.中綿、ビーズを抜く
2.鼻を外す
 生地の状態を見るため、プラスチックの鼻を外しました。
 表側から見ると、元々の生地の毛足がめくれて外側に広がっているだけだと判断されます。
 裏側から見ると、生地はしっかりしていて、破れる心配は全くありません。
3.洗濯・補修
 洗濯して、乾燥させた後、鼻の周辺にアイロンをかけて、元々の毛足を倒し、ハサミとカッターナイフではみ出し分を修正してみました。
 いずれにしても、生地はしっかりしていますから、あまり気にせずにお過ごしください。
4.鼻を再取付して、中綿、ビーズを戻す
 おはようございます。
 修理ありがとうございました。
 HPの写真を見ました。元気になってよかったです。
 帰ってくるのが楽しみです。
 ほんとうにありがとうございました。

 11月30日に、この犬(太郎)と一緒に、鎌倉に紅葉を見に行った時の写真とお礼のカードが送られてきました。
2932 東京

入院:
10.11.13
退院:
10.11.13
いぬ

症状:右の目が取れてしまいました。いわゆるプラスチックアイで、取れた目を観察すると、裏側の枝の部分が割れてしまったようです。どのような方法で裏側から固定されていたかは不明です。
治療:
 
取れた右目は、取付穴の部分から折れて、頭部に引き込まれているようでした。
 眼球の部分は、お持ちいただいたのですが、新たに購入された同じような目玉を、ポリエステル糸を4重にして、顎の下に引き固定しました。
(持ち主は都内在住でしたので、持ち込まれて、お待ちいただいて、納得頂きながら作業をしました。)
 このたびは丁寧かつ親身に対応くださり、ありがとうございました。
 開頭手術を覚悟しておりましたが、適切な処置により表情を損なう
ことなく回復し、心から感謝しております。
 今後もお世話になる事があるかと思いますが宜しくお願い致します。
2921 東京

入院:
10.11.03
退院:
10.11.04
スヌーピー

症状:30年ほど前、父が結婚記念日に母へ贈ったものですが、私が赤ちゃんの頃のお気に入りで、鼻をかじってかじって…
鼻がありません(^_^;)。月日は流れ…汚れてきたのでクリーニングに出しましたが…半乾きで仕上がり、やり直しでお願いしたところ首が半分もげて帰ってきました。疲れきったスヌーピーをみて心が痛く悲しさでいっぱいになりました。首を縫うのがむずかしく、つなげる為に荒くしか縫えませんでした。全体的に薄汚れくたくたになって傷んでいるいるので、どうか少しでも白く元気なスヌーピーにもどしてあげたいのですが・・・・

治療:
1.中綿を抜く
 中綿は茶色の埃っぽい代用綿(?)でした。
2.洗濯
 洗濯機用の洗剤と固形石鹸で2度洗いし、漂白もしてみましたが、白くはなりませんでした。
3.補修
 @首回り
 A耳
  一旦、耳を外して補修しました。
  裏地が一部破れて、中綿が偏っていたので、フリース地を入れて破れはミシンで補修しました。
 B鼻−元々は毛糸のボンボンだったようなので、作ってみました。良かったら付けてみてください。
4.中綿
 元々の綿は茶色になって、染出しそうなので、手芸綿と交換しました。(約200g)
 頭と胴体を別々に綿を入れて、首をタコ糸で繋いで、更に胴体側の背中から綿を頭側へ入れて、最後に背中を閉じました。
 おはようございます。昨日、無事に届きました。
 栄養満点になって、笑顔なスヌーピーになって帰ってきました!とてもうれしいです!!
 鼻もげは…オリジナルにしておくべきか…
 30年目にしてつけるべきか…悩み中です(笑)両親にどちらのスヌーピーがよいか聞いてみます☆
 この度は本当にありがとうございました。
2903 大阪

入院:
10.10.27
退院:
10.10.28
いぬ
 
症状:NO.2902の犬と同時期に買ったもので、全体的に毛がくたびれてきています。
治療:
1.中綿を抜く
 回転する手足も分解して中綿を抜きました。
2.洗濯
 洗濯機用の洗剤と固形石鹸で洗いました。
3.中綿・ビーズ
 「だまだま」だったので新しい手芸綿と交換しました。(55g⇒80g)
 手足の先端のビーズは、そのまま戻しました。
(同 下)
2902 大阪

入院:
10.10.27
退院:
10.10.28
パグ犬

症状:パグ犬のような犬、生地が破れたり、穴があいたりで、中のビーズなどが何度かでてきてしまっています。汚れも結構あります。
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
 洗濯機用の洗剤と固形石鹸で洗いました。
2.補修
 バンドエイドほか補修跡を取り除いて、背中の両側と後頭部の3個所に木綿生地を裏打ちしました。(補修クロスを使ってアイロンの熱で接着しました。)
 背中が、少しごわごわしていますが、補強のためですから・・・・
3.中綿・ビーズ
 「だまだま」だったので新しい手芸綿と交換しました。(15g)
 ビーズは、そのまま戻しました。
 お世話になります。
 ありがとうございます。
 今日、二匹とも到着しました。
 無事治して頂いてありがとうございます。
 二匹ともすごくきれいに治っていました。
 ふかふかにもなりましたし、顔もかわいくなった気もします
 ありがとうございました。
2899 神奈川

入院:
10.10.25
退院:
10.10.26


症状:当方の希望といたしましては、中綿の交換及び、鼻の周辺の傷の修理をしていただけたら…と考えております。  
治療:
1.鼻周辺の生地交換
 生地の種類は多少違うのですが、入手できないので、手持ちの生地と交換しました。
2.尻尾、両耳の取付のやり直し
3.中綿の交換
 約220gの綿を交換しました。
 
2863 東京

入院:
10.09.27
退院:
10.09.28
パグ犬

症状:合皮の鼻の部分が破けて中の綿が見えている状態です。
治療:
1.中綿を抜いて、鼻を解く
 頭に入っていた綿は、区別して抜きました。(表情を変えないため)
 ビーズは、綿に混じっていました。
2.合成皮革を裁断・縫製
 元々の鼻の2枚の断片をアイロンで皺を延ばして、新しい合成皮革の写して裁断しました。
 作業個所が狭いのと、鼻の上の皺のため、ミシンでの縫製が困難なので、手縫いで縫製しました。
3.中綿
 頭の中綿を戻して、少し(30g位)追加しました。
 ビーズを均等に14gづつ、四肢に入れ、その上から元々の綿を戻しました。
4.洗濯
 あまり汚れていなかったのと、色移りが懸念されたので、洗濯はしませんでした。
 本日、無事にぬいぐるみを受け取りました。
 迅速な対応ありがとうございます。
 破けていた鼻は見事に復活し、想像以上にキレイになっていて驚きました。
 勇気を出して先生にお願いして正解でした。
 修理して頂いたぬいぐるみは、これからも我が家の一員として大切にしていきます。
 本当にありがとうございました。
2838 東京

入院:
10.09.17
退院:
10.09.19
うさぎ

症状:20年程前のものです、先日首がちぎれてしまいました。また、その際に若干中のワタが飛散してしまっています。
治療:
1.中綿を抜く
2.洗濯
3.生地の「やぶれ」を補修
 裏返して内側から見ると、生地の方々に小さな破れがあったので、ガーゼ地を補修クロスで接着し、塞ぎました。
胴体部5個所、頭部12個所
4.再縫製
 縫い目が緩んだり解れたりしていたので、大部分の縫い目を再縫製しました。
5.中綿
 元々の綿は、劣化して茶色になったウレタンフォームだったので、新しい手芸綿と交換しました。(130g)
 
2834 神奈川

入院:
10.09.16
退院:
10.09.17
スヌーピー

症状:私が学生になり、社会人になり、結婚し、子供が生まれ、いつしか見ることもなくなってしまっていたのですが、ことあることにつれいつも気になっていました。
先日実家に帰った時に探してみたところ、だいぶくたびれた状態でみつかりました。『ルルちゃんごめん・・・』という気持ちで一杯になり、どうにか元気な姿にしてやりたいのです。

治療:
1.頭部と胴体を外して、それぞれ中綿を抜く
 頭部は発泡スチロール、胴体は固形のビーズでした。
2.洗濯
 衣服も一緒に洗濯しました。
3.中綿を入れる
 頭部は、発泡スチロールは劣化を心配して、普通の手芸綿にしました。
 胴体は、手は手芸綿にして、お腹は元々の固形ビーズを元に戻しました。
 先ほどスヌーピーを受け取りました!
 こんなに早く手元に戻ってくるとは・・・
 抱っこしてみると幼い頃を色々思い出します。
 元気な姿にしていただいて本当にどうもありがとうございました。
 これからもおもちゃの病院を続けられてくださいね!
2807 栃木

入院:
10.09.05
退院:
10.09.05
ビーグル犬

症状:特徴であるデカイ鼻が切れて剥けて>いる状態です。
治療:
 
背中の開口部を開けて、中綿とビーズを抜き、裏返して、鼻の合成皮革を解きました。
 アイロンを掛けて、手持ちの新しい合成皮革に写して裁断しました。
 手で下縫いして、ミシンで縫製しました。
 ビーズを四肢に配分し、元々の綿を解しながら戻し、不足分30g新しい手芸綿でを補充しました。
 右耳と右頬間の固定糸を入れました。(左側に倣って)
 このたびはありがとうございました。
 実はびーすけはヨレヨレだったこともあり、お姉ちゃんには「おじいちゃん」と呼ばれていましたが、今日学校から帰ってくると、直ぐにびーすけを見つけ第一声は「若くなった〜!」と驚いたそうです。
 そのおかげか、久しぶりにびーすけも子どもたちから手荒い歓迎を受けたようですので、また10年後にびーすけがご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
 本当に家族全員で、びーすけの回復ぶりに喜んでまた満足しています。
 最後にびーすけが子どもたちに歓迎されている写真を添付させていただきます。
 本当にありがとうございました。
2765 東京

入院:
10.08.17
退院:
10.08.17
いぬ

症状:
@鼻部分の糸がほつれ、出てきてしまってます。
A体全体の綿が寄ってしまい、首のあたりがペッタンコ。

治療:
1.背中を開けて中綿を抜く
 四肢と尻尾のビーズを含めて、手芸綿を抜きました。
2.洗濯
3.鼻の糸
 元に戻して裏で糸先を止めました。
4.中綿
 @頭部:元々頭に入っていた綿を解しながら戻しました。(25g)
 A胴体:四肢のビーズを均等に入れ、元々の手芸綿を解しながら戻して(23g)、不足分を新しい手芸綿で追加しました。(17g)
 無事にうちの「うーちゃん」が退院して戻ってきました!
 少しふっくらしたうーちゃんに娘は大喜び♪
 私も大喜び♪こんなに綺麗に帰ってくるなんて・・・と感動しました。

 入院や退院、HPで確認できるカルテのことなど、報告メールをマメにしていただき、とても安心してお任せできました。

 本当にありがとうございました!!感謝感謝です。
2764 埼玉

入院:
10.08.14
退院:
10.08.15
いぬ

症状:
@両目と鼻が取れてしまいました。
A少し腕が破けそうになっているのでそちらも是非補強できたらなと思います。

治療:
1.背中を開けて中綿を抜く
 表情を変えないように、頭部と胴体の綿を区別して抜きました。
2.洗濯
3.補強
 @鼻と片手の部分の破れを補修クロスで補修しました。
 A緩んだ縫い目、ほつれた縫い目は、縫い目の上を再度ミシンで上縫いしました。(5個所くらい)
4.耳の固定
 耳が開かないように糸で固定しました。(元々固定されていたようです。)
5.鼻の固定
 送っていただいた新しい鼻を、残っていた金具を使って固定しました。
6.目玉の固定
 送っていただいた元々の目玉を糸を顎の下に引っ張って固定しました。
7.中綿
 元々の綿を解しながら戻しました。
 ありがとうございます!
 今ホームページで確認させていただきました!
 また元気なわんわんの姿が見れて安心&とても嬉しいですU^エ^U
 わんわんの帰宅が楽しみでなりません♪
 ありがとうございます!

 先生 今日無事にわんわんが帰ってきましたU^エ^U
  わんわんがたくましくなって『頑張ってきたぞぉ』って言わんばかりに両手を広げて元気になって帰ってきてとても嬉しかったです!
  わんわんの退院を聞いて彼氏がわざわざ日野から大宮までバイクで駆けつけてくれました(>_<)
  私だけじゃなくみんなに愛されてるわんわんを治してくれた先生には本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
 本当に本当にありがとぅござい
2761 京都

入院:
10.08.10
退院:
10.08.11


症状:
@目がボロボロになってきている
A口元にやけどがある
B全身が傷みだしている

治療:
 A、Bは、生地がまだしっかりしているし、当面は大丈夫と判断して、@の目玉と瞼の生地を交換するこにしました。
1.中綿を抜いて、目の周辺を解く
2.洗濯
3.毛玉をとる
粘着テープ(荷作り用)とブラシとピンセットで出来るだけ毛玉を取ってみました。(かなり良くなった気がします。)
4.目玉と瞼の生地購入
 瞼は薄いウレタンフォームを張り合わせた特殊な合成皮革でした。
色と風合いの似た合成皮革を購入しました。
5.裁断・縫製
 ミシンが入り難いので手縫いを主体に縫製しました。
6.中綿
 全身の綿、目玉の綿は、全て元々の綿を完全に戻しました。
 本日、ロンが帰ってきました。
 見違えるほどきれいになっており、妻も大変喜んでおります!!!!

 今回の治療、誠にありがとうございました。
 また何かありましたらどうぞよろしくお願いいたします。
2746 岐阜

入院:
10.08.01
退院:
10.08.02
スヌーピー

症状:先日表面の汚れが気になり、押し洗いをしました。最後に手で水を絞ったのですが、もう少しと脱水機をかけたのが失敗で、額と鼻の部分が裂け、中のスポンジが出てきていました。表皮も破れやすくなっているみたいで、とても私では、修理できそうになく、直すことができるかどうか見ていただきたいと思います。
治療:
1.中綿を抜き
2.過去の補修跡を解く
3.洗濯する
4.補修作業
 生地そのものが弱くなって、裂けていました。
 頭部と胴体部を一旦外して、手縫いで傷口を寄せ、補修クロスで接着しました。
 ⇒頭部が約10個所、胴体部が約24個所を補修しました。
 ⇒首の後の破れは生地の欠損があったので、手持ちの生地と一部取替ました。
5.中綿
 元々の綿はウレタンフォームで、すでに劣化が始まり、粉体化しつつあって、茶色に染まりかけていました。
 ⇒手芸綿(ポリエステル)と交換しました。(約800g)
 古い綿は当院で処理します。
 昨日無事帰宅しました。
 思っていたより早い退院で、綺麗に治り若返って帰ってきました。
 カルテには詳しい治療内容も書かれていて、大きな怪我を乗り越えてきたんだなと感動しています。
 これからは優しく接していこうと思います。
 治療ありがとうございました。
2710 東京

入院:
10.06.30
退院:
10.07.01
スヌーピー

症状:30年以上前のスヌーピーのぬいぐるみです。首は座らないので自分でかなりずさんな縫い方をしています。中綿のスポンジが劣化して中から粉が出て来てしまいます。
治療:
1.首を外して中綿を抜く
 ウレタンフォームが完全に劣化して、茶色で粉々でした。
 その粉々で生地が染まり始めていました。
2.洗濯・補修
 裏返して洗濯機用洗剤で洗濯し、乾燥させて、破れを補修しました。
 ガーゼ地を補修クロスで接着しました。(胴体で14個所、頭で7個所)
 特に、首の固定部分は丹念に補修しました。
3.再洗濯
 表に返して、再度、固形石鹸で洗濯しました。
4.中綿
 新しい手芸綿を約300g詰めました。
5.首の固定
 白の刺繍糸を2重にして縫い合わせました。
 本日、少し太ってスヌーピーが帰ってきました。
 大変な作業を短時間で終わらせて頂き本当にありがとうございました。
 これからも、大切にしていこうと思います。
2703 東京

入院:
10.06.18
退院:
10.06.20

症状:犬のぬいぐるみ(ビーズクッション)の顔が擦れて傷だらけになり、自分達で修理しようとしたのですが、うまくいきませんでした。
治療:
1.中綿を抜く
 MOGUは何体か修理しましたが、この犬は、手芸綿とミクロビーズが混合されていました。綿の出し入れが大変でした、部屋中がビーズだらけで・・・
2.洗濯し、頭を外して縫い目を解きました。
3.生地の購入
 新宿のオカダヤで2wayトライアクターと言う伸縮性のある生地を見つけましたが、色が微妙に違いました。(現生地は青の混じった黒、新生地は黒)
 50cm購入しました。
4.裁断・縫製
 解いた断片にアイロンを掛けて、新しい生地に写して裁断しました。縫い目の伸縮性を抑えるため、幅5mmの木綿テープを縫い目に沿わせて縫製しました。
 手縫いで下縫いして、ミシンで本縫いしました。鼻は小さくミシンが使えないので手で仕上げました。
5.中綿の戻し
 まず、「ビズまみれの手芸綿」と「ビーズだけ」に分類して、「ビーズまみれの手芸綿」を頭に入れて、次に「ビーズ」を4肢に入れて、最後に「ビーズまみれの手芸綿」をボディに入れました。
 この度は、ぬいぐるみの修理をしていただき、本当にありがとうございます。
 こんなにもキレイに作り直せるとは、すばらしい技術ですね!
 顔の作りかえだったので、だいぶ感じが変わってしまうのかと心配していたのですが、全然平気でした。
 むしろ前より賢そうな表情になった気がします。

 事前にお送りしたメールに書き忘れていたかもしれませんが、一度自分で修理をした時に、ビーズももれてだいぶ少なくなったので、とりあえず綿をつめたのですが、次にビーズに入れかえようと思った時には、中綿とビーズが絡み合って大変なことになっていたので、入れかえを断念してそのままにしておきました。散らばったビーズの片づけ、さぞや大変だった事と思います・・。本当に申し訳ありませんでした。

 (この事が、あらかじめわかっていれば、新しいMOGUのタイプ?と誤解しないで済んだし、この際、手芸綿を抜いて、ビーズを補充して、元の姿に戻すこともできたのに・・・・・)
2660 東京 

入院:
10.05.21
退院:
10.05.21


症状:全体に薄汚れた上に、耳の内側の薄桃色だった布が擦り切れています。中綿が一部寄ってしまったようで、腕の付け根が細り, 前足がぶらぶらしていますし、背中やお腹の辺りに皺が出来てしまいました。
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
 背中の開口部を開けて中綿を抜いて洗濯しました。
 綿は、手芸綿とウレタンフォームと小さい円柱状の発泡スチロールが混じっていました。
 特に、ウレタンフォームは劣化して茶色の粉末化して、生地を染めかけていました。
 洗濯は、洗面台で、ぬるま湯、洗濯機用の洗剤で洗いましたが、結構汚れていました。
2.耳の裏地
 薄いピンクの生地と交換しました。表の毛皮と裏地の縫製はミシンで、取付は手縫いで仕上げました。
3.補修
 お尻の一部が解れかけていたので、裏からミシンで上縫いしました。
4.中綿
 新しい手芸綿を入れました。(160g)
 少しふっくらし過ぎているかもしれませんが、そのうち落ち着くと思います。
 おはようございます。
 ただ今、我が家に到着いたしました。
 こんなに可愛くして頂いて、本当に本当にありがとうございました。
 初めて我が家に来たときのことを思い出したほど、きれいで可愛くなっています。
 袋から出てきたときの「どう?ボク可愛くなったでしょ?」といった彼の自慢げな顔に家族一同、嬉しくて大笑いしてしまいました。
 入院したと思ったら、もう退院で、先生のあまりの早業に、ただただ驚くばかりです。
 そして、カルテを読みながら、おもちゃに対する先生の優しい気持ちを感じました。
 気候が定まらない今日この頃ですが、先生もお元気でお過ごしください。
 そして・・・・また、よろしくお願いいたします!
 ありがとうございました。
2646 東京

入院:
10.05.12
退院:
10.05.12


症状:最初はふわふわした感じだったのが、何度も洗濯したせいか中の綿が小さくなってしまったようで、クタクタになってしまいました。首も一度取れかけ、その際は私が縫いました。最近右目もはずれ(目はボタンかと思っていまいたらそうではなく、直に顔にさしこんでありました)、糸と針を使い無理やり縫いつけましたが、すぐ取れそうです。
治療:
1.中綿を抜く
 頭は手芸綿でしたが、胴体はウレタンフォームが主体でした。そのウレタンフォームが劣化して粉末化してボリュームがなくなっていました。
2.洗濯
3.右目
 裏の止め板が無くなっていました。
 ⇒プラスチック板で作製して取付ました。
4.補修
 右耳の付根、右喉ほかの解れをミシンで補修しました。
 念のため、体側線をミシンで上縫いしました。
5.中綿
 すべて、新しい手芸綿に交換しました。(120g)
 本日、無事ぬいぐるみを受け取りました!
 とっても立派になって帰ってきてくれて嬉しいです。袋から出した時、思わず涙が出そうになりました。
 娘には、約6年間どこに行くにも連れていかれ、私には何度も洗濯され・・・クタクタになっていたのがウソのようです。
 こんなに速く、しかも大変丁寧に治療していただき、本当に本当に感謝しています。
 顔も以前と全く変わらず、とっても可愛いです。
 娘からもお礼がしたい!とのことですが、まだメールが打てないので、後日手紙を送らせていただきます。
 どうもありがとうございました。大切にしますっ!!

(後日の、娘さんからの手紙)
 ちょうせんせいへ
 だだ
このわんちゃんの名前をなおしてくれてありがとうございます。
 また、こわれたところがあったら、なおしてください。

2636 京都

入院:
10.05.08
退院:
10.05.09


症状:綿がつぶれて(片寄って?)張りがなくなり、(薄汚れてきてもいます。また、耳が片方縫いつけ部分が取れ、鼻(合皮?)がボロボロにはがれてしまっています。(プラスチック等のはがれない素材のものにしていただければと思います。)、また、足の付け根もほつれかけている部分があります。
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
2.耳の縫いつけ部分の補修(手縫い)
3.足の付け根の補修(ミシン縫い)
4.鼻
 外して、アイロンを掛けて、新しい合成皮革に写して裁断し、手縫いで取付ました。
 鼻の中の綿は、そっくり戻しました。
 プラスチックの鼻をご希望でしたが、顔と一体化されていて、変更は無理でした。
5.中綿
 ダマダマになった元々の綿を手で解して元に戻し、100g位を補充し、トータルで900g位になりました。
 昨日、無事退院してきました。
 新品同様になって帰ってきて、主人ともども、大変感謝しております。
 これからも大切にしたいと思います。
 ありがとうございました。
 ちなみに、この子はパグ(PUG)という種類の犬です。
 ブルドックに似ていますが、違います(笑)
 PCの字だと、○がつぶれて濁点に見えてしまいますね(汗)。
 かわいく写っていてうれしかったです。
2605 鳥取

入院:
10.04.15
退院:
10.04.17
スヌーピー

症状:購入後35年たちます。時々手縫いでグサグサ縫い付けていますが、首、手足がぐらぐらです。あと、耳は裏地がめくれて綿もはみ出ています。(ToT) 鼻も、毛糸が抜かれてゆるくなっています。全体的に、洗っても薄茶色で体毛が薄いです・・・
治療:
1.首を外して、中綿を抜く
 中綿は黄色に変色していました。
2.洗濯・漂白
 ボディに残った綿を洗い流しながら、洗濯機用の洗剤で洗いました。洗濯槽が黄色になりました。そして、ブリーチで漂白してみました。
3.補修
 @ミシンの縫い目の上から、再度ミシンを掛けました。(半分くらい)
 A耳の裏地の生地交換
  一旦、耳を外して、手持ちの生地と交換し、中綿はフリースを2つ折りで入れました。
 B鼻の毛糸ボール交換
  大きめですが、ハサミで刈りこんでください。
4.中綿
 新しい手芸綿と交換しました。軽くなりましたので、感触が違うと思います。(約200g)
5.首の固定
 タコ糸で縫いつけましたが、首の直径が小さいので心配です。
 ありがとうございました。
 私のスヌーピーが、見違えるほど綺麗になって帰ってきました。
 グラグラ頼りなげだった彼が、しっかり強く、しかもホワホワふかふか色白に。
 ぶち壊れていた自慢の耳も鼻もびっくりするくらいに素敵になりました。
 本当にありがとうございました!
 散々ボール代わりにしていた子供たちも、「すげーな!」と、驚きです。
 これからもずっと大事にさせていただきます。
2592
2591
東京

入院:
10.04.07
退院:
10.04.08
プーさんと
犬のぬいぐるみ

症状:元の綿を出してからのお洗濯し、中綿も換えてください。
治療:
 
2体とも、同じ方法で修理しました。
1.開口部を開けて、中綿を抜く 
2.洗濯する
 洗濯機用洗剤で手洗いしました。
3.乾燥させて、毛玉をとる
 ヘヤードラーヤーで乾燥させて、荷造り用のテープで毛玉をとりました。
4.新しい中綿を入れる
 新しい手芸綿をそれぞれ、200g弱入れました。
 プーさんと犬、無事に着きました。ありがとうございます。
 もう二度と元々のふわふわ感が戻ることはないと思ってて、悲しかったですが、長さんのおかげでふわふわになって戻ってきてくれて、感激です。
 本当に感謝します。
2587 愛知

入院:
10.04.06
退院:
10.04.11


症状:もともとの生地がわからなくなるくらいにボロボロに擦り切れていて、ガーゼのようになっています。綿ビロードだそうです。それと、もともとは頭は綿だけ、体はビーズクッション(ストローを切ったようなもの)だけでできていたのに、頭にまでビーズクッションが入ってきてしまっています。
治療:
1.中綿とビーズを抜く
 ビーズを入れていた中袋が壊れて、頭の中にも入っていました。
2.解く
3.生地と刺繍糸を購入する
 ボディの白、ピンク、中袋の裏地、足爪用のピンクの刺繍糸を新宿のオカダヤで購入しました。
 綿ビロードの生地が、今は別珍と言うそうですが、同じ風合い、色の生地がなく、それらしいものを購入しました。(伸縮性も違う)
4.裁断
 解いた断片(38枚)にアイロンをかけて延ばし、購入した新しい生地に当てて裁断しました。鼻は手持ちの生地を当てました。
5.縫製
 仮糸で手縫いで下縫いし、ミシンで仕上げました。背中の首の下の2本の皺(しわ?)も元に戻してみました。
6.中綿、ビーズ
 頭の中綿は、新しい手芸綿と交換しました。ビーズは、新しい中袋に入れて戻しました。(少し余りました)

 感触、色、大きさなど、だいぶん印象が変わったでしょうが、また、かわいがってね。
 こんばんは、犬のぬいぐるみは、今日、無事にこちらに到着しました。
 とても大切なものだったので、可愛く、きれいに直していただき、とてもうれしく思っています。
 
 これからもたくさん可愛がります!
 これからも、壊れたおもちゃを直して、私のような子供を助けてあげてください。
 ありがとうございました!
2561 大阪

入院:
10.03.15
退院:
10.03.17


症状:13年程経過しているのと、子供が気に入って可愛がり過ぎボロボロになってしまっています。綿はほとんど抜けてしまい、生地も薄くなったり背中部分はほとんど破れてしまっています。
治療:
 とても補修には耐えないので、生地の交換を決意しました。
1.中綿を抜いて解く
2.生地の購入
 元々の生地が不明でしたが、想像で、4種類の生地を新宿のオカダヤで購入しました。
3.裁断
 生地の断片の形が正確には取れないので、想像で裁断しました。(26枚の断片)
4.縫製
 手縫いで下縫いして、ミシンで縫製しました。
5.目玉と口
 元々の目玉と口の糸を使用しました。
6.中綿
 新しい手芸綿を入れました。(100g)
 ご連絡が遅くなり申し訳ございません。
 こんなに早くに退院できると思っていなかったので、驚きました。
 子供も大変喜んでいます。
 新しく生まれ変わった『家族』をこれからも大事にしていきます。
 ありがとうございました。
2554 神奈川

入院:
10.03.12
退院:
10.03.13
スヌーピー

症状:
@年数による汚れ
A首が一度もげたことがあります。
B中綿の交換を希望しています。

治療:
1.中綿を抜く
 茶色の綿でした。(代用綿??)
2.洗濯・漂白
 洗濯機用の洗剤とワイドハイターで漂白しました。
3.鼻
 取り付けを再縫製しました。
4.首
 頭の綿を入れてから、胴体と「タコ糸」で、手縫いで取付ました。
5.中綿
 新しい手芸綿(ポリエステル)と交換しました。(300g)
 まさか30年前のスヌーピーとは思えないくらいしっかりとしています。。
 首の治療も完璧に完治です。
 体は 初めて 温泉?にもはいって きれいになりました。。
 これからも大事にします。
2543 鹿児島

入院:
10.03.07
退院:
10.03.07
THE DOG

症状:鼻の先端部分から剥がれてきてしまい、どんどん広がっている状態です。あと、数回洗濯をした時に、耳を裏から留めていた部分も取れてしまっています。
治療:
1.中綿を抜く
 背中の開口部を開けて、上半身と頭部の中綿を抜きました。
2.鼻先を解く
3.裁断
 手持ちの合成皮革を裁断しました。
4.縫製
 手で下縫いして、ミシンで縫製しました。
5.目玉に表情糸と耳の固定糸
 両目と顎の間の糸が解けていたので、固定しました。
 左耳の固定糸を付けました。
6.中綿を戻す
 おはようございます。
 昨日、ビーグルが帰ってきました。
 とってもキュートになっていて、気に入りました。
 ありがとうございました。
2525 東京

入院:
10.02.20
退院:
10.02.21
スヌーピー

症状:皮膚がガサガサしている。色が茶色くなっている。また、腕や首、顔、特にお腹あたりの綿が減ってきておりしぼんできている。
治療:
 
手、足、耳は、綿を入れてから、胴体や頭と一緒に縫いつけた形で、作られています。
1.頭と胴体の中綿を抜く
 背中の開口部分を開けて中綿を抜きました。
 手と足は、縫い目を解いて、綿を抜きました。
2.洗濯・漂白
 洗濯機用の洗剤と固形石鹸で洗い、ワイドハイターで漂白してみました、少しは白くなったようですが、・・・
3.中綿
 新しい手芸綿を入れました。胴体と頭で50gだったものを、65gにしました。
4.耳の固定
 左耳を糸で右耳と同じように固定しました。
 入院した日の夜に、ホームページの診療日誌でスヌーピーの嬉しそうな写真を確認したときは、家族みんなで大喜びでした。
 いつも無関心な父までもが、パソコンにやってきてじっくりと見ていました。
 正直、初めての入院ということだったので心配でしたが、また昔のようにぽっちゃり&真っ白くして頂き(表情もそのまま)、もう嬉しくて嬉しくて・・。写真付きのかわいらしいカルテにも、大感激です。心からお礼を申し上げます
。本当に、どうも有難うございました。

 この度は、長先生の素晴らしい仕事ぶりに感銘を受けました。
 長先生の大ファンとして、これからも「Webおもちゃクリニック」を応援しています☆
2501 東京

入院:
10.02.01
退院:
10.02.01
犬の枕

症状:ぬいぐるみの形をした枕があるのですが、中の綿がへたってしまい、ぺたんこになってしまいました。
治療:
1.中綿を抜く
 左脇腹の開口部を開けて、中綿を出しました。
 丸洗い洗濯の結果か、手芸綿がダマダマになっていました。
 ⇒2時間ぐらいかけて、解しました。ボリュウムが、大分増加しました。
2.中綿を入れる
 解した綿を、元に戻しました。
 少し足りない感じでしたので、新品の手芸綿を約100g追加しました。
 この度は修理ありがとうございました。
2453 三重

入院:
09.12.22
退院:
09.12.23
いぬ

症状:ぬいぐるみの犬の鼻がちぎれ、その場所に穴が開いてしまっています。子供が小さい頃に買った物なのですが、子供はぬいぐるみへの愛情表現として、ぬいぐるみの鼻に噛みつく癖があり、鼻がとれてしまいました。毛並みもパサパサしてしまっているので、ふっくらしたらと思っています。
治療:
1.中綿を抜いて、洗濯
 固形石鹸を泡立ってて洗いました。
2.鼻を購入
 同梱していただいた鼻の型紙を参考にして、吉祥寺のユサワヤで「T・Seconnd 人形館 15mm」を購入しました。
3.生地の穴を補修
 直径1cm位の穴を、まず、ナイロン糸で繕って直径2cm位の木綿布を補修クロスで熱接着しました。
4.鼻を固定
5.中綿を戻す
 頭の中の綿は、「思い入れ」を含めて元の綿を戻しました。胴体は、「ふっくら」を重視して、新しい手芸綿を入れました。
6.左耳の垂れ
 右耳と同じように、茶色の糸で頬と縫いつけました。
 今日の夕方、クーちゃんが家に帰って来ました!
 鼻付きのクーちゃんは、それはそれは可愛らしく、家族全員で驚いていました。
 娘(鼻に噛み付いた子ではありません)は、一目見るなり「可愛い〜!」と大喜びでした。
 長先生、本当にありがとうございました。
 とても可愛らしく治療していただいて、感謝感激です!
 これからも、お身体に気をつけて、素晴らしいお仕事をなさって下さい。
 又、お世話になると思います。
 その時はよろしくお願いいたします。
2426 奈良

入院:
09.12.03
退院:
09.12.08


症状:生地がタオル地で消耗し中の綿が出てきています。
治療:
 擦り切れたタオル地と鼻の頭と頭の中の綿を交換することにしました。
1.中綿を抜いて解く
2.洗濯してアイロンを掛ける
3.タオル地を購入して、裁断する。
 新宿のオカダヤで購入しました。(色と厚さがイマイチですが・・・)
 27枚の断片になりました。
4.ミシンで縫製
 生地が柔らかいので、縫い代を深めにしました。
5.中袋を再縫製
6.鼻の頭の生地を手持ちの生地と交換
7.目、口、手足の爪、の刺繍
 元々の刺繍糸を使って、元々の形を見ながら、慎重に作りました。
8.頭部の中綿
 新しい手芸綿と交換しました。(30g)
(同 下)
2425 奈良

入院:
09.12.03
退院:
09.12.08


症状:生地がタオル地で消耗し中の綿が出てきています。腹の中綿がかたより生地を縫い付けてしまっています。
治療:
 擦り切れたタオル地と鼻の頭、弾力を失った中綿を交換することにしました。
1.中綿を抜いて解く
2.洗濯してアイロンを掛ける
3.タオル地を購入して、裁断する。
 新宿のオカダヤで購入しました。(色と厚さがイマイチですが・・・)
 25枚の断片になりました。
4.ミシンで縫製
 生地が柔らかいので、縫い代を深めにしました。
5.中袋を再縫製
6.鼻の頭の生地を手持ちの生地と交換
7.目、口、手足の爪、の刺繍
 元々の刺繍糸を使って、元々の形を見ながら、慎重に作りました。
8.中綿
 新しい手芸綿と交換しました。体=500g、頭=100g、手足=100g
 大変ご心配おかけしましたが、二人目も帰ってまいりました。
 どこか寄り道をしていて、もうひとりの子とはぐれたみたいです。
(中綿をタップリ入れたので、入院時のダンボール箱にはいらなくなって、やむを得ず、2個口で退院させたら、NO.2425が先着し、NO.2426が行方不明になって、一騒動あった。)
 
 新しい生地もこの子たちがうちに来たときと同じような生地です。
 細かい治療をしていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 本当にありがとうございました。
2390 東京

入院:
09.11.14
退院0:
09.11.15
スヌーピー

(2009.11.14.井草地域区民センターでのおもちゃ病院からの転医おもちゃ)
症状:
生地が破れて、中綿が見えるようになった。
治療:
1.洗濯
 首の周りの縫い目を解いて、中綿を出して、洗濯しました。
 3度洗いましたが、真っ白にはなりませんでした。
2.補修
 まず、裏から、破れた穴を糸で縫い縮めて、「補修クロス」を使って、ガーゼ地をアイロンの熱で接着しました。補修個所は、頭で14個所、胴体で17個所でした。
3.中綿
 ウレタンフォームが劣化して茶色に変色していたので、新しい手芸綿(ポリエステル、200g)と交換しました。
 今回は、本当にありがとうございます。
 家族もびっくりして、そして、喜んでいます。
 これから先、また、一緒にすごしていけます。
 うれしいです。
2350 東京

入院:
09.09.24
退院:
09.09.24
THE DOG

症状:鼻のレザー部分が割れて、ホームセンターで購入したゴムを塗り補修をしている状態です。鼻の部分の生地を割れないタイプの生地に変えて頂けたらと思います。
治療:
1.中綿を全て抜く
2.鼻のレザー部分を解いて洗濯
3.縫跡にアイロンを掛ける
4.裁断
 手持ちビニルレザーに写して裁断
 「割れないタイプの生地」をご希望ですが、この生地は、布の上にビニルが接着されて2重になっていますので、もし、割れないように一重の生地を使用すると、伸縮性が違って鼻の形が出来ないと思います。
5.縫製
 裏から、手縫いで下縫いして、ミシンで仕上げました。
6.中綿
 頭と胴体の綿を別々に出して、別々に入れました。胴体側に30gの手芸綿を補充しました。
 本日、お昼にぬいぐるみを受領いたしました。
 迅速・丁寧な対応・修理をしていただき、本当に感謝しております。
 7年以上可愛がっている子の修理を、どこに依頼すれば良いのか…
鼻がボロボロになっていることが辛いけど、宝物なので、一時的に手放す不安や決心が付かず、色々とネットで検索をしました。
 先生のHPを見つけ、見やすいカルテや日々のご立派な活動を拝見し、相談してみよう!と決心がつきました。
 最初の一報も迅速に対応していただき、不安が完全に無くなり、安心して修理をお願いさせていただきました。
 即日退院させていただいた上、詳しいカルテもいただき、本当に嬉しく思います。
 戻ってきたわが子は、お鼻が綺麗になりハンサムになって帰って来ました!
 綿が痩せていた手足にも、しっかりと綿を入れていただいた上、お風呂にも入れていただき、言葉にならないくらい感謝しております。
 本当に、ありがとうございました。
 わが子も、先生とお会いできたことを感謝しております。
 再度、別のぬいぐるみもお願い出来たらと思います。
 その時もよろしくお願いいたします。
2335 東京

入院:
09.09.09
退院:
09.09.11


症状:全体に生地が薄くなっており、特に背中はボロボロです。
治療:
 全面生地交換としました。
 生地は以前購入したタオル地を使用しました。
1.裁断まで
縫い目を解いて、生地の断片にして、アイロンを掛けて、新しい生地に写して裁断しました。
2.縫製
 右半身を解いて裁断用とし、左半身は縫製の参考用としました。
 縫製は、殆どを手で下縫いして、ミシンで仕上げました。
3.旧品の流用
 極力、旧品を流用する方針で進めましたが、鼻と目の刺繍糸だけを流用しました。手足の指を作っている刺繍糸は、摩耗していて流用できませんでした。
4.目の刺繍
 表情を決める部品ですから、右の眼を透明なプラスチックに写して、新しい顔に仮固定して、左目の旧糸を使って針を刺しました。(下の写真、2回試行しました。)
5.中綿
 旧綿は、「ダマダマ」になっていたので、新しい手芸綿に交換しました。(350g⇒440g)
 先日は、犬のぬいぐるみを修理していただき、ありがとうございました。
 とてもかわいがっていたので、きれいに直していただき、たいへん感謝しております。
 これからも、大切にかわいがっていきたいと思います。
 本当にありがとうございました。
2317 東京

入院:
09.08.25
退院:
09.08.27
いぬ

症状:3箇所程度の体毛(茶色)がはがれて下地が露出してきています。
治療:
 
直径が約1.5cmの体毛の抜けが3個所ありました。
 ⇒透明なナイロン糸で、「絞り、すぼめる」方法で、傷口を狭めました
 お世話になります。
 本日受領いたしました。
 丁寧な作業をして頂き、子供が8年間可愛がって「わんわん」が元気になって帰ってきました。
 今日から早速一緒に寝ております。
 迅速なご対応深謝申し上げます。
 ありがとうございました。
2314
2313
2312
2311
2310
愛知

入院:
09.08.24
退院:
09.08.25
スヌーピー
(5体)

症状:年数により中のお肉が減ってしまい、ちゃんと座れなくなったスヌーピー5体です。
治療:
 
お尻とお腹の中間にある開口部を開けて、お腹の綿を、首と手足の付け根に詰め込んで、空っぽになったお腹に、新しい手芸綿(ポリエステル)を詰めました。
 詰め込んだ新しい綿の量は、5体全体で、100gでした。
 ちなみに、一番大きなスヌーピーの増量分は43gでした。
 昨日、スヌーピーが無事届きました。
 とても元気になって家族もスヌーピー達も喜んでいます。
 ありがとうございました。
2261 神奈川

入院:
09.06.23
退院:
09.06.24
スヌーピー

症状:体長は80cmくらいと大きめなのですが、大胆にも洗濯機にかけてしまったら、首がぽろっと取れてしまいました・・・

1.裂傷の補修
 胸の綿を抜いて、首回りの裂傷5個所くらいを、糸で繕って、裏からガーゼ地を補修クロスで接着しました。(右上、右下の写真)
2.首の固定
 ボタンつけ糸を4重にして、首回りを縫いつけました。
3.今後の問題
 生地が弱っているのに、中綿が固く入り過ぎていると思います。
 今回は、表情を変えないように、中綿はそのままで補修しましたが、綿を柔らかくした方が長持ちすると思われます。
 スヌーピー、早速届きました。
 驚くほど迅速にご対応頂き、また驚くほどご丁寧に治療して頂き、心より感謝申し上げます。 
 約30年経過していたこともあり、生地が弱っているところもあるにも関わらず、とても綺麗に補強して頂き、本当に感動致しました。
 私が生まれた頃に買ってもらい、海外に留学する時も、就職で上京
する時もいつも一緒に行動したスヌーピーだったので、またこの笑顔と一緒に暮らしていけることが何よりも幸せです!
 本当にありがとうございました。
2256 神奈川

入院:
09.06.16
退院:
09.06.18


症状:前足に針金が入っているのですが、右足の針金が折れてしまいました。鼻もほとんどはげてしまい、尻尾にも穴が開いてしまっています。全体が薄汚れてしまい、毛がゴワゴワです。
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
 頭だけは、表情に影響するので、中綿を抜かずに洗濯しました。
2.骨折
 両手に入っていた針金の骨が折れていました。(直径2.5mmの鉄線)
 ⇒手持ちのハンガー(直径2mmの鉄線をビニルで被覆) 

3.尻尾の穴を補修
 ミシンで上縫いしました。
4.鼻
 頭の綿を全部抜いて鼻の生地を交換するのが完全な方法ですが、表情を重視して、表から手縫いで鼻の人工皮革を交換しました。
5.手足の爪
 茶色の刺繍糸で縫いました。
6.中綿
 増減なしでほぐしながら元に戻しました。
 今日の午前中に、無事帰ってきました。
 みんなとてもきれいになっていて嬉しいです!
 すっかりぺちゃんこになっていた中綿も、ほぐして入れなおしていただいただけで、あんなにふっくらになっていて驚きました。
 牛さんもまた鳴くようになるとは思っていなかったので、喜びもひとしおです。
 今回も短期間での治療をどうもありがとうございました。
2237


神奈川

入院:
09.06.02
退院:
09.06.09









再入院:
09.07.17
再退院:
09.07.21

 
いぬ

症状:顔と手の部分のタイル地が劣化し、中綿が出てきそうになっています。何度か自分でも縫ってみたのですが、もう限界のようです。顔の表情が気に入っているので、出来るだけ似せていただけると嬉しいです。
治療:
 
メールや電話でのやりとりの結果、生地を納得して購入していただいて、全交換することになりました。
1.中綿を抜いて、洗濯して、解く
 表情を保つように、頭の綿と胴体の綿は別々に区分してぬきました。
頭は全部解いて、胴体は右半身を解いて、左半身は縫製の参考用にそのまま残しました。
 解いた断片にはアイロンを掛けました。
2.表情の記録
 目、口、手、足の刺繍糸はそのまま流用することにして、形を透明なフィルムに映したりして記録しました。
 目から顎へ引っ張っている表情糸(?)もそのまま復元しました。
3.裁断・縫製
 生地の断片は31枚でした。
 殆どは、手縫いで下縫いして、ミシンで縫製しました。
4.中綿を戻す
 頭と胴体の綿を別々に「ほぐして」元に戻しました。頭はそのまま戻しましたが、胴体は少し不足したので、新品の手芸綿を100g追加しました。
5.目、鼻、口、手、足を付ける
 元の材料で、記録を基にして、復元しました。

 中綿を半分ぐらい抜いて、首を解いて、ほころびた左手の付根を解いて、一部の生地を取替ました。
 生地の強度が若干弱かったようにも思われますが、取り扱いはやさしくお願いいたします。
 今届きました。
 以前と表情も全く同じで、本当にビックリしたと共に、感謝の気持ちでいっぱいです。
 長様のような方がいらっしゃる事で、物を大切にする人が増えると思います。
 どうかお体に気をつけられ、今後もこのすばらしいお仕事をお続けになられる事を願ってなりません。
 本当にありがとうございました!
2084 岡山

入院:
08.12.29
退院:
08.12.29


症状:綿が抜けたりなどはしていないのですが、元々の手を伸ばした状態ではなくなり、だらりと垂れてしまう様になりました。また、布同士の縫合部分がさけてしまい中綿が見える様になってしまっています。(胸もと、背中)しっぽの根元は生地がうすくなってしまっているようです。
治療:
1.中綿を抜いて、洗濯
 足先、手先、お尻のビーズ袋と鼻先の綿を残して、中綿を抜いて洗濯しました。
2.ビーズ袋の補修
 一部破れてビーズが漏れ出していた袋を補修しました。
3.尻尾
 一旦、外して、中綿を交換して、根元の薄くなった生地部分は、ガーゼ地を補修クロスで接着・補強して、再度縫製しました。
4.再縫製
 方々の縫い目が解れている部分は、上からミシンで再縫製しました。
5.中綿
 元々の綿を手で解して再使用しました。35gだけ、新しい手芸綿を補充しました。
 年末最後の日にコタが帰ってきました。
 新年から早速、一緒に過ごそうと思います。
 こんなに明るい色だったかな?と我が家にやって来た頃のコタを思い出しました。
 なんだか元気で若返った様に見えます。
 とても丁寧で早い対応に本当にびっくりしています。
 外だけではなくて、中も痛んでいたんですね。
 丁寧なカルテをありがとうございました。
2059 愛知

入院:
08.11.27
退院:
08.11.29


症状:リュックサックの部分がボロボロになった。
治療:
 
接着が剥がれて、3枚に分解していたリュックのバンドを透明なナイロン糸で縫い合わせました。
(同 下)
2057 愛知

入院:
08.11.27
退院:
08.11.29


症状:鼻がボロボロに剥がれてきている。
治療:
1.中綿を抜いて、
2.人工皮革の鼻の頭を解いて、
3.アイロンで縫い目を伸ばし、
4.新しい人工皮革を裁断して、
5.鼻の左右をミシンで絞り、
6..仕付け糸で、下縫いして、ミシンで本縫いし、
7.最後に、中心の縦の絞りをミシンでいれました。
8.元々入っていた綿を解しながら、元に戻しました。(増減なし)
 ぬいぐるみが到着致しました。
 キレイに修理をしていただいて、本当にありがとうございました。
 小さい犬も凄くキレイになっていて驚きました。
 また、お世話になることがあると思いますのでその時は宜しくお願い致します。
2056 愛知

入院:
08.11.27
退院:
08.11.29


症状:鼻がボロボロに剥がれてきている点と、しっぽが紐をひっぱるとフリフリす るのですが、しっぽが折れ曲がっている点です。
治療:
1.鼻
 中綿を抜いて、人工皮革の鼻の頭を解いて、新しい人工皮革を裁断して、仕付け糸で下縫いして、ミシンで本縫いしました。
2.尻尾
 布の部分に折り癖が付いていたので、芯として「クリヤーファイル」2枚を入れて取り付けました。
3.中綿
 元々入っていた綿を解しながら、元に戻しました。(増減なし)
(同 上)
2014 東京

入院:
08.10.22
退院:
08.10.23
いぬ

症状:左肩としっぽにほころびがあり中綿が見えています。あと体全体のくたくた感があります。
治療:
 
背中の開口部を開けて、顔の表情を保持するため、頭の後ろ半分と下半身の綿を抜いて、裏からほころびをミシンで再縫製しようとしましたが、生地が硬く、もろくなって柔軟性が無くなっていて、無理に裏返したり引っ張ったりできないと判断して、表側から、手縫いで繕うことにしました。
 左胸の黒い斑点の上の小さなほつれは、透明なビニル糸で繕いました。
 中綿は解しながら元に戻しましたが、少し補充しました。(16g)
 今日届きました。
 先生のおかげで見違えるような元気姿に治療していただき本当ありがとうございました。
 これからも家族として大切にしていきます。
1988 東京

入院:
08.10.03
退院:
08.10.04
スヌーピー

症状:鼻の右側が少しめくれ、糸が出ています。
治療:
 
多少、気にし過ぎの感があります。
 もしこの「めくれ」を根本的に直そうとすれば、頭の綿を抜いて、裏から縫いなおすことになって、顔の表情を変える危険が伴います。
 解れた糸は、鼻の下に引き込み、取りあえず、糸が見えないようにしましたので、鼻が取れそうになったら、入院してください。
(同 上)
1931 東京

入院:
08.09.01
退院:
08.09.03


症状:手足その他の生地が擦り減って中身が透けている状態です。
縫い目も裂けそうな部分があります。

治療:
1.お腹の開口部から、中綿を抜く
2.綿を解す
 一部固まった綿を丹念にほぐして、ボリュームを増やした。
3.ビーズを再配分
 両手先、両足先のビーズの破れた袋を詰め替えて元に戻した。
4.洗濯して解いてアイロンをかけた
 左半身は縫製の参考に残して、右半身を解いた。
5.同梱の新しい生地に写して裁断・縫製した。
 ニット生地は伸縮性が強く、縫いにくいので、下縫いしながらミシンをかけました。
6.目、口、手足
 目と口は、同梱の糸で、元の形を慎重に写しました。
 手足は、購入した刺しゅう糸で縫いました。
7.鼻
 元の鼻をそのまま再使用しました。元の部品で流用したのは、この鼻だけです。
8.中綿
 詰めた綿は、旧の綿を解したものだけで、増減なしです。
 新生地は、旧生地に比べて、伸縮性が大きくなっているので、綿は詰めればいくらでも入りますが「太っちょ」になるので、ほどほどにしました。
 昨晩帰ってきました。
 美白になって生まれ変わった感じです。
 縫製の精密さには感動しました。
 生地の質感が微妙に違い苦労したことと思います。
 これからも大切にします。
 本当にありがとうございました。

 
1930 静岡

入院:
08.08.30
退院:
08.09.01


症状:子供も成長して汚れ方もほつれ方も 以前よりパワーアップした感じです。今回はビーズをたくさん入れて下さい。生地が所々薄切れてビーズが 出てきてしまっている穴の開いてしまった所は 仕方無く縫いましたが 全体的に薄切れが広がってしまっています。
治療:
 
2006.8.23入院のNO.1090、2007.3.17.再入院のNO.1325の「犬」の再再入院です。
 ビーズを抜いて裏から点検したら、補強テープがずたずたで「作り直しか?」とも考えましたが、2年前の縫製の苦労も思い出されて、今回は補修に留めることにしました。
1.洗濯
 手洗い3回、漬け置き半日、洗濯機など手を尽くしましたが、繊維に移り込んでいるのか、きれいにはなりませんでした。
2.補修跡と補強テープ
 そちらで縫い目を補修していただいた個所を解いて裏に補強テープを沿わせて再縫製しました。(約150cm)
3.補修クロス
 そちらで生地の破れを補修していただいた個所を解いて、裏から補修クロスでガーゼ地を接着しました。(3個所)
4.目
 周囲がほつれていたので、同梱の黒い生地で直径24mmの円で作り、ミシンで縫いつけました。
5.鼻
 真中が解れていたので、黒い糸で補修しました。
6.ミクロビーズ
 元のビーズを戻して、手持ちのビーズを約150g補充しました。入るだけ入れましたが、ぱんぱんにはなりません。これで精一杯です。(圧入できない)

今後について
 そちらで丹念な補修をされているのは十分に拝見しましたので、そろそろ、ご自分で作り直す勇気と喜びを!!期待いたします。
 そして、もう少しやさしい取扱いを!!
 昨日午後 わん が無事 帰宅しました。
 いい匂いをさせて プクプク太った わん は、本当に可愛くて、  子供より先に抱き締めてしまいました!!!
 本当に有難うございました m(_ _)m

 今日早速 先生がせっかく裏当てをして下さった古傷が切れてしまいました・・・ (+_+)
 カルテのアドバイスにもありましたが。。。
 私に わん の修理ができるでしょうか?
 子供にとって 本当に大事で大切な存在なので、できる限り長生きしてもらいたい と思っています。
 子供も 「今度からは 外遊びの時には わん を連れていかない・
優しく抱っこする・手荒に扱わない」 と 約束しました。
 それでも きっといつか 今回のような事になると思います。
 その時には ぜひ 治療の方法を教えて下さいますようお願い致します。
 先生のような素晴らしい方が居て下さって そして 先生に巡り会えた事に感謝しております。
 これからも 大好きなおもちゃやぬいぐるみを大切に思って 買い替えではなく 修理を望む人達の 「明るい光」 でいて下さい!! 
1890 大阪

入院:
08.08.04
退院:
08.08.04

(プルート)

症状:
@昨日から足が同時に動いて関節?がはずれているみたいなのです。(それまでは、右足・左足バラバラで動けてました)
Aチャームポイントであった、ポッコリした下っ腹もお尻も若干へっこんでしまい・・

治療:
 
背中の開口部を開けて、綿と骨格を取り出したら、両足の付け根と背骨の間が折れていました。
 ⇒プラスチックの可動構造部分に4mmのビスを長さ16.5mmに切断してねじ込みました。
 中綿を解しながら、下腹部に注意しながら詰めて、背中を閉じました。

「注意事項」

 プラスチックが経年で脆くなっていますので、姿勢の変形は「やさしく」なるべく回数を減らしてください。
 本日待ちに待ったプルートが帰ってきました! カルテも見ました〜!! なるほど・・そこが切れていて動かなかったのか・・と納得。
 完全に元に戻っていて感激しました!
 でも書いてあるように、優しく扱うようにします。姿勢もあまり変えずに・・ですね。
 ぷぅちゃんの(プルートの名前)お腹ぽっこりにも注意してくれたんですね、しっかりとぽっこりお腹に戻っていましたよ(*´∀`*)
 ぷぅちゃんの帰りを待ちわびていた、仲間と一緒に写真とりました!
見てやってください♪
 
 先生この度は本当に本当にありがとうございました!!
 これからもずっとずっとお元気で、お仕事を続けて欲しいです。
1864 静岡

入院:
08.07.10
退院:
08.07.11
スヌーピー

症状:
・頭(花飾りがついていたが、無くなって、直径3cmほどの穴が開いて、中身が出てしまいそうです。)
・眉毛や鼻(取れそうな感じなので、どうにか補強できるとうれしいです。)
・首(首が座っていない赤ちゃんのような感じです。)
・脇の下(ほつれ・破れがあります。)
・青い服(母さんお手製のもので、スヌーピーが元気な頃は無理せず着せれたそうです。今では。首や脇が怖いので着せる事ができません。ボタンがひとつ取れてしまっているので治していただけたらと思います。)

治療:
1.首の後部の開口部から中綿出し
2.洗濯・漂白(ブリーチ)
3.頭の穴埋め
 良く似た生地を丸く裁断してミシンで縫い付けました。
4.右耳裏の破れ
 透明なミシン糸で補修しました。
5.白い生地の破損部の補修
 約15箇所の擦り切れ、破れ部分にガーゼ地を「補修クロス」を使って裏から接着・補強しました。
6.重ね縫製
 解れた脇の下をはじめ、全体の縫製部分を重ねてミシンをかけて補強しました。
7.眉毛、鼻
 黒いミシン糸で縫い付けました。
8.青い服
 ボタンを付けて、着せてはみましたが、少々小さすぎるようです。また、虫食いが2個所あります。(右肩後と左腕後)
9.中綿
 元々の綿は、ウレタンで既に茶色に変色し粉末化が起こっていて、一部生地が染色されていました。
 ⇒ポリエステルの手芸綿(300g)と交換しました。
 こんばんわ。
 先日はお世話になりました。
 スヌーピーは土曜日に無事帰宅しました。
 保護者である友人もすごく綺麗になったスヌーピーを見て大喜びでした。
 後日改めて、本人から御礼の手紙をお送りいたします。

 また何かあった時には、ぜひお願いいたします。
 この度は、本当にありがとうございました。

 (ご本人さまより)
 この度は、私のスヌーピーを治療していただき、大変ありがとうございます。
 早く何とかしたかったのですが、20年近く経ってしまい、心から思っています。
 暑い日が続きます。お体をご自愛くださいませ。
 また、機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

1825
1824
静岡

入院:
08.05.27
退院:
08.05.27
スヌーピー
(2体)
症状:体の肉が減り、手足は大きく、バランスが悪くなってしまいました。
治療:
 
下腹部の開口部を開けて、胴体の綿を手足に詰め込み、空になったお腹に新しい手芸綿(ポリエステル、元々入っていた綿と同じ)を小さい方のスヌーピーに20g、大きい方のスヌーピーに50g補充しました。
 顔の表情を変えないように、頭部の綿は抜かずに作業しました。
 胴体の綿はまだ、詰め込まれますが、これ以上入れると、だんだん手足を開く圧力が増えるので、こんなものでしょう。
 この度はSNOOPYがお世話になりました。
 元気に退院させていただいて、とても感謝しております。
 ちゃんと座れる姿を見て嬉しい限りです。
 本当にありがとうございました。
1823 静岡

入院:
08.05.26
退院:
08.05.27


症状:洗濯機のドライで洗っているんですが、だんだん胴体やしっぽ部分の中綿がよってしまいました。
治療:
1.お腹の開口部から中綿を抜いた。
 中綿は少し固まっていましたが、ポリスチロールの手芸綿で、交換するには「もったいない」ので、手で解してボリュームが3倍くらいになりました。
2.洗濯しました。
 頭部の中綿は表情が変わらないように抜かずに洗濯しました。
 尻尾は特に入念に洗濯しました。
3.中綿を戻して開口部を閉じた。
 中綿の増減はなしで済みました。
4.尻尾の処理
 @先端を解いて、解れないようにミシンを掛けて処理しました。
 A中綿を付け根から詰めて先端まで入れる。   
 B開口部を外から縫い付ける。糸止めの位置を覚えておいてください。
 C次回の尻尾の綿取換えは、糸止めから先端側を解いて、中綿を出して、尻尾の部分だけを洗濯して、新しい手芸綿を入れて、同じように縫い付ける。
 昨日、無事にぬいぐるみが帰ってまいりました。
 中綿の偏りもなくなり、追加の綿を入れたわけではないのに、一回り大きくなりました。
 息子は久々の再会に大喜びで、どこに行くのにも連れて歩いています。
 カルテに詳細が記載されており、こちらのわがままも聞いて今後の取り扱い方法まで記載していただきホントにありがとうございます。
 これからも、大切にしたいと思います。
 本当にありがとうございました。
1803 愛知

入院:
08.04.29
退院:
08.04.29
スヌーピー

症状:くたくたスヌーピーのぬいぐるみです。名前通りくたくたしています。買ってから数年で2度ほど洗ったせいか体はより細くなり手足も大きくなってしまいました。いつも座らせているのですが当然前くたっと前かがみになってしまいます。ちゃんと座れるスヌーピーにしていただけたらとても有難いです。
治療:
 
下腹部の開口部を開けて、胴体の綿を出して、解して、手足に詰め込み、空になったお腹に新しい手芸綿(ポリエステル、元々入っていた綿と同じ)を100g強補充しました。
 顔の表情を変えないように、頭部の綿は抜かずに作業しました。
 そのため、洗濯はできませんでしたが、汚れは少なかったので、問題はないでしょう。
 胴体の綿はまだ、詰め込まれますが、これ以上入れると、だんだん手足を開く圧力が増えるので、こんなものでしょう。
 今、我が家のスヌーピー・8くんが戻って来ました。
 こんなに早く退院できるとは思っていなかったのでビックリです。
 本当に元気で前以上に可愛く元気になった気がして感激しています。
 ありがとうございました。
1783 東京

入院:
08.04.10
退院:
08.04.11

(携帯ストラップ)

症状:THE DOGの6cmほどのぬいぐるみ(布製)なのですが、鼻がはがれて中の綿が見える状態です。また、背中のストラップ紐の付け根が、傷んできて中が開きそうな状態です。
治療:
1.鼻
 背中の開口部を開けて、中綿を抜いて、洗濯し、鼻を解いて、手持ちの人工皮革を裁断して、丸味付けの3個所はミシンで縫って、顔への取り付けは手縫いしました。
2.ストラップの紐
 紐は擦り切れて汚れていたので、新品の紐とこうかんしました。
 付け根の破れは、黒いガーゼ地を補修クロスで裏から接着しました。
3.中綿
 増減なしで元に戻しました。
4.その他
 瞼や瞳の補修を希望されていましたが、なにしろ小さくて私の手に負えませんでした、悪しからず。
 こんばんは。
 本日犬のストラップが到着しました。
 ボロボロでかわいそうだった鼻が綺麗になって戻ってきたので嬉しくてたまりません。
 長先生にお願いしてよかったです。
 短い時間で、こんなに丁寧にきれいにしていただきまして感激しています。

 早速、携帯にとりつけてみました。
 良い感じです。洗濯していただいて、ストラップも変えていただいたので気持ちいいです。

 これからも大事にします。
 本当にありがとうございました。
1756 東京

入院:
08.03.10
退院:
08.03.10


症状:鼻の部分が劣化してポロポロ剥がれおちてきてしまう状態になってしまっています。
治療:
 
首の背中側の開口部を解いて、頭部の中綿を抜いて頭を裏返しにして作業しました。
 手持ちの人工皮革を裁断してミシンで縫製しました。
 中綿は、そっくり元に戻しましたが、一旦外にだしたので、少し膨らんでいるかもしれませんが、いずれ落ち着くと思います。
 3/10に退院しましたTHE DOG(うちでの名前はハナちゃんです)の保護者です、
 お礼を申し上げるのが遅くなりまして大変失礼いたしました。
 あんなに早く帰ってくるとは本当に驚きまして、しかもハナちゃんが元気に帰って来てくれたのが
 本当に嬉しいです(^∀^)!!
 預けてから帰ってくるまでたったの1日半だったのにやっぱり心配で、どんな顔で帰ってくるのかも
 正直心配でした、でも会ってみたら手術後!?だから少し腫れているみたいだけど毎日ナデナデしているので少しずつ落ち着いてきてます。
 うちにはもう1頭ポンさんというワンコがいますがそのうちお世話になるかもしれません,,,,,
 その際にはまた、よろしくお願いいたします!
 今回の事で直してまた大事に使うということを久しぶりに思い出しました、自分の姉妹や友達にも伝えまして、「とても良い事だね・そういう気持ちは大事だね・私にも教えて」との言葉を沢山いただきました、新たに若さをもらったハナちゃんをまた大事に使います、長先生もお元気で頑張ってください。
1734
1733
群馬

入院:
08.02.25
退院:
08.02.26
いぬ
となりのトトロ

症状:物置で砂ほこりにまみれ、小さな虫に食われてしまったかもしれません。ニォィも気になります。洗ったり中綿を交換したりできるそぅなので、なんとかならないでしょぅか。
治療:
 
中綿を抜いて洗濯しようと、トトロの背中をあけてみたのですが、犬も含めてこの形を温存することの難しさを考えて、「丸洗い」に挑戦しました。
 洗濯用の洗剤を微湯に解いて、ぬいぐるみをやさしく押し洗いして、(湯はかなり黒くなりました)3回ゆすいで、遠心脱水して、自然乾燥しました。
 トトロと犬??のぬいぐるみ2体を治療していただいた者です。
 あっという間の退院でキレィになって戻ってきたので大変嬉しく思っています。
 自分では洗剤や乾燥法がわからなかったので、おもちゃをよくご存知である皆様に治療していただいて本当によかったです!
 捨てられそうでほこりまみれだった2匹も、とても喜んでいるように感じます。
 これからも大切にしていきます。大変お世話になりました。
1704 神奈川

入院:
08.02.02
退院:
08.02.03


症状:鼻の生地がひび割れています。
治療:
 
背中の開口部を開けて、頭部と上半身の中綿を抜いて、開口部から頭部を裏返しにして引き出して作業しました。
 鼻を解いて外し、アイロンをかけて縫い代を伸ばして、手持ちの合成皮革に合わせて裁断し、手で下縫いしてミシンをかけました。
 中綿の戻しは、頭部と上半身を別々にして、増減なしにしました。(綿の補充なし)
 お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
 ぶじ、家の戻ってまいりました。
 鼻もすっかりきれいになり、本当にありがとうございました。
1682
1681
1680
大阪

入院:
08.01.15
退院:
08.01.16
犬(3匹)

症状:
・茶色のシェルティ:鼻が劣化して剥がれ落ちています。
・白色のダルメシアン:うり君と同様に鼻が劣化しかけているのと目が外れかけています。
・茶色のコーギー:うり君と同様に鼻が劣化して剥がれ落ちています。

治療:
鼻の取替えは共通で、
0.目玉と喉をつないでいる「表情糸?」は切らずに作業しました。
1.背中の開口部を開けて、中綿を取り出す。
2.裏から鼻を解いて、新しい合成皮革に写して裁断する。
3.手縫いで下縫いしてミシンで本縫いする。

ダルメシアンの目玉は
 右目は、裏の当板(プラスチック)が完全に割れて落ちていました。
 左目は、半分割れて間もなく落ちそうでした。
 ⇒直径1mmの穴を2本開けて、ゼムクリップの針金を入れて接着・固定しました。
 
1543 福岡

入院:
07.10.01
退院:
07.10.02


症状:鼻がひび割れてきて、ぼろぼろになっております。とりあえず応急処置(?)として絆創膏をはっていたのですが、それも限界のようで・・。
治療:
1.首の背中側を開けて中綿を出す
2.鼻を解く
3.毛皮を洗う
4.鼻の成型縫いを解いて裁断
 成型のための3本の縫い目を解いてアイロンを掛け、手持ちの新生地に写して裁断しました。  
5.縫製
 3本の成型縫いをして顔にミシンで縫いつけました。
6.中綿
 元々の綿をほぐして入れて、不足分(約50g)を手持ちの手芸綿を補充しました。
 昨日そちらより退院しましたぬいぐるみが無事届きました。
 丸々太って帰ってきて、痛んでいた部分もキレイに治っていました。
 本当にありがとうございました。
 そちらに入院させて本当によかったです。
1510 埼玉

入院:
07.08.27
退院:
07.08.28


症状:顔の部分の縫い目から生地が破れています。あと、顔の他の部分も生地が薄くなっています。両腕の生地も擦り切れて破れています。全体的にも汚れてしまっています。当初は耳にも針金が入っていてピンとしていました。
治療:
 
元々の生地は、ぬいぐるみ専用で裏にウレタンシートがメッシュで張ってあって、それなりの感触を作っていましたが、ウレタンシートが劣化して粉々になって、生地や綿に染めつく寸前でした。すべて撤去しました。
1.生地の交換
 同じ風合いの生地がなく、伸縮性の大きな「2WAYトライアクター(ポリエステル88%)」の白い生地を購入しました。茶色の生地は無かったので、元々の生地(色褪せはあるが強度はOK)を流用することにしました。
2.裁断
 胴体は右半身を解いて型紙用として、左半身は縫製の参考に残地しました。
3.耳の針金
 フリース生地に手芸用のアルミ線(直径2mm)を挟んで芯にしました。
4.中綿
 生地の伸縮性が増したために、いくらでも入って、肥満になるので、少し(大分?)残しました。
 尻尾には綿が入っていませんでしたが、少しいれました、もし不要なら、体の方に押し込んでください。
5.目玉
 黒目の塗装が剥げました。マニキュアで塗装されたようですから、よろしく補修願います。
 こんばんは!!
 本日、ぬいぐるみが帰ってきました☆
 ボロボロだった子がキレイに生まれ変わって帰って来て、嬉しかったです。
 印象は前とは変わってしまいましたが、これからも可愛がって行きたいと思います。
 今回は迅速に対応していただき、ありがとうございました。
1509 埼玉

入院:
07.08.26
退院:
07.08.27


症状:中身の綿が減り、首がすっかり無くなってしまい、その分頭が重くなって、自分だけでは座っていられなくなってしまいました。綿を新しいモノと交換して頂けたらと思います。肌の色も少し黒ずんできているので、洗って頂けると嬉しいです。
治療:
1.中綿を抜いて洗濯
2.鼻の補修
 鼻を包んでいた人工皮革が剥げていたので手持ちの黒の人工皮革と取替ました。
3.中綿
 長年の洗濯で、だまだまになっていたので、手で解しました。
 しかし、分量(ボリューム)はそれほど増えなかったので、新に手芸綿を65g追加しました。(元々の綿は135gでした)
 どうもありがとうございました。
 無事に手元に戻ってきてくれました。
 おかげさまで長さんの愛情を受けて、まるまる太って帰って参りました。
 鼻の方は、治せるものだと思っていなかったので諦めていただけに、とてもびっくりしました。
 どこを縫い合わせたのか、いったいどうやって治療したのかわからない綺麗な仕上がりで嬉しいです。
 これからもますます可愛がっていきます。
 ありがとうございました。
1460 神奈川

入院:
07.07.28
退院:
07.07.29


症状:
 NO.766(2005.8.2.)の再入院
 縫い目がほつれました。

治療:
1.ほつれた縫い目
 胸周りの縫い目が一ヶ所ほつれていました。
 ⇒1〜2mm内側を胸周り一周ミシンで縫いました。
 腰周りも補修縫いの個所があったので、胸周りと同じように腰周り一周ミシンで縫いました。
2.耳と尻尾
 中の綿が偏って小さくなっていた。
 ⇒偏る心配の少ないフェルト状の不織布(厚さ3mmくらい)を形に合せて裁断し2枚重ねて入れました。
3.中綿
 前回の修理の時に入れ替えたものですが、丸洗い洗濯で「だまだま」になっていたので、手でほぐしながら入れました。
 首がほつれていたけど、何事もなかったように治っていたのですごくびっくりしました。
 しかも、元はあたまが後ろに曲がっていたり、手と足がよれよれだったのがすごくぴしっとしていたのがうれしかったです。
 治してくれてどうもありがとうございます。
1459 東京

入院:
07.07.26
退院:
07.07.27


症状:鼻が劣化して剥がれ落ちています。鼻がカチカチになってきていて、いろいろなところに引っかかってしまい、ポロポロしていてとても可愛そうです。少々、全体の汚れも気になるところですが・・・
治療:
1.鼻
 
背中の開口部を開けて、中綿を抜いて、鼻を解き、送っていただいたビニルレザーに写して裁断し、下縫いしながら、ミシンで縫製しました。
2.洗濯
 洗濯機用洗剤で手洗いしました。
3.中綿
 元々入っていたビーズを4等分して足先に入れて、元々の綿を入れ、不足分、約100gを補充しました。
 本日、無事ワンコ帰宅しました。
 洗濯までして頂き、大変きれいになってますね。
 ちょっと、丸々太りすぎのような気もしますが。。。
 綿なので、しばらくしてくると、やせるのでしょうね。(だんだん落ち着いてくると思います) 
 大変お世話になりました。
1441
1440
福岡

入院:
07.07.02
退院:
07.07.03


症状:THE DOG」シリーズの柴犬の双子で、ほぼ同時期に購入したものです。前回のブラウン(NO.872 2006.1.11)と同様に鼻部分の素材が劣化し剥がれ落ちている状態です。
治療:
1.中綿を抜く
2.鼻の頭を解く
3.ボディの洗濯
 中綿を抜いたついでに洗濯しました。
4.合成皮革を加工
 前回の残りのビニルレザーを3個所縫い合わせて鼻先を作りました。
5.裁断、縫製
 解いた生地に合わせて裁断し、手による2回の予備縫いを経て、ミシンで縫製しました。
6.中綿を入れる
 元もとの綿は、ウレタンフォームで、多分ドライクリーニングの後遺症だと思われますが、洗濯の溶剤で溶けかけて、ベタベタ、ニカニカでとてもいやな感触になっていました。(同梱の綿で確認してください)
 ⇒手持ちの手芸綿(ポリエステル、150g×2匹)と交換しました。軽くなったので、質感が変ったと思います。
7.その他
 少し太り気味かもしれませんが、時間とともに落ち着くと思います。
 長先生、ありがとうございました。
 双子も我が家に帰り着きました。
 入院後翌日に退院とこんなに早く我が家に戻していただいてありがとうございました。

 また、お世話になると思いますが、よろしくお願いします。
1394 千葉

入院:
07.05.24
退院:
07.05.26


症状:買ってから18年ほど経過しているため生地が弱り、右目の少し下に1センチくらいの裂け目ができてしまいました。そこからどんどん裂けてしまいそうな感じです。また、たれ耳に針金が入っていて、昔は立ち耳にしたりすることができたのですが、針金が折れたのか支える綿が減ったのか、耳が立ちません。
治療:
1.中綿を抜いて、洗濯
 作業上、中綿全部を抜いて、洗濯しました。
2.生地の裂け目
 目玉を外して、裂け目の裏から、ガーゼ地を「補修クロス」で接着しようとしましたが、元々の生地が、布の裏に薄いウレタンが張ってあって、さらにその裏にメッシュが張ってある特殊な生地で、ウレタン(経年劣化で粉末に近い)とメッシュが邪魔で、補修クロスが使用できないので、ウレタンとメッシュを除去して作業しました。
 しかし、布の強度が落ちていて、「いたちごっこ」になって、次々に破れが波及する状態で、近いうちに「生地の全交換」になりそうです。      
3.耳の針金
 耳の中は、ウレタンシートに針金を縫いつけたものが入っていて、耳の角度を変えられる仕組みになっていましたが、ウレタンがグッタリし、針金は折れていました。
 ⇒手持ちのウレタンシートに、手芸用のアルミ線(直径2mm、「アルミ自在ワイヤー」)を縫い付けて入れました。
4.中綿
 元々の綿を、ほぐしながら再使用しました。
 ぷいたんがすごく早く帰ってきたのでびっくりしています。
 耳も立つようになって、若かりしころに戻ったみたいです。
 本当にありがとうございました。
1373 埼玉

入院:
07.04.29
退院:
07.04.30


症状:NO.1367と同じもので、兄弟です。持ち主も姉妹です。痛みは兄よりは少なかったのですが、兄がきれいになって帰ってきたので、この際私もお願いします。
治療:
 
基本的には、NO.1367 と同じです。
 材料もNO.1367の余りを使いました。
 顔は、鼻を少し傾けて、多少綿の入れ方を加減して、細面に調整しました。
 前回から引き続き長さんにお世話になりました。
 同じ材料で作ることになり、前とそっくり同じに仕上がることを懸念しましたが良く特徴をつかんでいて驚きました。大満足です。
 二匹並べてみると同じ材料で作ったのに耳、目お口の位置が少しずつ違い一匹一匹の特徴が表現されています。
 この子犬達もあと何十年も長生きするでしょう。       
 長さんはこの子犬達の生みの親ですね。
 ぬいぐるみの生みの親が分かっているってないんでしょうね。
 本当に幸せです。ありがとうございました。長さんのご活躍とご健康をお祈りします。
 ありがとうございました。
1367 埼玉

入院:
07.04.22
退院:
07.04.24


症状:身長は15cmくらい、ビロードのような毛は皆無になり、お顔は地肌が露出しています。おまけに左ほほは中の綿がでています。
治療:
1.生地の購入
 元々の生地が判明しない位の状態で、保護者と一緒にオカダヤへ行って、まあ納得できる生地を購入しました。
2.解いて、洗濯、アイロン
3.裁断、縫製
 鼻を包む人工皮革、耳裏の生地、胸の白い生地は、手持ちの生地を使用しました。
 裁断は、解いた元の生地の損傷がひどいので、見込み・推定で実施しました。
 縫製は、仕付け糸で前縫いをしてミシンを掛けました。
4.流用部品
 「目玉」、「鼻」と「口の糸」です。(「玉留め」付です。)
5.中綿
 化繊綿でしたが、多少、黒くなっていたので、新しい手芸綿(ポリエステル、100g)と交換しました。
 長さんの仕事の早さ、熱心さには驚きました。
 13年間家族の一員として一緒に生活してきた犬のまやちゃん。あちらこちらが破け痛んでもう限界でした。ボロボロになったまやちゃんの姿を毎日見ていてかわいそうでした。
 私たちは長さんと出会えて本当に幸運でした。
 13年前にお店で売られていた時の姿そっくりに仕上がってきました。
 以前同様、かわいがります。ありがとうございました、又よろしくお願いします。
1354 福岡

入院:
07.04.03
退院:
07.04.04


症状:綿がおしりの方によってしまったせいか、前足に綿が入っていなく、ブラブラの状態です。
治療:
 
下腹部の開口部を開けて、偏った綿を手足の付根、頭などに寄せて、新しい手芸綿(ポリエステル、100g)を補充しました。
 開口部は手縫いで閉じました。
 もし、今後、綿の詰め込みをされる時は、この開口部を開けて、手芸店か100円ショップで手芸綿を購入して詰め込んでください。
 中綿が、洗濯などで弾力を失った時は、全交換も可能です。
 こんばんは。
 本日無事にぬいぐるみが戻ってきました。
 とても大切なぬいぐるみで、修理に出す時は、どのようになって帰ってくるのかととても心配でしたが、立派になって戻ってきてとても嬉しかったです。
 ありがとうございました。しかも、仕事がとても早い!!正直、最低でも2,3日はかかると思っていましたが、そちらに着いて何時間後には修理完了のメールが届きビックリでした。
 本当にありがとうございました。
1325 静岡

入院:
07.03.17
退院:
07.03.19


症状:昨年夏、「わん」がお世話になりました。また「わん」が 大変な事になってしまっています。縫い目が次から次へと 切れて、今日は背中が大きく 開いてしまいました。
治療:
 2006.8.23入院のNO.1090「犬」の再入院です。
1.ミクロビーズを抜いて洗濯
2.補修個所を表から解く
3.裏からミシンで再縫製
 昨年の時は、伸縮性が強い生地なので、伸縮性のある「ナイロン糸」で縫製しましたが、生地の伸縮性が勝ってナイロン糸が切れたと判断して、今度は、やはり伸縮性のある「ニット用ミシン糸(#50)」に、生地の伸縮性を抑える木綿テープ(幅1cm)を縫い目に添えて共にミシンで再縫製しました。(殆ど全ての縫い目を)
4.中綿
 元々のミクロビーズに、送っていただいたミクロビーズを補充しました。
5.左目
 半分くらい縫い目が落ちていたので、手縫いで補強しました。
 ご心配、ご迷惑お掛けしましたm(__)m
 今 無事に わんが 帰ってきました♪
 みんな大喜びですo(^o^)o
 大変お世話になりました。
  これからは わんを引っ張ったり 振り回したり しないように、大事にする ように 言っておきました!
 ありがとうございました。
1227 愛知

入院:
07.01.09
退院:
07.01.10


症状:何度か手洗いしているうちに、中綿は縮み、首のあたりの生地が切れそうになっています。
中綿を抜いて、生地を洗って頂き、中綿を新しいものに取替え、首の辺りの生地を補修して頂くことはできませんでしょうか?また、口や足の部分の黒い糸も取れてしまっていますので、修復お願いしたいです。

治療:
1.中綿を抜く
2.洗濯する
 固形の洗濯石鹸で3回洗いました。
3.喉もとの生地の破れを補修する
 擦り切れて破れている部分の2個所に裏から白のガーゼを「補修クロス」を使ってアイロンで接着しました。 
 穴の表から、見える白いガーゼ地は、油性の黄色のサインペンで補彩しました。
4.中綿
 元々の綿も手芸綿(ポリエステル)でしたが、固まって弾力を失っていましたので、新しい手芸綿と交換しました。(約100g)
5.口と足の糸
 左の手と足は、黒い縫い糸2本で右の手と足に習って縫いました。
 口は、送っていただいた新しい頃の写真を参考にして付けました。
 お世話になります。
 今日、犬(きいろワンちゃん)が元気になって帰ってきました。
 子どもはとっても喜んで、今日はずっと離さず持っていました。
 今日からまたきいろワンちゃんと一緒に寝ています。
 子どもにとって、大事な大事なワンちゃんですので、治療して頂けた事を本当に感謝しています。
 ありがとうございました。
1212 東京

入院:
06.12.16
退院:
06.12.19
いぬ

症状:ボディの布の部分に汚れがあるのですが、クリーニングがもし可能ならばお願いをしたいのですが。。。無理かもしれませんが。
治療:
1.お腹の綿を抜く
2.石鹸で洗う
 歯ブラシに石鹸の泡を付けて、汚れの部分を洗いました。
 完全ではありませんが、ある程度は抜けたと思います。 
3.後始末
 お腹の開口部を縫って、パンツを縫い付ける時に、汚れていた部分がなるべく隠れるように、パンツをしっかり引き上げて固定しました。
 仕事でバタバタとしていてなかなかメールを書けずにすみません。
 今回もお人形4体とぬいぐるみ、とたくさん元気にしていただき本当に有難うございました。
 最高のクリスマスプレゼントになりました。
 私はお人形が好きなので集めているわけではないのですが、気づくと結構な人数いたりします。。。みな大切にしているのですが古い人形だとどうしても、、というところがあります。
 またお願いすることもあるかもしれません。そのときはご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。
1172 神奈川

入院:
06.11.01
退院:
06.11.02


症状:手か足の何処かに穴があいている様で、中に入っているビーズが、ときどき、外に出て来てしまい、片方の手足がスカスカの状態になっています。
治療:
1.中綿を抜く
 胸の開口部を開けて、中綿とビーズを抜きました。
2.洗濯
 軽く2回洗いました。
3.補修
 ビーズが洩れたのは、左後足のメーカータグの所のほつれでした。
 そのほか、後頭部、右前足の付根などを手縫いで補修しました。
 が、全体的に縫い目が緩んでいるのが判明したので、裏から可能な限りミシンで上縫いしました。
4.中綿とビーズ
 4肢の先のビーズは少し新しいビーズを追加して入れました。
 中綿はそのまま、解しながら入れました。
 本日無事にぬいぐるみが帰ってきました。
 ふっくらし、シャキッとなりとても、いい感じです。
 ぬいぐるみの退院を首を長くして待っていた娘が、配達員の方から直接受け取り、元気になったぬいぐるみを抱きかかえ、うれしそうに見せてくれました。
 迅速に対応していただき、ありがとうございました。

 以下、娘からです
 "黄色の犬をなおしてくれて、ありがとうございました。
 ちいさいころからあそんでたので、ぼろぼろになっちゃったので、にゅういんすることになりました。
 またあそべるようになってうれしいです。
 ありがとうございました。"
1155 千葉

入院:
06.10.20
退院:
06.10.22


症状:頭の付け根がはずれそうな部分がある。腕や足がつぶれている。関節のようなものができています・・。洗濯をしたら、中綿が少し固まってしまった感触がする。15年ものなので全体的にくたっとしています。
治療:
1.洗濯
 首周りを解いて、中綿を抜き、色移りを防ぐため、鼻を取り外して、頭部、胴体、鼻を固形石鹸で洗濯しました。
2.中綿
 元々の中綿が、弾力が無くなっていたので、手芸綿(ポリエステル)300gと交換しました。
 昨日、ぬいぐるみを受け取りました。
 あんなにくすんでいた体が真っ白になり、予想以上に元気な姿になって戻ってきました。
 ふにゃふにゃだった体も、しっかり綿が入って、おかげさまで、少し太った感じがとっても愛らしいです。
 長さんの治療と、丁寧なカルテに感謝してもしきれないですね。
 これからも大切にします。
 ありがとうございました。
1147 愛知

入院:
06.10.12
退院:
06.10.14


症状:鼻のてっぺんがほつれて破けてきそうになっております。
治療:
1.中綿を抜く 
 背中の開口部を開けて中綿を抜き、鼻を解きました。
2.洗濯
 鼻を解いたら、縫われて隠れていた部分と表に出ていた部分の色の違いが気になったので、軽く洗いました。
3.鼻用の生地の購入
 良く似た生地をオカダヤで購入しました。
4.裁断・縫製
 解いた布片に合わせて裁断し、手で前縫いして、ミシンで本縫いしました。
5.表情糸、中綿
 両目と顎の間の糸は、そのまま再び使用しました。中綿も増減なしで再使用しました。
 昨日、無事に愛知県に到着致しました。
 綺麗に補修頂きまして、本当にありがとうございました!!
 小さい犬のほうは顔も可愛くなり若返ったようでまた長生きしてくれそうです!
 お世話になりましてありがとうございました。
 うちには犬のぬいぐるみ達がたくさん居ますのでまた、お世話になると思います。
その際は宜しくお願い致します。
1146 愛知

入院:
06.10.12
退院:
06.10.14


症状:首元に3cmくらいのほつれた穴が開いております。
治療:
 
ほつれは、耳の後の首筋でしたので、背中の開口部を開けて、周辺の中綿を出して、作業スペースを作って、内側から手探りで解れを補修しました。
 ほつれ部の補修と、開口部に閉鎖には、タコ糸を使用しました。
(同 上)
1143 千葉

入院:
06.10.10
退院:
06.10.11


症状:磨耗等が激しく、中綿もよれよれで、とても可哀想な状況になってしまっています。
治療:
1.中綿を抜く
顔の表情を変えないため頭部の綿はそのままにして、胴体と手足から中綿を抜きました。
2.洗濯
 洗濯機用の洗剤「セフターE」で手洗いしましたが、汚れ落ちがイマイチだったので、固形の洗濯石鹸で洗いました。
 さらに、顔と手足先の汚れ落ちが不完全だったので、頭部と手足先の綿を完全に抜いて、再度、固形石鹸でもう一度洗いました。
 尻尾は、綿を入れてお尻に縫い付けられていたので、解いて、中綿を抜いて洗い、入っていた綿を解して入れて、縫いつけました。
3.中綿を入れる
 頭部は、抜く時に別にしていた綿を解しながら元に戻しました。(増量なし)
 胴体と手足も解しながら入れて、不足分(約120g)は新規に手芸綿(ポリエステル)を補充しました。
 今日、無事に『くたん』が家に着きました。
 1泊2日でこんなに元気になって、しかも色艶もよく、ふくよかに肥え、くたん本人も私たちも本当に嬉しいです。
 これからも、以前よりも更に可愛がって大切にしていきたいと思います。
 帰ってきた くたん は先生が洗ってくださった時の、優しい匂いがします。
 本当にありがとうございました。
 これから、寒さ厳しい折からどうぞ先生もご自愛下さい。

 追伸:言葉では書ききれない感謝の念が届きますように。
1125 東京

入院:
06.09.26
退院:
06.09.27

(ティッシュ・ペーパー・カバー)

症状:ティッシュペーパーカバーです。顔や頭を、なぜてばかりいたせいか、たくさんの傷(?)が出来てしまいました。何度もお風呂に入れてあげるうちに、傷は悪化し・・・
治療:
1.中綿を抜く
 極力、表情を変えないように、頭部と胴体を区別して、綿を抜きました。
2.頭部を解く
 復元用の印を付け、縫製の順序を考えながら、解きました。
3.裁断・縫製
 解いた布片にアイロンをかけて、購入して送っていただいた2種類の生地に、形を写して裁断し、下縫いをしながら、ミシンで本縫いをしました。         
4.目、鼻、眉を付ける
 目と鼻は元の位置に、眉は元の糸で元の位置に、目を喉元に引っ張っている糸は同じ長さにして固定しました。 
5.中綿を入れる
 頭はしっかり綿が入り、胴体はすかすかなので、頭から綿が出ないように、首の下に布で蓋をしました。
 胴体に少し綿を追加しました。(50g)
 こんにちは。
 たった今、ぶらうにぃ〜が帰宅しました。
 早期退院で、本当に嬉しいです。
 「どうやれば、こんなにそっくりにできるんだろう?」と思う程、《かわらないおとぼけ顔》で、大満足です!!
 主人と「長先生は、おもちゃの先生になる前は・・・洋服の仕立て屋さん?」「この精密さは、外科医?」「学校の先生?」と、話を膨らませておりました。
 元の《皮膚》をご同封頂き、先生の丁寧&適切&スピーディーな治療とカルテ作成等々には、お人柄が表れていると、感激いたしました。
 本当に、ありがとうございました。
 言葉では、現わせない程の感激と感謝です。
 これからも、今まで以上に、ぶらうにぃ〜を大事にしていきたいと思います。
 どうか、これからも、お体ご自愛くださいませ。
1090 静岡

入院:
06.08.23
退院:
06.08.25


症状:生地が所々薄切れてビーズが 出てきてしまっている穴の開いてしまった所は 仕方無く縫いましたが 全体的に薄切れが広がってしまっています。
治療:
1.生地の購入
 良く似た風合いと色彩の生地(2Wayトライアクター)を購入しました。(茶、白、黒 新宿・Okadaya)
2.縫製を解く
 右半身を新縫製の参照用に残し、左半身を解きました。生地が伸縮性に富み、縫い目が小さいため、解くのに多大な時間がかかりました。
 元々の素材を出来るだけ再使用する方針でした。結局、使用できるのは、目と鼻だけでした。(購入した黒い生地は未使用です)
3.裁断・縫製
 生地が軟らかく、カールしているため、待針で展伸しながら裁断しました。 
 縫製は、手で荒縫いしながら、ミシンをかけました。
4.中綿
 元々のミクロビーズは、少し湿気ていたのと、量が不足でしたので、新品のミクロビーズを一袋(100g)買って、入れました。そして、不足分を、元々のミクロビーズで補充しました。
 元々のミクロビーズは、殆ど残っていますので、補充用に使ってください。
 わんが 帰ってきました〜♪
  みんな大喜びですo(^o^)o
 息子は 何の抵抗も無く抱き付き 離しません!
  わんがいなくなってからついさっきまで情緒不安定でどことなく表情も暗かった息子も一瞬で元に戻りました!
 息子がわんを抱っこしてる姿を見て涙が出ました…
 やっぱり息子にはわんが一番似合います!
 みんな元気になって帰ってきたわんを 抱っこしたくて奪い合いのケンカを始めました(*_*)
 本当に嬉しいです♪
  ありがとうございました。
1058 神奈川

入院:
06.08.01
退院:
06.08.02
いぬ

症状:母が作ってくれたぬいぐるみの修理をお願いしたいと思います。ところどころ破れて、中綿が出てきました。
治療:
1.生地の交換
 極力、使える部品、部分は再使用するつもりで調べました。
 元の色を確認するため、洗濯しましたが、その際、顔の頬と鼻が破れました。従って、流用したのは、「耳」、「尻尾」と「目玉(フェルト付)」で、その他は、オカダヤで木綿生地3種類(茶色:10cm、薄茶:20cm、薄黄:20cm)を購入して交換しました。
2.口の刺繍
 丹念に、しつけ糸で写して、茶色のポリエステル(50番3本撚り)糸4本取りで作りました。
3.中綿
 そのまま、解して再利用しました。
 無事に到着いたしました。昨日は帰宅が遅く、本日夜に家族が郵便局へ迎えにいってくれました。お礼が遅くなりまして、大変申し訳ございませんでした。
 真っ黒すけのノビタは色白になって、たいへん美しくなって戻ってきました。家族がノビタはエステにでも行って、美白を施してもらってのかって冗談を言って笑わせました。きれいにきれいにして下さいまして、本当にありがとうございました。いつまでも大切にしてやりたいと思います。
 材料費しかご請求いただいておりませんが、手術に技術と時間を費やしていただいたと思いますが、こちらのお支払いはよろしいのでしょうか?大手術だったと思います。
 取り急ぎ、お礼まで。
1026 山梨

入院:
06.06.21
退院:
06.06.23


症状:生地が傷んできました。顔に2ヶ所の穴が空いていて中の綿が出てきてしまっています。両手に1ヶ所づつ穴が開きそうになっており、中のビーズが今にも出てきそうな状態です。身体全体を被っていたフサフサの毛もスッカリ抜け落ちてしまい、縫い目が見えている状態です。辛うじて、耳の裏に名残がある程度となっています。
治療:
1.中綿とビーズを抜く
2.解いて、布の断片にする
3.断片にアイロンをかけて、新生地で裁断する
 頭部:7片、胴体:14片、合計21片
 (新生地は保護者に納得して購入いただきました。)
4.ミシンで縫製
 手で仮縫いしながら、ミシンで本縫いしました。
5.中綿
 元々の綿を入れ、手芸綿20g位を補充しました。
6.ビーズ
 手足のビーズは、袋を補修して、こぼれたビーズも集めて、平均化しました。
7.目玉の表情
 目玉と顎の間のタコ糸は、長さを含めて再現させました。
 こんばんは。 お礼が遅くなり申し訳ありません。
 土曜日に届きました。
 フサフサに生まれ変わって嬉しかったです!!
 裁断・縫製作業は大変だったのではないかと思います。 本当にボランティアで治していただいて恐縮です。
 カルテにも記載されていましたが、生まれ変わったと思って、今まで以上に大切にしていきたいと思います。 
 長先生には、とってもとっても感謝しています!!
 また、お世話になる事も出てくるかもしれません。 その時は、また、よろしくお願いします。
 ありがとうございました。
1023 東京

入院:
06.06.20
退院:
06.06.20
スヌーピー

症状:中綿がくたびれてきて、全体に張りがなく、ぐったりしてしまっています。また、首の縫い目が開いてしまって、中綿が出てきてしまっています。
治療:
1.中綿を抜いて裏返す
 背中の中心線上の胴体と頭部にまたがった開口部の縫い目を解いて、中綿を極力(足先や手先は指を作るための毛糸と絡まって出せない)出しました。   
2.首周りを上縫い
 顎の下の縫い目がほころんでいたので、首周り全体をミシンで上縫いしました。
3.洗濯
 中綿を抜いたついでに、洗濯しました。
4.洋服の補修
 お尻のあたりが解れていたので、ミシンで補修しました。
5.中綿
 手と足には、新しい手芸綿(ポリエステル)を入れました。(約70g)
 頭部と胴体には、元々の綿をほぐして戻しました。
 本日スヌーピーが帰ってきました。とっても健康そうになってびっくりしました。
 こんなに早く、そしてこんなに元気になって帰ってくると思っていなかったので、大感激です。
 カルテもとても興味深く見せていただきました。
 本当にありがとうございました。
 これからも大切にします。
999 神奈川

入院:
06.05.23
退院:
06.05.25


症状:購入当時はタオル地だった生地も、いまでは毛が抜け落ち、ガーゼ地になってしまいました。また、擦り切れて中身が見えたり飛び出たりしている部分も少なくありません。
治療:
1.縫い目を解く
 良く補修されていました。それだけに解きにくかったです。縫い糸とタオル地の区別がつきにくく、タオル地はボロボロで・・・・
 約30枚の断片で出来ています。右半分を解いて、左半分は温存して縫製の助けにしました。
2.裁断
 断片の輪郭がはっきりせず、想像を入れて裁断し、縫いながら修正する方式をとりました。
3.縫製
 一度、手で縫ってみて、そのあとでミシンを掛けるようにしました。
4.ビーズ(錘)
 手足と胴体の錘は、5袋ありましたが、一つの袋が破れていたので補修して、量を加減しました。
 修理していただきました犬のぬいぐるみは、本日、無事到着しました。
 きれいに修理(作り替えですね)していただき、本当にありがとうございました。
 家人共々大喜びです。
 退院メールに添付された写真を見たとき、今日、梱包を解いて実物が出てきたとき、あまりのきれいさ、見事さに、うれし涙が出ました。あんなにボロボロでヨレヨレだった犬が、見事に生まれ変わり筋肉隆々になっていたのも驚きでした。
 ぬいぐるみを一度解いて30ものパーツの型紙を作り、それを縫い合わせるのは大変な作業だと思います。特に元の人形がボロボロの場合には。
 返送された「皮」を見て、私も自分自身で同じようにぬいぐるみを作れないか、考えてみようと思います。
 これからもお体にご留意し、ご活躍ください。
 ありがとうございました。
872 福岡

入院:
06.01.11
退院:
06.01.15
犬のぬいぐるみ

症状:鼻の部位(色は黒色、材質は合皮を思わせるビニール状の素材の裏面に細い網目状の繊維で補強してある素材です。)の劣化が進み、昨年末遂に、生地の縫い目である鼻の頂点がひび割れ、剥げ落ちており、見るだけで痛々しい状況となっている状況です。
治療:
1.中綿を抜く
2.鼻の頭を解く
3.ボディの洗濯
 中綿を抜いたついでに洗濯しました。
4.合成皮革を購入
 新宿の「okadaya」で、良く似た生地を購入しました。
5.裁断、縫製
 解いた生地に合わせて裁断し、手による2回の予備縫いを経て、ミシンで縫製しました。
 鼻とは別に、首周りの縫い目がほころびていたので、ミシンで首を一回りしました。
6.中綿を入れる
 元もとの綿に、50gほどの手芸綿を追加しました。
7.表情糸(?)
 両目の下と顎の間に、表情を作るための糸が張ってありましたので、それをそのまま使って復元しました。
8.その他
 少し太り気味かもしれませんが、時間とともに落ち着くと思います。
 本日、到着しました。
 我家のアイドルの帰宅に、我先にと家族は、お風呂まで入れていただき、きれいになった愛犬を抱きしめ、ほお擦りしておりました。
 そして、ちょっと太めで戻った愛犬に、「みんな心配してご飯も喉を通らなかったのに、お前はいいものいっぱい食べさせてもらってたな。」とちょっと意地悪を言ってしまいました。
 先生には、なんとお礼を言えばよいかわかりません。
 我家に太陽が戻りました。
 只々感謝するばかりです。
863 東京

入院:
05.12.26
退院:
05.12.30
犬のぬいぐるみ

症状:首の部分がかなりぐらつき、目が取れ気味でペイントが剥げてます。
治療:
1.目玉
 黒のペイントで目玉をなぞりました。取り付けは、エポキジ接着剤で処理しました。
2.補修
 両手の内側の生地が弱く、スケスケになっていたので、補修しましたが、完全ではありません。
3.中綿
 ウレタンフォームが劣化寸前で、ボリュウムも減っていたので、手芸綿(ポリエステル)と交換しました。
4.首のぐらつき
 最後の閉じ込み部の糸が切れ切れになっていましたので、今度はタコ糸で閉じ込みました。
 ぬいぐるみ3匹、無事受け取りました。
 この度は、年末のお忙しい時期に、こんなにあっという間にリフォームをして頂いて、本当にありがとうございました。
 ぬいぐるみたちと一緒に年越しができて良かったです!
 こんなに丁寧にご対応頂いて感謝しております。

 犬は、目のペイントがはっきりしたおかげで、表情が見違えるように明るくなりました。中綿も交換して頂き、ふっかふかになり、さわり心地もGOODです。
856 東京

入院:
05.12.14
退院:
05.12.19
スヌーピー

症状:目(ボタン)が取れ、顔の一部がほつれ、首が取れそうになっていて、汚れ(手垢?)も目立ちます。
治療:
1.首を外して、中綿を抜く
2.洗濯をする
 洗剤で洗濯の後、ソフターで仕上げをしました。
3.破れ、解れの補修
 目間、股下など数個所を補修しました。
4.縫い縮め
 すべての縫い目が緩んで、生地の弱りと相まって、縫い目が薄くなっていたので、全ての縫い目の上から、少し内側をミシンで2重に縫いました。
5.首の補強
 首の頭側と胴体側に2cm幅のテープ状の布を縫い付けて、その布を頼りに首を固定しました。
6.耳の裏地
 解れを補修しました。
7.中綿
 入っていたウレタン綿は、劣化寸前でした。また、生地が弱くなっているので、なるべく負担の軽い手芸綿(ポリエステル)と交換しました。
8.四肢の指
 並太のアクリル毛糸で作り直しました。
9.目玉
 穴を縫い縮めてから、目玉を糸で首の後から引っ張って取り付けました。
 こんばんは。
 お礼が遅くなりましたが、今朝無事に我が家に到着致しました。
 キレイに元の姿に戻って、娘も私も感激しております。
 大変お世話になりました。ありがとうございました!
802 東京

入院:
05.09.22
退院:
05.09.23
犬のぬいぐるみ

症状:模様の所の糸がほつれてきてしまいました。首の付け根の糸もほつれてきていて自分で挑戦してみたのですがなかなか難しくできませんでした。中に入っている綿も全体的にへたってきていて特に腕や足の付け根のあたりの綿がよってしまっているようなんです。
治療:
1.中綿を抜く
 中綿を抜いて、皮を洗濯しようとしましたが、頭部は表情を作るために、両目から首の後部へ糸が張ってあって、表情が変化するのを避けるため頭部はそのままにして、手足とお腹の綿を抜いて、洗濯しました。
2.補修縫い
 首の後ろ側と胸元の模様部分を表側から補修縫いしました。
3.リボン
 洗濯して、のり付けをしてアイロンをかけて、ぱりっとさせました。
4.中綿を入れる
 前の綿は、少し硬くなっていましたので、新しい手芸綿を約300g入れました。
5.手の指
 綿をしっかり入れたので、伸びていた黒い糸も張が出てきました。
 今、届きました。とても丁寧に直して頂いて、本当にありがとうございました。
 白くて体もふっくらと可愛くなり、手足もくたくただったのが、バンザーイと元気になりました。貰った時はこんな感じだったんだなあと思い出してしまいました。
 これからは、枕などにせず大切にします。
 これからも、おもちゃ達の優しい先生でいて下さい。
766 アメリカ

入院:
05.08.02
退院:
05.08.03
犬のぬいぐるみ

(カリフォルニアに在住し、夏休みで帰省中の孫の抱き枕「犬君」)
症状:
中綿がしぼんで抱き心地がわるかった。
治療:
 
中綿を抜いて、皮を洗濯して、中綿は新品と交換して、たっぷり入れました。
 
733 兵庫

入院:
05.06.21
退院:
05.06.22
犬のぬいぐるみ

症状:犬のぬいぐるみなんですが、6年位経つ為、生地がボロボロになってしまっています。今まではタオルで継ぎはぎをしていましたが、現在ではそれも出来ないような状態です。
治療:
 
生地の複雑な部分の形が無くなっていて、型紙が起こせず、名デザイナーの立体裁断風に、元の形を想像しつつ、送っていただいた昔の写真を眺めつつ、創造的にカットし、縫製しました。
 購入していただいた生地は、裏が平坦で縫いやすかったです。量は丁度一杯一杯でした。
 中綿は、送っていただいた2袋を追加して、もう少し当院のものを補充しました。
 イメージが変ったでしょう? 少し太りましたが、時間が経過すると落ち着くと思います。
 今日無事に帰って来ました。
 あまりに早い退院に驚きと喜びで一杯です。
 ボロボロすぎて型紙もとれない状態だったようなのに、綺麗に修理して頂いて感激しています。
 本当にありがとうございました。正直、治らないのでは?と心配していたんですよ。返して頂いた前の残骸と共に大事にします。
 それでは先生もお体に気を付けて、頑張って下さい。
530 東京

入院:
04.07.18
退院:
04.07.20
犬のぬいぐるみ

症状:光に反応しない。
治療:
1.電池の接触不良
 単3電池3本のホルダーの1つの、「逆接続防止用のプラス端子の肩が邪魔して電池のプラス端子が接触していませんでした。
 ⇒端子が接触するように変形させました。
2.首振り
 首を左右に振る動きを首に伝えるプラスチックの柱(直径4mm)が折れていました。
 かなり前から、首を振っていなかったのではないかと思います。 
 ⇒直径2mmの穴をあけて、2mmのビスを入れて固定しました。
3.首輪
 首輪の下で動かない胴体と動く頭がすれ違っていますので、首輪はゆるく締めてください。(首輪の裏紙をすべりが良い荷造りテープと交換しました。)
 この度は犬のぬいぐるみの治療をしていただきありがとうございました。
 かなり前から首振りをしていなかったとのご指摘がありましたが、このおもちゃが首振りをすることを皆知りませんでした。
 数年前に輸入品を扱う知人からもらった物ですので、家に来たときにすでに故障していたのかもしれません。
 説明書がないのにもかかわらず、こちらが気づかなかった箇所まで治していただきましてありがとうございました。
490 大阪

入院:
04.05.04
退院:
04.05.07
ムニュムニュ

症状:表面の毛がはげてしまっています。触った感じも芯があるような硬い感触になってしまいました。
治療:
1.生地
 同じ生地がなく、「ショートモヘア」と「フリース」で迷い、手触りを優先し「フリース」に決定しました。
2.解体・裁断・縫製
 解いて、各断片にアイロンをかけて、新生地で裁断して、仕付け縫いをして、ミシンで縫製しました。首周りは手縫いになりました。

3.中綿
 新しいアクリル綿と交換しました。古い中綿には、プラスチックの顆粒が入っていましたが、新しいものには入れませんでした。
4.耳
 下に下がっている方がかわいいので、そのくせがつくまで、透明な糸で縫ってあります。
4.お風呂
 本来はお風呂に一緒に入れるぬいぐるみのようですが、出来れば、やめていただきたいと切に希望します。赤と黄の色移りは無いようですが・・・・。
 犬と時計が無事帰って来ました。
 箱を開ける瞬間のどきどきは何とも言えません。
 とても丁寧なカルテから治療の様子がよくわかりました。
 特にぬいぐるみの方は生地選びから手間をかけて頂き本当にお世話になりました。イメージは変わったかな?と、いう感じですが、以前はしょぼんとした様子だったのが、顔がしゃんと前を向いて、目もぴかぴかして、「元気になったよ」と言っているようです。生地が取れそうで触るのもかわいそうだったのが、何年ぶりかに安心してなでる事が出来てとても嬉しいです。大切にかわいがります。
 時計の音量調節まで出来るようにして頂いていたのには驚きました。早速、電池を入れて使っています。
 生地の「ショートモヘア」は、材料費の切手と共にすぐに送ります。これがまた入院してくるおもちゃの治療の役に立つなら是非使ってください。
 早い退院だったので、時間を割き無理もされたんじゃないかと思います。お体に気をつけて、これからもおもちゃ達を助けてあげてください。
317 広島

入院:
03.03.05
退院:
03.03.07
ぬいぐるみの
大犬

座高80cmくらいの犬のぬいぐるみ(16年位前?)
症状:
子どもたちが乗ってあそび、耳の部分と体の縫い目がさけてしまいました。家庭用の糸では弱く修理がうまくできませんでした。()
治療:
1.中綿を抜く
 両耳と両足の付根の4箇所の穴から中綿を全部出した。大きなゴミ袋4杯分もあった。
2.ほころびを繕う
 木綿糸の2本取りを返し縫いで、両耳は取り付けながら、両足の付根は開口部を合わせながら縫いました。
  生地も弱っているので縫い代を少し大きめにしました。
3.洗濯する
 中綿を抜いたついでに、洗濯しました。いわゆる固形の洗濯石鹸を付けて揉み洗いをして、最後にソフターに漬けました。
4.背中から中綿を戻す
 元来どこから綿を入れたのかが判然としなかったので、背中を開けて、中綿を戻し、最後にタコ糸で後始末しました。
 今、ぬいぐるみ(うめきちといいます。)が帰ってきました。
 あんまりきれいになっていたのでびっくりしました。ありがとうございました。
 長年、かわいがった?結果、体全体もゆがんていたのですが、、、何年ぶりかに、まっすぐたっているのを見ました。
 老犬ですので、これからは、いたわっていきたいと思います。
 お世話になりました。
51 東京

入院:00.12.29
退院:01.01.04
スヌーピー

約25年前のぬいぐるみ
症状:今度生まれてくる子供にそのぬいぐるみを使ってもらえたら。と願っているのです。だいぶ布もくたびれております。
 なんどか洗濯を繰り返しているため、顔の縫い目に穴もあいてきてパンヤもでてきています。形やデザイン、大きさをかえることなく、目のボタンなどをそのまま使ったりしてこのぬいぐるみを、新しく作っていただくことは
能なのでしょうか
治療:白い部分の生地と、中綿のみを交換して縫製した。(目、耳、鼻、眉、尻尾、口などは流用)
 ぬいぐるみ。
 どきどき楽しみに待っていました。
 表情もやわらかさも大感激です。
 耳や鼻や目のパーツなどもわがままをくんでくださって、そのまま大切に使っていただけて、心からよろこんでいます。
 これからもかわらずあの子をずっとだいじだいじにかわいがっていきたいと思っています。